祭りの最近のブログ記事

川越まつりに初めて行ってきました。

同じ埼玉に住んでいるのですが、
川越は近くて遠いというか、あまり行ったことがない街だったので、
かなり久しぶりに小江戸を訪れることとなりました。

と言いつつ、今日の川越訪問のメインは、
祭りに出店しているコエドビールの生を飲むことだったので、
あまり祭りや山車には興味がなかったんですよね。

最初に遭遇した山車。

山車

次に遭遇した山車。

山車

氷川神社の前にいた日本武尊の山車。

山車

夜になって遭遇した羅陵王の山車。

山車

もう一つの山車。

山車

正直、そんなに凄い祭りとは感じませんでしたが、
昔ながらの街並に映える山車は凄くいい雰囲気で良かったです。

何となく各町内に山車があり、その山車が短い間隔で動いている様子は、
祇園祭の規模を小さくしたような印象を受けました。

ただ、そんなに真面目に祭りを見ていなかったので、
来年にまたコエドビールを飲みながら、祭りを堪能してみたいと思います。

今年も仕事帰りに「新橋こいち祭」に行ってきました。

自分の中では勝手に
「新橋こいち祭」=「佐世保バーガー」になっているので、
今年も真っ先に「佐世保バーガー」の店に向かいました。

昨年はSL広場の交番の奥の方に出店していましたが、
今年はSLの裏のいつもの場所に出店していました。

新橋こいち祭

1個1,000円の佐世保バーガーを注文し、
でき上がるのを砂被り席から眺めます。

佐世保バーガー

まだ眺めます。

佐世保バーガー

10分以上待たされ、焼きたての佐世保バーガーをゲットです。

佐世保バーガー

できたての熱々で、肉汁もハンパなくジューシーで、
とにかく物凄く美味いバーガーを盆踊りを眺めながら一気に完食しました。

今年は時間がなかったので、佐世保バーガーを食べて会場を後にしましたが、
「浴衣美人コンテスト」を見ることができなかったのが心残りです。

新橋こいち祭

一年に一度の「新橋こいち祭」ですが、
三ヶ月に一度くらいのペースにしてもお客は来ると思うのですけど、
そういうわけにはいかないのでしょうね。

うちわ祭最終日です。

毎年出現している「お化け屋敷」ですが、
今年はかっぱ寿司の隣のガソリンスタンド跡地で営業してました。

お化け屋敷

全然関係ないですが、
この「お化け屋敷」のおばちゃんのマイクパフォーマンスは見事です。

そして、コミュニティー広場では色々なブースが出ていて、賑わってました。

石巻焼きそば

東北関係の店も多く、自分は石巻焼きそばに舌鼓を打ちました。

石巻焼きそば

夜になり、先程の「お化け屋敷」の前辺りでの叩き合いの様子。

叩き合い

そして、元群銀前に全町の山車、屋台が扇状に勢揃い。

叩き合い

毎年、これは見応えがあります。

叩き合い

こちらは動画もあります。

その後、行く予定はなかったのですが、
流れで今年も年版送りを見るためにお祭り広場の爆心地へ。

しかし、今年の手際の悪さは去年を凌いでいましたね。

あのクソみたいな進行で、怪我人が出なかったのが不思議なくらいです。

誰が仕切っていたのかは知りませんが、
もう二度と年番送りにはかかわらない方がよろしいと思いますね。

で、年番送り。

年番送り

年番札を持ち、大きく見栄を切っているのは、同級生の親父さんです。

これで今年のうちわ祭も無事終了しました。

第弐本町区

それにしても今年の祭は涼しかった。

今年は珍しくうちわ祭の2日目と3日目が土日になったので、
10年ぶりくらいに巡行祭にて全ての町内の山車、屋台を見てきました。

巡行祭を凄く簡単に説明すると、昼頃から国道17号を歩行者天国にし、
そこを全ての町内の山車、屋台が巡行するというものです。

巡行祭

巡行祭の先頭。

巡行祭

車に乗った神主さんが全く動かなかったのが気になります。

巡行祭

先頭は今年の年番の「荒川区」。

荒川区の山車

ちなみに今年から山車になり、人形は「大國主尊」、
山車の正面には「因幡の白兎」がいます。

続いて「鎌倉区」。

鎌倉区の屋台

こちらは屋台ですが、
実は作りは山車よりも屋台の方が豪華で重量があったりします。

続いて「仲町」の山車。

仲町の山車

人形は「素戔嗚尊」、この町内はほぼ八木橋ですね。

続いて「第壱本町区」の山車。

第壱本町区の山車

人形は「神武天皇」、普段は千形神社の車庫に入っています。

続いて「戸隠」でお馴染みの「第弐本町区」の山車(巡行祭の写真ではありません)。

第弐本町区の山車

人形は「天手力男命」、普段は高城神社の車庫に入ってます。

続いて「筑波区」の山車。

筑波区の山車

人形は「日本武尊」、熊谷駅北口辺りは筑波になります。

続いて「銀座区」の山車。

銀座区の山車

人形は「熊谷次郎直実公」、この山車は比較的新しいです。

続いて「弥生町区」の屋台。

弥生町区の屋台

昨年の年番でした。

ここからは、あまり馴染みがないので簡単に。

次は「伊勢町区」の屋台。

伊勢町区の屋台

そして「櫻町区」の屋台。

櫻町区の屋台

さらに「本石区」の屋台。

本石区の屋台

最後は「石原区」の屋台。

石原区の屋台

おまけでスポット参戦していた「籠原の祭」の屋台。

籠原の屋台

久しぶりに見た巡行祭でしたが、
全ての山車、屋台が見られるのは、やっぱりいいですね。

今年も6月30日になったので、
近所の高城神社で行われている「胎内くぐり」に行ってきました。

ここ数年は6月30日が平日だったので、
仕事帰りにギリギリお参りをしていたのですが、
今年は土曜日にあたったので、ゆっくりお参りすることができました。

胎内くぐり

この「茅の輪」を踏まずにくぐると健康になれるそうです。

胎内くぐり

「茅の輪」を違う角度から。

胎内くぐり

今日は土曜でさらに天気もよかったので、
「茅の輪」から高城神社へと続く道は一日中、結構な人で溢れていました。

「胎内くぐり」の日は交通規制が入り、車を出せなくなってしまい不便なのですが、
それでも近所で毎年6月30日に行われる縁日によって、
一年の半分が終わったと実感できるのは素敵なことだと思っています。

今年も1月2日に大宮の氷川神社に初詣に行ってきました。

氷川神社

夕方に行けば人が少なくなるだろうと思い、氷川神社に向かいましたが、
確かに人は少なかったのですが、猛烈な風が吹き参道は大変な事になっていました。

氷川神社

いつもは何ヶ所かで止められるのですが、

氷川神社

今日は止められたのは、境内に入る所だけでした。

氷川神社

今年の干支の辰の絵を確認し、

氷川神社

お賽銭を投げ、厚かましい願いをして御神籤を引きにいきました。

氷川神社

今年の御神籤の結果は「向吉」という初めて見るもので、
正直、良いのか悪いのか分かりません。

ただ、内容は「待人」や「縁談」を初め、
ほぼ全ての項目が「YES!」といったものだったので、
結果をプラスに考える事にしますよ。

去年引いた御神籤で、
「旅にでると足が痛くなる」という項目があったのですが、
今、考えてみると「大阪マラソン」の事を指していて、当たっていたと思うので、
今年は薔薇色の人生が待っているのが確定したので、今から楽しみです。

普段は御守とかは買わないのですが、
今年は年男なので、何か記念にと思って辰グッツを購入しました。

御神木一刀彫の辰です。

御神木一刀彫

正直、実物を見ると「う~ん」って感じなのですが、
大事にしていきたいと思います。

御神木一刀彫

今年も7月20日~22日の3日間、地元で「うちわ祭」が行われました。

今年は初日が台風の影響で大雨、
2日目、3日目は冷たい風が吹く、少し肌寒い気候となり、
暑さを売りにする町としては珍しい祭りになりました。

初日は行けなかったので2日目の夜に今年初参戦。

駅前は人手が物凄かったけれど、
お祭り広場の辺りから人が減ってきて、
叩き合いをしている鎌倉町に着く頃には人はかなり減ってましたね。

うちわ祭

続いて3日目。

新橋のこいち祭の浴衣美人コンテストを見ていたせいで、
帰る時間が遅くなり、熊谷に戻った時には、
もう山車も屋台もお祭り広場に集合し、祭りのクライマックスになっていました。

うちわ祭

今年はお祭り広場の中に入り、最後まで年番送りを観戦。

うちわ祭

やはり山車、屋台が勢揃いするのは壮観です。

うちわ祭

しかし、この年版送りがダメダメだったな。

色々とくだらない演出を取り入れた影響で間延びしまくり。

まあ、来年はこれ以上くだらなくならない事を祈るだけですわ。

●3日目のお祭り広場での第二本町区のお囃子

しかし、本当に半袖では寒いくらいの気候だったので、
かなり過ごし易かったですね。

ただ、来年は間違いなく猛暑と集中豪雨が復活する事でしょう。

驚くことに、パブリックビューイングなるものが登場してました。

うちわ祭

という事で、また来年。

うちわ祭

今年も仕事帰りに「新橋こいち祭」に寄ってきました。

新橋こいち祭

今年は震災の影響もあり、規模を縮小して開催しているようで、
毎年、少し離れた公園で行われている盆踊りも
今年はニュー新橋ビル裏の柳通りで行われていました。

新橋こいち祭

他にもプロっぽい巫女さん達に囲まれた
烏森神社のマスコット(ゆるキャラ)がいたり、

烏森神社のマスコット

あの新橋亭のブースが出ていて、
北京ダック等を販売していましたが、

新橋亭のブース

やはり目当ては「佐世保バーガー」です。

毎年、SLの裏に店を構えていたのですが、
今年は交番の裏に場所を変えて出店していましたね。

佐世保バーガー

今年もフルサイズ(1,000円)を購入。

佐世保バーガー

これだけでお腹一杯です。

この他にも、あの阿曽山大噴火(@男のスカート)が普通に立っていたり、

阿曽山大噴火の後姿

競輪のゲストでグラビアアイドルの川村ゆきえと手島優が来ていました。

川村ゆきえと手島優

近くで見た、川村ゆきえは本当に可愛かったです。

ただ残念な事に、今日の会場は7月とは思えない程の寒さで、
ビールを飲めば飲む程、体が冷えていきましたね。

明日は多少は暖かくなるようなので、
また仕事帰りに寄って、美味い食い物をビールで流し込みたいと思います。

今年も一年の折り返しとなる6月30日の今日、
地元の高城神社にて「胎内くぐり」が行われました。

毎年、行っていますけど、家に帰るのためには、
どうしても「胎内くぐり」が行われている場所を通らないといけないんですよ。

この輪っかをくぐると健康でいられるとの事です。

胎内くぐり

今年は何度か体調を崩しているので、例年よりも丁寧にくぐりましたよ。

雷雨が止んだためか、過ごし易い気候になり、
神社へ続く道は、普通の人や中学生やヤンキーで溢れていましたね。

胎内くぐり

10分ほど並び、5円玉2枚をお賽銭にし、入念にお祈りして帰宅しました。

胎内くぐり

明日から7月。
気合を入れて今年後半を乗り切りますわ。

日比谷公園で開催されていた「OKTOBER FEST」に行ってきました。

HIBIYA OKTOBER FEST 2011

「OKTOBER FEST」とはミュンヘンで9月~10月に開催されるお祭りのようで、
それの日本版が今回、日比谷公園で行われていたようです。

雨が降ったり、止んだりの残念な天候にも係わらず、
会場となった日比谷公園の噴水広場には人が溢れ、活気に満ちていました。

HIBIYA OKTOBER FEST 2011

会場で一杯、約1,500円するビールが飛ぶように売れていく様は
現在の日本が不況であるという事が嘘の様でもあり、
さらに福島の原発の問題等は存在していない様な錯覚にさせてくれましたね。

HIBIYA OKTOBER FEST 2011

会場ではステージで生演奏があり、非常に盛り上がっていました。

HIBIYA OKTOBER FEST 2011

会場で一番人気だった「フランツィスカーナ ヴァイスビア」を購入。

フランツィスカーナ ヴァイスビア

白ビールの様な滑らかな味わいで、さらに泡がバナナの味がして、
初めて味わうビールで、目茶苦茶美味かったです。

つまみには「カイザープレート」。

カイザープレート

写真は暗くて分かりにくいですが、
ソーセージが4本、ザワークラウト、ブレッツェルに舌鼓を打ちました。

今週で日比谷の「OKTOBER FEST」は終了となってしまいますが、
7月には代々木公園、8月には芝公園で開催されるようなので、
楽しみに待ちたいと思います。

1  2  3  4

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1