2006年の最近のブログ記事

2006年のサマーシーズンに全米のたった7館からスタートし、
数々の超大作を押し退け、
アカデミー賞の作品賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞にノミネートされ、
助演男優賞と脚本賞を受賞した「リトル・ミス・サンシャイン」。

ストーリーは
田舎町アリゾナに住む少女オリーブ。
なんともブサイクでおデブちゃんな彼女が、
全米美少女コンテストでひょんなことから地区代表に選ばれた。
フーヴァー一家は黄色のオンボロ車に乗り、
決戦の地カリフォルニアを目指すことに。
人生の勝ち組になることだけに没頭する父親、
ニーチェに倣って信念で沈黙を貫く兄、
ゲイで自殺未遂の叔父、
ヘロイン吸引が原因で老人ホームを追い出された不良ジジイ、
そしてバラバラ家族をまとめようと奮闘する母親。
そんな落ちこぼれ家族の、奇妙でハートフルな旅が始まった・・・。

アリゾナからカリフォルニアに向かう旅の車中で、
それぞれ傷を抱え、バラバラだった家族が
変化し、成長し、団結していく家族再生のロードムービー。

これだけだと、ただの感動ストーリで終わってしまうが、
ブラックユーモアが満載で
中盤のある事件以降、物語は良い意味で暴走し、
絶対に予測不可能なラストの全米美少女コンテストは、
全てを台無しにしてしまいそうな驚きに包まれ、
そして笑い、感動させてくれた。

フーヴァー一家の人物には、アカデミー賞助演男優賞を獲得した、
お爺ちゃん役のアラン・アーキン。
叔父さん役に「40歳の童貞男」のスティーヴ・カレル
と、個性的な役者が揃っているけど、
何よりも一番強烈だったのは、
オリーブ役でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた
アビゲイル・ブレスリン。

アビゲイルたんの東京国際映画祭で最優秀主演女優賞を獲得した演技は、
家族の中で一番年下なのに、一番落ち着いていて、
可愛いのに面白く、健気で天真爛漫な姿は印象的だった。

この「リトル・ミス・サンシャイン」のメインカラーは
劇中の移動に使うミニバスのイエロー。
この元気な黄色のように、
映画を観終わった後には元気になっている、そんな映画だった。

リトル・ミス・サンシャインのパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

煙草を吸わない自分でも楽しめた
この「サンキュー・スモーキング」。

主演のアーロン・エッカートが
タバコ会社のスポークスマンを演じ、
痛快な話術でタバコ規制運動と戦っていく。

ストーリーは
タバコ業界を代表する敏腕の宣伝マン、ニック・テイラー。
禁煙ブームが凄まじく広がるアメリカで、
彼は持ち前の巧みな話術とスマイルを武器に日夜激論を繰り広げていた。
ハリウッドスターに映画の中でタバコを吸わせる企画をしたり、
パッケージにドクロマークを付けようとする議員を丸めこんだり、
タバコ業界を正当化するその手腕はピカイチだった。
しかし、過激派の嫌煙団体に命を狙われたあげく、
セクシーな美人記者の罠にはまり、
人生最大のピンチが降りかかってきた・・・

この「サンキュー・スモーキング」は
本当は映画館で観たかっのだけど、
確か恵比寿ガーデンシネマだけの公開で
もちろん地元の映画館でやるはずもなく、
今回やっとDVDで見ることができた。
しかも1500円だったし。

嘘か本当かは知らないけど、
トム・クルーズが妻のケイティ・ホームズの
ベットシーンを理由に上映中止を求めたらしい。
本当なら相当なバカだね。

主演のアーロン・エッカートって、
いい役者だと思うんだけど、
ブレイクしきれないというか、
あまりパッとしないんだよね。
米国での評価は知らないけど。

好きな俳優なんで、
もっと目にする機会が増えて欲しいものだ。
だってAARONだよ、
Aが二つ重なるんだよ。
それだけでカッコ良くない?

真面目にタバコ業界の闇を描いた
「インサイダー」などとは違い、
肩の力を抜いて、楽しめるのが
この「サンキュー・スモーキング」。

それでもアメリカのタバコ業界の問題と
自己責任というものが理解できるよ。

サンキュー・スモーキングのDVD

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

1

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1