高村薫の原作を井筒和幸監督がメガホンを取り、
妻夫木聡、浅野忠信ら豪華俳優で映画化した「黄金を抱いて翔べ」を観てきた。

ストーリーは、
幸田は大学時代の友人、北川から大阪市の住田銀行本店地下にあるという
240億円相当の金塊強奪計画を持ちかけられる。
メンバーは他にSEの野田、爆破工作のエキスパートで国家スパイの裏を持つモモ、
北川の弟・春樹、元エレベーター技師のじいちゃん。
しかし、計画の過程で謎の事件が次々と発生。
そこにはお互い知らない、それぞれの過去が複雑に絡み合っていた。

公開前の予告編を観た限りでは金塊強奪だけをしているイメージを受けましたが、
本編では金塊強奪よりもむしろ、登場人物のバックボーンにスポットライトが当たり、
金塊強奪を実行する直前に物語のピークがきていましたね。

井筒監督の作品は現実的に撮るという評判を聞いていましたが、
肝心の銀行に金塊強盗に入ってからの流れが行き当たりばったりで
特に緊迫感もなくラストまでダラダラと行ってしまったことが、
物語の前半が緊張感ある流れだっただけに残念でした。

特に金塊強奪の舞台になる銀行の中がちゃちすぎました。

原作の高村薫の作品は大きな事件を描いているけれど、
人間臭いドラマによって導かれる結末は驚く程、現実的な印象を与えてくれて、
上記のように井筒監督も現実路線で撮る人なのだろうけれど、
この「黄金を抱いて翔べ」に登場する金塊強奪をするメンバーが、
いかんせんイケメンすぎたのが現実的ではなかったと思いますね。

妻夫木君はいつも以上に感情を押さえた演技で物語を引き締めていましたが、
浅野忠信はいつもと全く同じ感じの演技で、「ん?」って感じで、
桐谷健吾はテンションは高いけれど繊細や役を頑張って演じ、
溝端淳平はよく分からないので割愛させて頂き、
西田敏行の安定感は流石の一言でした。

その中でも東方神起のチャンミンさんという方が登場していたのですが、
確かにイケメンで、物語の核となるモモを好演していましたが、
多分、配給にエイベックスが絡んでいたので出演に至ったのでしょうね。

そのお陰もあってか、映画館には若い女性が数多くいましたよ。

物語の前半から中盤のメンバー集めから計画の準備までは強烈な印象でしたが、
後半は一気に緊張感がなくなってしまう展開となってしまい、
前半と後半で全く違った印象の映画になってしまったのが残念でしたね。

時間があれば原作の「黄金を抱いて翔べ」を読んでみたいと思います。

黄金を抱いて翔べのパンフレット

ベン・アフレックが監督、主演を務めた、
イラン革命時に実際に起きたアメリカ大使館占拠事件からの
人質救出作戦を題材にした「アルゴ」を観てきた。

ストーリーは、
1979年11月4日。
イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリカ大使館を占拠する。
52人が人質になるが、混乱の中、6人のアメリカ人が自力で大使館から脱出し、
カナダ大使の自宅に身を潜める。
CIAで人質救出を専門とするトニー・メンデスは、
6人を安全に国外へ脱出させるため、大胆不敵な作戦を立案。
「アルゴ」という架空のSF映画を企画し、
6人をその撮影スタッフに偽装して出国させようとする。

ベン・アフレック、「グット・ウィル・ハンティング」以降は、
盟友マット・デイモンにかなり差をつけられた印象があり、
あまりベン・アフレック主演作に好きな映画はなかったのですが、
前作の自ら監督、主演した「ザ・タウン」から、がらっと印象が変わり、
今回の「アルゴ」も凄く良い映画でした。

繰り返しになりますが、「デアデビル」の頃のベン・アフレックからは、
こんな素晴らしい映画を撮るなんて事は全く予想はできませんでしたね。

肝心の映画の内容は、実際に起きた脱出劇を描いているので緊迫感があるけれど、
「映画製作」を脱出作戦としているので、どこか現実離れした内容に見えてしまい、
物語が進んでいる間中、常にドキドキしている中にも、
なぜか一歩引いて冷静に体の力を抜いて映画を観ている自分もいて、
本当に不思議な気分にさせられた映画でした。

こんな気分にさせられたのも、
主人公のトニーを演じるベン・アフレックの悟りを開いたかのような穏やかな演技と、
冒頭のアメリカ大使館が襲撃される様子から
映画に登場する俳優が実際に脱出させた人物とそっくりな所まで、
当時の時代背景、事件の細部にまで忠実に映画を撮りきった、
監督のベン・アフレックの演出の上手さのお陰だと思います。

脇を固める俳優陣も皆、渋いながらも落ち着いた演技で物語を引き締めていましたが、
プロデューサー役のアラン・アーキーの演技が序盤の緊張感のある展開の中に
緩い空気を送り込んでいたのは見事でしたし、流石でした。

それにしても「最後の猿の惑星」を見て、
この「アルゴ」という映画を使った脱出作戦を考えるなんて、
「本当かよ」と思ってしまいましたが、
実際にこういう柔軟な発想ができる人の方が、こういう時には役立つのだろうなと
元内閣安全保障室長の佐々淳行氏を思い出しながら、そう感じました。

映画を観終わった今となっては、
ラストキング・オブ・スコットランド」に内容が似ていると思いますが、
脱出の際に難題や関門を突破するタイミングが危機一髪になっているのは、
映画向けに演出されているのだろうけれど、
それを差し引いても素晴らしい映画だったと思います。

アルゴのパンフレット

シルベスタ・スタローン主演のバカ映画「エクスペンダブルズ」の
続編となる「エクスペンダブルズ2」を観てきた。

ストーリーは、
東欧バルカン山脈の山岳地帯に墜落した輸送機に積まれていた
データボックスを回収する仕事を引き受けたエクスペンダブルズだったが、
ヴィラン率いる武装グループの襲撃を受け、データボックスを奪われた上に、
仲間の一人が命を落としてしまう。
ボックスの中のデータには旧ソ連軍の埋蔵プルトニウムの隠し場所が記されており、
ヴィランは他国に売り捌こうとしていた・・・。

こういうバカな映画を普通に作って、公開してしまうのが
ハリウッド映画の懐の深さなのではないでしょうか。

前作の「エクスペンダブルズ」の時も感じたのですが、
別にこういう映画に物語なんて求めてはいないわけですよ。

物語の冒頭からラストまで約2時間、ずーっとドンパチやっていればいいものを、
チープなストーリーの説明のために30分は無駄にしていたと思うんだよね。

冒頭にジャン=クロード・バン・ダムが登場して仲間を殺し、
その後はスタローン達がラストまで派手に追い続けるという展開だけでいいのに、
微妙な顔の中国女が登場したり、ドルフ・ラングレンがMITの修士号だとかいう、
どうでもいいような話を間に挟んだりして、興醒め以外の何ものでもなかったよね。

だってね、スタローン、シュワちゃん、ブルース・ウィリスが共演しているわけよ。

さらにジャン=クロード・バン・ダム、ジェット・リーにジェイソン・ステイサム、
おまけに驚くことにチャック・ノリスまで出てきたんだから、
永遠と戦ってればいいと思うんだけどね・・・。

終盤の空港のシーンで、
スタローン、シュワちゃん、ブルース・ウィリスの三人が横に並んで
銃を撃ちながらジャン=クロード・バン・ダムを追いつめ、
さらにチャック・ノリスが後方支援をしているシーンなんて鳥肌ものでしたよ。

シュワちゃんのあんなに活き活きとした顔を見るのは久しぶりだったし、
やっぱり政治家よりも殺し屋の方が似合うということが証明されてたね。

そして、チャック・ノリス。

都市伝説をそのままにしたキャラクター設定で、
物語の中でも無敵だったのには笑わせてもらいました。

ジェット・リーも出番こそ少なかったですが、
ナイフと鍋を使って戦っている姿はジャッキー・チェンを彷彿とさせてくれました。

ジェイソン・ステイサムが教会でナイフを使った戦いは流石の迫力があり、
この「エクスペンダブルズ」シリーズの準主役を張っているだけのことはありました。

今回の適役となるジャン=クロード・バン・ダムは久しぶりに姿を見たので、
何だかとても懐かしい想いがこみ上げてきて、とても嬉しかったです。

かなり老けた顔になっていたけれど、あの蹴りのスピードは健在で、
連発で繰り出していたのには圧倒されましたよ。

今はなぜか香港に住んでいて、映画製作からは離れていたようだけど、
今後は昔のように主演作をバンバン製作していって欲しいと思いますわ。

ちなみに自分が一番好きなバン・ダムの主演作は「ライオンハート」です。

このような灰汁が強い主役級の各出演者にちゃんと華を持たせた演出と気配りをしている
スタローンには映画を観ていて流石だと感心させられましたね。

多分、「エクスペンダブルズ3」は作られると思うので、
その際は「エクスペンダブルズ2」以上にオールスター集合にしてもらいたと思います。

「男」、「銃」、「爆発」という単純なキーワードだけで語れる映画なので、
難しいことは何一つ考えずに観ることができるので、「漢」好きなら観に行くべし。

エクスペンダブルズ2のパンフレット

ジョン・キューザックがエドガー・アラン・ポーに扮した、
ジェイムズ・マクティーグ監督の「推理作家ポー 最期の5日間」を観てきた。

ストーリーは、
1849年、アメリカのボルティモアで猟奇的な殺人事件が起こる。
現場に駆けつけたエメット刑事は、
この事件が作家エドガー・アラン・ポーの小説に酷似していることに気づく。
警察は、酒びたりで荒んだ生活を送るポーを有力な容疑者として捜査を進めるが、
ポーの作品を模した第2、第3の殺人が発生。
著作を汚されたポー自身も捜査に乗り出すが・・・。

先日読んだ「ヴァンパイアハンター・リンカーン」の中に
エドガー・アラン・ポーが登場し、かなり気になるキャラクターだったことと、
久しぶりにジョン・キューザックの姿が拝めるということで、
結構楽しみにしていたのですが、「う〜ん」という感じでしたね。

独特の世界観を持った映画で、
殺人シーンはかなりグロテスクな描写で目を背けたくなる程でしたが、
肝心の推理の部分が「?」という箇所が多く、雑に感じました。

エドガー・アラン・ポーが書いた小説の中の殺人が多数登場したけれど、
この殺人についての説明がほとんどなく、
エドガー・アラン・ポーの小説に明るくない自分には
何がなんだか分からないまま推理がどんどん進んで行ってしまったので、
途中からは完全に理解不能になりました。

この映画の流れでいくと、
ラストの犯人との決着の仕方には不満が残りますが、まあどうでもいいですかね。

それでも久しぶりにジョン・キューザックの勇姿を観られたのは嬉しかったですし、
これだけでも「推理作家ポー 最期の5日間」を観た価値はあったと思います。

推理作家ポー 最期の5日間のパンフレット

北野武監督、ビートたけし主演の「アウトレイジ」のまさかの続編公開となった
アウトレイジ ビヨンド」と観てきた。

ストーリーは、
関東最大の暴力団組織・山王会の抗争から5年。
関東の頂点を極め、政治の世界に進出するなど過剰に勢力拡大を進める山王会に対し、
組織の壊滅を図る警察が動き始める。
関西の雄ともいえる花菱会に目をつけた警察は、
表向きは友好関係を保っている東西の巨大暴力団組織を対立させようと陰謀を企てる。
そんな中、以前の抗争中に獄中死したはずの大友が生きていたという事実が持ち出され、
突然出所を告げられる。

公開前から暴力描写について色々と騒がれていましたが、
実際に「アウトレイジ ビヨンド」を観た感想としては、
アウトレイジ」に比べると暴力描写はかなりコミカルになった印象を受けました。

興行収入を意識した作りになってしまったのか、
完全に娯楽作品になっていたので、意外と楽しんで観ることができました。

「アウトレイジ ビヨンド」で一番楽しみしていたのが、
三浦友和演じる加藤と加瀬亮演じる石原がどういう仕打ちを受けるかということ。

二人ともツケを払わされていましたが、石原の結末が個人的には気に入りました。

中野英雄が前作のキレキャラとは違い、落ち着いた演技で、
いい感じに物語を引き締めていて、チョロのイメージは全く感じさせなかったです。

新しく登場したキャラクターの中では、一切台詞のなかった高橋克典と、
チンピラ役の新井浩文がいい味を出していたのが印象に残っています。

それにしても次から次へと登場人物があっさりと死んでいく映画でしたね。

物語の中で少し気になったのが、
たけしを援助するコリアンマフィアの親分の人が完全に本物に見えてしまいましたが、
あれはどうなのでしょうか。

終わり方が完全にパート3がありそうな感じだったので、
近いうちに製作が発表されるのでしょうね。

できれば、その際には「アウトレイジ」で死んでしまった
椎名桔平を生き返らせて欲しいものです。

アウトレイジビヨンドのパンフレット

ジェイソン・ボーンの活躍を描いた「ボーンシリーズ3部作」の続編として
新たにジェレミー・レナーを主演に迎え新シリーズとして始動した、
ボーンシリーズ4作目となる「ボーン・レガシー」を観てきた。

ストーリーは、
CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、
ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、
人体改造の「アウトカム計画」により、強靭な肉体を持つアーロンが訓練を積んでいた。
このボーン事件の余波でその「アウトカム計画」も明るみになる事を恐れた上層部は、
関係者の抹殺を指示。
かろうじで生き延びたアーロンは、研究者のマルタを訪ねるが、
彼女もまた命を狙われていた。

物語は「ボーン・スプレマシー」の終盤から「ボーン・アルティメイタム」と
同時に進行している設定なので、所々にジェイソン・ボーンの名前が登場しますが、
マット・デイモンは登場することはありません。

アメリカでの興行収入が思いの外、良くなかったせいなのか、
日本のCMでは、さもジェイソン・ボーンが登場するような編集をしていましたが、
これには配給会社の悪意を感じましたね。

「ボーン・レガシー」の内容は、新三部作(多分)の幕開けの作品ということもあり、
新シリーズの説明に終始していて、気がついたら終わっていたという感じで、
かなり期待していたので、ちょっと残念な結果となってしまいました。

ジェレミー・レナーが演じるアーロンもまだ本領を発揮していない感じで、
ボーンに比べると凄さがあまり伝わってこなかったり、
敵役のキャラが立っていなく、戦いも締まりがないものなっていましたが、
カーチェイスはさすがに目を見張るものがありました。

あとは個人的にレイチェル・ワイズが出演したのが嬉しかったですね。

アーロンを追う側のエドワード・ノートンも、ほぼ何もしていなかったので、
続編ではエドワード・ノートンの切れた演技を期待しています。

何となく「ボーン・アイデンティティー」と内容が被っていたような感じだったので、
今後の続編が「ボーン・スプレマシー」、「ボーン・アルティメイタム」のように
盛り上がっていって欲しいと願っております。

そして、ネットで目にしたニュースだと、
続編には本当にジェイソン・ボーンが登場するようなので、
今後、ボーンとアーロンがどう絡んでいくのかも楽しみです。

それと、エンドロール時に流れる音楽はMOBYの「Extreme Ways」のままでした。

ボーン・レガシーのパンフレット

ゲイリー・ロス監督、ジェニファー・ローレンス主演の
米国での興行収入が約4億ドルだった話題作「ハンガーゲーム」を観てきた。

ストーリーは、
わずかな富裕層だけが住むことができる都市キャピトルでは、
冷酷な支配者たちが、かつて自分たちに反旗を翻した12の地区から代表者を選び、
殺し合いのゲームを強制させていた。
ゲームの模様はテレビ中継され、最後まで生き延びた1人には巨額の賞金が与えられる。
妹の代わりとしてゲームに参加することになった第12地区居住者の少女カットニスは、
同じ地区から選ばれた少年ピータとともに戦いに挑む。

最初は「バトル・ロワイヤル」と同じような内容だと思い期待していましたが、
実際に映画を観ると、「バトル・ロワイヤル」とは全く違い、
ゲーム参加者同士のサバイバルが物語の主流ではなく、
体制と戦っているという印象が強かったですからね。

ゲーム参加者の中には、サバイバルのプロもいましたが、
プロの割には主人公を追いつめたのに眠ってしまったり、蜂に襲われて死んだりして、
全くもってサバイバルに緊迫感がなかったのが残念でした。

ハンガーゲーム」を観終わった感想としては、
トワイライト」と同じように、アメリカのティーン向けの内容だったので、
アメリカでのヒットに繋がったのかなと勝手に邪推しています
(「トワイライト」は観たことがないけれど)。

劇中の主人公のスタイリストとしてレニー・クラビッツ、
教育係としてウッディ・ハレルソンが出演したのには驚きました。

ハンガーゲーム」はパート3までの製作がきまっているようで、
物語の終わり方も完全に続編ありきだったので、
ハンガーゲーム2」で主人公のカットニスはまたゲームに巻き込まれるのでしょうね。

「ハンガーゲーム」を観て、改めて「バトル・ロワイヤル」(映画ではなく小説の方)の
素晴らしさを実感することになりました。

ハンガーゲームのパンフレット

サシャ・バロン・コーエン主演の
ディクテーター 身元不明でニューヨーク」を観てきた。

ストーリーは、
国連サミットに出席するためニューヨークを訪れたワディヤ共和国のアラジーン将軍は、
何者かに拉致され、トレードマークの髭を剃られてしまう。
スーパーの店員となって潜伏し、反撃の機会を待つアラジーンだったが、
国連サミットに影武者が出席し、ワディヤを自由の国にすると宣言する。
アラジーンは自らの独裁者生活を守るため立ち上がるが・・・。

まず、映画の冒頭に「キム・ジョインルに捧げる」というメッセージが表示され、
嫌が上にも期待度が高くなっていきましたが、
他のサシャ・バロン・コーエン主演作の「ボラッド」「ブルーノ」に比べてしまうと、
いささかパワーダウンした印象は拭えなかった。

ボラッド」「ブルーノ」では、サシャ・バロン・コーエンが世界各国の都市に出没し、
常識外れな無茶苦茶な行為をし、それが爆笑を誘っていたけれど、
今回の「ディクテーター」は中東の某国の独裁者という際どい設定だけど、
完全なフィクションの映画となっています。

何を血迷ったか、共演でベン・キングズレーが出演していて驚きましたが、
かなり期待をして映画を観に行ったので、物足りない内容だったのが残念でした。

それでも独裁者の苦悩が見事?に描かれていたり、
演説のシーンで、真面目に的確にアメリカの民主主義を批判しているシーンもあり、
緩みっ放しの映画でしたが、時折締めるシーンがあったのが新鮮でした。

サシャ・バロン・コーエンの次回作には、
さらに危険で面白い内容を期待しながら待ちたいと思います。

ディクテーター 身元不明でニューヨークのパンフレット

人気ゲームを映画化した「バイオハザード」の5作目となる
バイオハザードV リトリビューション」を観てきた。

ストーリーは、
アルカディアでの死闘をくぐり抜けたアリスを、
かつての仲間ジルが率いるアンブレラ社の特殊部隊が強襲する。
戦闘で気を失ったアリスが目覚めると、そこはアンブレラ社の巨大な実験施設だった。
ジルの尋問に苦しむアリスだったが、何者かが送り込んだ救出部隊が施設に現れる。
アリスは彼らと手を組み、施設からの脱出を図る。

酷い。

とにかく酷い映画でした。

はっきり言ってしまえば、つまらない。

この内容であれば「バイオハザード10」くらいまでは余裕で製作できると思える程、
どうでもいいような内容でしたね。

感想は酷い、つまらないとしか言いようがないけれど、
一点、気になったのがミシェル・ロドリゲスが再び登場したこと。

「なぜ、こんな映画に帰ってきたんだミシェル・ロドリゲス!」と、
言いたくなるくらい、残念な役でした。

最後に一つだけ「バイオハザード」シリーズのいい点を挙げると、
シリーズ5作を通して、パンフレットの大きさをA3(多分)のままにしているのが、
映画の内容とは対照的に、とても素晴らしいと思います。

バイオハザードV リトリビューションのパンフレット

デンゼル・ワシントン主演の「デンジャラス・ラン」を観てきた。

ストーリーは、
CIAを裏切り36カ国で指名手配を受け、10年間逃亡を続けていた
元工作員トビン・フロストが、南アフリカにあるCIAの収容施設に収監される。
しかし、その直後、謎の傭兵部隊が施設を襲撃。
施設の管理を任されていた新人工作員のマットは、
トビンを連れて別の収容施設へ避難することになるが・・・。

この映画、そこまでデンジャラスなランはしていないので、
邦題の「デンジャラス・ラン」というのに違和感を感じるんですよね。

原題は「SAFE HOUSE」で、日本語に訳すと「隠れ家」という意味になり、
世界各地にあるCIAの隠れ家が舞台になっているので、
別にそのまま「セーフハウス」で公開しても問題ないと思うのですが、
配給会社の方々の考えは違っていたようです。

それでも映画を観る前に予想したよりも本格的なCIA物になっていて、
手に汗握る展開は充分に楽しめましたが、
それでも「ボーン・アイデンティティ」のレベルには達してはいないし、
さらに、デンゼル・ワシントンの悪役が凄いという謳い文句でしたが、
トレーニング デイ」には遠く及んでいませんでしたね。

ストーリーも途中で黒幕が誰なのかが二択に絞れるので、
あまり緊迫感を感じられなかったです。

デンゼル・ワシントンが演じるトビンのキャラクターは深く掘り下げられるけれど、
ライアン・レイノルズが演じるマットの過去が少ししか触れられていないので、
なぜ、あそこまで正義感が強いのかの理由が分からずのままだったので、
この辺りをもっと丁寧に描けば物語はさらに引き締まったと思います。

この映画では、デンゼル・ワシントンの演技の上手さを改めて感じましたが、
同時に歳を取ったなという事も感じさせられました。

よくあるハリウッド映画的なデンジャラスなランしかしてない映画でしたが、
デンジャラスなランを期待しなければ楽しめる映画だと思います。

デンジャラス・ランのパンフレット
前の10件 1  2  3  4  5  6  7

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 4.1