トランスポーター」、「96時間」と同じく、
リュック・べッソン原案、ピエール・モレノ監督、
ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ出演の
パリより愛をこめて」を観てきた。

ストーリーは
パリのアメリカ大使館員・リースには上司にも婚約者にも言えない秘密があった。
CIAの見習い捜査官として諜報活動に従事していたのだ。
繊細な性格で人を撃った事もない彼は、
いつかはエージェントとして華やかな活躍を夢見ていた。
そんな彼の元にワックスという相棒が現れる。
推理力も腕力もピカイチ、口よりも先に銃を撃つ危険な男だ。
彼らの初任務である麻薬密売組織の捜査が終わりに近づいたとき、
意外な事実が発覚する・・・。

ほとんど期待をしないで観たのですが、
この姿勢が良かったのか、意外と楽しんで観ることができました。

正直言うと、物語は浅く、ラストも簡単に分かってしまう
「あっ、どこかで観たことあるな」という典型的なバディムービーでしたが、
ジョン・トラボルタの切れっぷりが良かったと思います。

物語の中盤で、トラボルタが好物の「ロイヤルバーガー」を食べるシーンが
パルプ・フィクション」好きなら、思わず「にやり」となってしまいます。

他の映画に出演していても、いまいち存在感が薄かった
ジョナサン・リース・マイヤーズも、トラボルタの影響か、
この映画ではいい味が出ていたと思います。

続編があまり好きではないトラボルタも、
「パリより愛をこめて」の続編には興味を示しているようです。

そして、この「パリより愛をこめて」は、
パンフレット、チラシがとてもいいデザインだと思います。

パンフレットはエッフェル搭と銃がデザインされた表紙。

パリより愛をこめてパンフレット

チラシもスタイリッシュです。

パリより愛をこめてチラシ

そして何より秀逸なのがキャッチコピー。

「人生のひきがねを引け」

ストーリーとは全く関係ない(ラストにちょっと関係あるかな?)
キャッチコピーだと思いますが、素晴らしいと思います。

僕も今年度中には必ず「人生のひきがね」を引きます。

サシャ・バロン・コーエンが演じるボラットに並ぶ人気キャラクター、
ゲイのオーストリア人ファッションレポーターのブルーノが主役の
社会派ドキュメンタリー「ブルーノ」を観てきた。

ストーリーは
オーストリアのファッション番組「ファンキータイム」の
司会者ブルーノは、ショーの取材やインタビューで大忙し。
ところが、プラダのショーの舞台裏を、全身マジック・テープでできた
新作スーツで取材したため、服が張り付き、大パニックに。
ヨーロッパのファッション業界から追い出されたブルーノは、
ハリウッドでセレブになって見返してやろうと一念発起するが・・・。

まあ、とんでもない目茶苦茶な映画でした。

ボラッド」も目茶苦茶だったけど、
この「ブルーノ」は最初から最後までゲイネタが貫かれていて、
「ボラッド」よりもマニアックな内容になっていた。

ブルーノがセレブになるために考えた事が、
・マドンナやアンジェリナ・ジョリーの真似をして養子をもらう
→iPod(U2限定バージョン)と交換で養子をゲット!
・ボノやスティングのようにボランティアをする
→これがなぜか中東和平の橋渡し役に
・トム・クルーズもジョン・トラボルタも異性愛者だからセレブになれた
→リハビリをしてゲイを治そうとするけど・・・

実際に「ブルーノ」を観るまでは、「ボラッド」が結構ヒットしたのだから、
何で公開劇場が少ないのか不思議だったけど、
これを全国拡大公開するのは絶対に無理です。
ひっそりと単館で公開して、ひっそりと終了するのが社会のためだと思います。

今日、観に行った映画館も観客は自分を含めて6人しかいませんでした。
多分、こんな映画を観る人達は自分も含めて、全員バカなんだと思います。
というか、正常な人が観る映画ではないです、はい。

さらにこんなに空いているのに、途中から自分の座席から2つ右側に、
汗臭い関取級の男性が登場したのですが、
この人も「ブルーノ」の演出だったのでは、と疑いたくなってしまいました。

とにかく色々な意味で酷かったです。

でも、本当に面白く、久しぶりに心の底から笑え、
一瞬でも最近の嫌な事を忘れられる事ができました。

ただ、この映画を人には勧める事ができないのは確かです。

ブルーノパンフレット

ボーン・スプレイマシー」、「ボーン・アルティメイタム」に続き、
ポール・グリーングラス監督とマット・デイモンが3度目のタッグを組んだ
グリーン・ゾーン」を観てきた。

ストーリーは
砂漠に隠された大量破壊兵器の所在を突き止めるという
極秘任務につく米軍兵士のミラーは、
調査を重ねるも兵器の痕跡すら発見できず、
情報の信憑性に疑問を抱き始める。
国防省の動きを不審に思ったミラーは部隊を離れ、
CIAのブラウンと独自に調査を開始するが、
そこには全世界を揺るがす衝撃の真実が待ち受けていた。

「ボーン・アルティメイタムを超える臨場感」や
「114分間あなたは最前線へ送り込まれる」という謳い文句でしたが、
全くそんなことはありませんでした。

まず、今まで散々流された予告編に悪意を感じてしまいます。

明らかに「ボーンシリーズ」を意識した構成になっていて、
全くストーリーとは関係ない台詞や、編集で盛り上げていましたが、
本編は予告編とは全く違う内容になっていました。

同じくイラクを舞台にしているので仕方がないのでしょうが、
物語の途中から「ハート・ロッカー」と似たような雰囲気になりましたが、
あまり臨場感を感じる事ができず、さらに全体的に暗く、
エイリアン2」と同じく、何をやっているのか分からないシーンが続きましたが、
調べてみると、「ハート・ロッカー」と撮影監督が同じ人だったようです。

これはキャスリン・ビングローとポール・グリーングラスとの
監督の力量の差なのでしょうか、それとも脚本の違いなのでしょうか。

でも、マット・デイモンと対立することになる
国防総省のパウンドストーンを演じた、グレッグ・キニアは
リトル・ミス・サンシャイン」同様、とてもいい味を出していました。

ただ、観る前にかなりの期待をしていたので、
落胆も大きく、とにかく残念な映画となってしまいました。

グリーン・ゾーンパンフレット

1981年に公開された、レイ・ハリーハウゼンの引退作となった
「タイタンの戦い」を「アバター」のサム・ワーシントン主演で
リメイクした「タイタンの戦い」の2D版を観てきた。

まず、自分の住んでいる田舎では「アリス・イン・ワンダーランド」に
3Dを独占されているせいか、3D版が全く上映されていない。
でも、2D版でも充分迫力ある映像を堪能することはできた。

ストーリーは
神と人が共存していた時代、神々は己の欲望を満たすため、
激しい権力争いに明け暮れていた。
ある日、そんな神々に対し人間の王が反乱を起こす。
人間の創造主でもある神々の王ゼウスはこれに激怒し、
人類を滅ぼそうと冥界の王ハデスを解き放つが、
人間の心を持つ神ペルセウスが人類救出のため立ち上がる。

この「タイタンの戦い」は「ウルフマン」以上のバカ映画だと思っていたけど、
確かにバカ映画であったけど、ある意味突き抜けてしまい、
ここまで来ると、漫画の世界の様になり、意外と楽しむ事ができた。

まあ、主演のサム・ワーシトン。
ターミネーター4」、「アバター」と超大作に出演しまくり、
今や飛ぶ鳥も落とす勢いだけど、「今後はどうするのだろう」と、
映画を観ながら余計な心配をしてしまいました。

そして意外だったのが、
リーアム・ニーソンとレイフ・ファインズがそれぞれ
ゼウスとハデスという神々の役で出演していた事に驚いた。

一体、二人に何があったのだろうかと思わずにはいられない。
役者としての路線を変更したのかな?
でも、リーアム・ニーソン演じるゼウスが着ていた鎧が
光り輝いていて、まるで聖闘士星矢の聖衣のようだったのが面白かった。

あとは、主人公を見守るイオ役のジェマ・アータートンの
透き通る様な美しさがとても印象的でした。

内容は序盤は停滞していたけれど、
中盤からはスコーピオン、ペガサス、メデューサ、クラーケンなどの
ある意味、お馴染みのキャラクターが登場する、
漫画チックな展開になると飽きる事なく、楽しめました。

何にも考えないで、スカッとした映画を観たい人にはお勧めできると思います。
ただ、女性向きの映画ではないと思いますので、そこは注意してください。

タイタンの戦いパンフレット

ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンスの
アカデミー賞受賞俳優の共演となった「ウルフマン」を観てきた。

予告編を見る限り、全く期待ができなく、
さらに単なるバカ映画にしか見えなかったので、
一切の期待を持たないで映画館に向かいました。

ストーリーは
19世紀末のイギリス。
人気俳優のローレンスは、兄の行方不明の知らせを受けて、
生家のあるブラックムーア村へと帰郷する。
だが到着早々、切り裂かれた兄の死体が発見され、
犯人捜索に乗り出すローレンスだったが、謎の狼男に襲撃を受け、
自らも満月の夜に「ウルフマン」となってしまう。

結論から言うと、予想通りのバカ映画でした。

まず、ベニチオ・デル・トロが
英国の裕福な家庭の出身という設定に無理があると思うし
(あの濃い顔は英国人ではないでしょう・・・)、
アンソニー・ホプキンスが演じる父親との確執も軽く描かれていて、
折角、この二人が共演したのに、結局はモンスター映画になってしまっていた。

そして何より肝心のウルフマンの特殊メイクが残念だった。

特殊メイクを担当したのは、
マイケル・ジャクソンの「スリラー」のメイクを担当した
リック・ベイカーらしいのだけれど、
残念ながら、ウルフマンが着ぐるみにしか見えなかったというか、
あれ、着ぐるみでしょ。

ヒューゴ・ウィーヴィングが演じた警部は味があり、
エミリー・ブラントは妖艶な感じがとても美しかっただけに、
ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンスにこの二人をもっと上手く絡めて、
ストーリー重視の展開にはできなかったのかと、思わずにはいられないです。

でも、見終わった後には、
「やっぱり狼男は竜ちゃんが一番だな」
という確信を持つことができました。

ウルフマンパンフレット

今年一番の話題作である、
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の
アリス・イン・ワンダーランド」の3D版を観てきました。

ストーリーは
19歳に成長したアリスは、
幼い日に地下世界を冒険したことを忘れていたが、
ある日、洋服を着た白ウサギを目撃し、その後を追って再び地下世界へ。
するとそこは独善的な赤の女王に支配されている世界だった。

映画を観る前は、普通に「不思議の国のアリス」が始まるのかと思いきや、
「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」の13年後に
またアリスがアンダーランドを訪れるという設定で物語は展開されるという
全く新しい物語になっていて、
原作を読んでいる、読んでいない人でも楽しめる作品になっていると思う。

公開前から色々と予告や宣伝を見ていると、
完全にジョニー・デップが演じるマッドハッターが前面に押し出されたいので、
ジョニー・デップを中心にストーリーが展開するのかと思ったら、
そんなことはなく、ミア・ワシコウスカが演じる、
眉間に皺が寄ったアリスを中心にストーリーが展開されていました。

アリスが迷い込むアンダーランドは
ティム・バートンらしい世界観に仕上がり、
登場するキャラクターも灰汁が強い者ばかりだったけど、
物語自体はティム・バートンには珍しく勧善懲悪ものになっていたと思う。

物凄く期待して観に行ったけど、期待を裏切ることなく楽しめました。

でも、ティム・バートンの映画なので、
もっと一ひねりも、二ひねりもあって良かったのでは思わずにはいられません。

それと3D。
この映画界全体で3Dを流行らせようとする流れはどうにかできませんかね。
絶対に2D(今まで通り)で大丈夫だと思いますよ。
早く3Dが飽きられる事を切に願っています。

と、言いつつ、IMAX版の3Dは観てみたいと思ったりしています。

アリス・イン・ワンダーランドパンフレット

本来ならば昨年の10月30日に公開される予定だったのに、
なぜか、約半年後に公開となった、
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の
シャッター アイランド」を観てきた。

ストーリーは
1954年9月、ボストンのはるか沖合に浮かぶ孤島「シャッター アイランド」。
精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院で、
鍵のかかった病室から女性患者が煙のように消える。
捜査のため、この孤島に降り立った連邦保安官のテディと新しい相棒のチャック。
だが島内に女性患者の姿はなく、島外へ脱出した形跡も見あたらない。
いったい彼女は、どこへ行ったのか?
唯一の手掛かりは、彼女が部屋に残した1枚の紙切れ。
そこには「4の法則」と題した暗号が記されていた。

映画が始まる前から「この映画には謎がある」、
「あなたは何分でこの謎が解けるか」、というようなメッセージで煽り続け、
ユージュアル・サスペクツ」のような結末を期待したけど、
正直、観終わった感想は「面白くなかったっス」。

今日の自分の精神状態が良くなかったのは確かなのだけど、
それを差し引いても微妙な映画だったと思う。

今までのスコセッシの映画とは全く違う印象を受けたし、
あるシーンが「メメント」みたいに見えてしまった
(これはあくまでも自分の感想なので、そんなことないって人の方が多いと思います)。

ギャング・オブ・ニューヨーク」、「アビエイター」、
ディパーテッド」、「シャッター アイランド」と
最近は、スコセッシとディカプリオが組むことが多いけど、
何でなんでしょうね?

もっと違う役者が演じた方が引き締まると思うのだけど・・・。

「シャッター アイランド」の原作を書いたデニス・ルへインは
ミスティック・リバー」の原作も書いた人のようなので、
是非、原作を読んで、「シャッター アイランド」の世界を味わい直したいと思います。

シャッター アイランドパンフレット

アカデミー賞作品賞にノミネートされた
ニール・ブロムカンプ監督作の「第9地区」を観てきた。

無名の監督、俳優陣なのに、全米初登場で1位を獲得し、
数々の映画賞も受賞し、昨年の夏の話題を独占した映画ということで、
かなりの期待を抱きながら映画館に足を運んだ。

ストーリーは
1982年、南アフリカ上空に突如UFOが飛来。
政府は不気味な容姿をした異星人を難民として受け入れるが、
やがて彼らの特別居住区「第9地区」はスラムと化す。
2010年、難民のさらなる人口増加を懸念した超国家機関MNUは
難民を「第10地区」に移動させる計画を立てる。

今までのエイリアン映画と違い、
とにかく登場するエイリアンが弱い(情けない)し、ゆるい。
人間とエイリアンをある意味対等に描いているの点が新鮮だった。

物語の前半はスラムと化した「第9地区」に住んでいる
エイリアンの姿や人間とのやり取りが面白く、
この後、どんな展開になるのか興味津々だったけど、
後半は良く見る展開になってしまい、尻つぼみな印象を受けてしまった。

映画の舞台が監督の出身国でもある南アフリカということで、
エイリアンを隔離している事と、アパルトヘイトを重ねているのは明らかで、
この点を物語とどう絡めていくのか楽しみだったけど・・・。

でも、確実に「アバター」よりは面白かったです。

果たして「第9地区」で謎のままになっていることを解明するために
続編となるであろう「第10地区」は製作されるのかが気になります。

第9地区パンフレット

ヒュー・グラント、サラ・ジェシカ・パーカー主演の
噂のモーガン夫妻」と観てきました。

主演の2人とも有名ではあるけど、
出演作が自分の観る映画とは今まであまりマッチしなかったので、
ヒュー・グラントは「フォー・ウェディング」、
サラ・ジェシカ・パーカーは「エド・ウッド」位しか
観たことがない、珍しい組み合わせの映画となった。

ストーリーは
ニューヨークの人気弁護士ポール・モーガンは、
一度の浮気に怒った妻に家を追い出され、
3ヶ月もホテル暮らしを余儀なくされていた。
セレブ相手の不動産業を営んでいる妻・メリルは電話にも出てくれず、
プレゼント攻撃も効き目なし。
しかしある日、夫婦揃って歩いていた所、殺人事件を目撃してしまう。
犯人の顔を見た二人は命を狙われ、FBIの証人保護プログラムにより、
何もないワイオミング州・レイで暮らす羽目になる・・・。

ジャンルはラブコメディなんだろうけど、
別居中の二人が殺人現場を目撃し、証人保護プログラムで
僻地に隔離され、物語が進んでいくという展開が新鮮で、
飽きることなく物語に入っていくことができ、その後も楽しめた。

ラブコメがお得意のヒュー・グラントの演技も流石の安定感で、
逆に考えると長~い間、このジャンルで頑張り続けているな~と感心しつつ、
これからも、ぶれずにこの土俵で戦って欲しいと願わずにはいられない。

サラ・ジェシカ・パーカーは正直、あまり好きな女優ではなかったけど、
45歳とは思えない甘く、エロい声がチャーミングで、
今までの馬面という印象から、エロい人へと進化しました。

最近、ラブコメはあまり観なかったけど、
これからは年に数本は観てみようかなと思わせてくる作品でした。

噂のモーガン夫妻パンフレット

シカゴ」のロブ・マーシャル監督作の
ミュージカル映画「NINE」を観てき た。

主演のダニエル・デイ=ルイスはもちろんだが、
ソフィア・ローレン、ジュディ・デンチ、ニコール・キッドマン、
マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ケイト・ハドソン、ファーギー
と、登場する女優陣が豪華すぎるのも、この「NINE」の売りとなっている。

ストーリーは
イタリアが世界に誇る映画監督、グイド・コンティー二。
だが豊かなはずの想像力が突如として消え果てた彼は、
9作目となる新作の脚本を一行も書けずにいた。
決まっているのは主演女優だけなのに、刻々と迫る撮影開始日。
追い詰められた彼は、ついに新作の記者会見から逃げ出し、海辺のホテルに身を隠す。
そこで人生に影響を与えた美しき女性たちの幻想に逃避し、
現実世界では呼び出した浮気相手と妻に救いを求めるグイド。
だが間もなく、プロデューサーに居場所を突き止められた彼は、
また映画製作という戦場に連れ戻されてしまう・・・。

オープニングで出演する女優が一堂に会して
始まるミュージカルシーンは圧巻、豪華爛漫で、
一気に物語の中に引き込まれてしまった。

エビータ」で寝てしまったという過去があるため、
ミュージカル映画に対して、若干の不安があったけど、
最後までラリホーにかかることもなく、楽しむことができた。

ミュージカル映画なので、最大の魅せ場は歌のシーン。
特に印象的だったのが、ケイト・ハドソンが歌う
「シネマ・イタリアーノ」のメチャクチャ陽気で力強く踊り、歌うシーンが
例えるなら「ぴょーん、およよ」ってな感じで今でも脳裏に焼きついています。

そして、主演のダニエル・デイ=ルイス。
過去2度、アカデミー賞主演男優賞に輝いた演技は素晴らしく、
あまりシリアスではない今回のような演技も似合うのだなと感心したし、
才能溢れる監督を演じ、美女達に囲まれるモテモテの役柄が
物凄く羨ましく感じてしまいました。

ミュージカル映画ということで、好き嫌いが分かれる映画だと思いますが、
DVDではなく、映画館の大音響で堪能した方がいい映画なのは間違いないです。

NINEパンフレット

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1