2013年の最近のブログ記事

終戦のエンペラー

|

トミー・リー・ジョーンズがマッカーサー元帥を演じ、終戦から東京裁判までの間の日米の政治的な駆け引きを描いた「終戦のエンペラー」を観た。

ストーリーは、
1945年8月、日本が連合国に降伏し、第2次世界大戦が終結。ダグラス・マッカーサー元帥率いるGHQが日本に置かれ、米軍統治が始まる。そんな時、日本文化を研究し、日本に対して格別な思いを抱くボナー・フェラーズ准将は、太平洋戦争の真の意味での責任者は一体誰なのかを調査するようマッカーサーから極秘に命じられ、独自に調べを開始するが。

物語はマッカーサーに命じられたフェラーズ准将が東条英機や近衛文麿、木戸幸一などの当時の政府の人間に面会し、開戦の責任はどこにあったのか、天皇に責任はあったのかを判断していくという流れ。そしてこのフェラーズ准将には日本人の恋人がいて、この恋人が空襲で行方不明になってしまったので、彼女の行方も探していきつつ、日本の文化にも触れていくというものだったけれど、いかんせんアメリカ側からの視点になっているので、「う〜ん」と首をひねるシーンが多かったかな。

マッカーサーについては、GHQの司令官、そしてその後にアメリカ大統領選に出馬して敗れたということくらいしか知らなかったので、この「終戦のエンペラー」で描かれている戦後処理を美味く対処する事によって、その後の政界進出を有利にしようという思惑が働いていたということや、終盤にマッカーサーと昭和天皇が並んで映っている有名な写真を撮るいきさつなどを知る事ができて、まあ少しはためになったかなと思います(本当の話ならね)。

ただ、マッカーサーを演じたトミー・リー・ジョーンズがどうしても宇宙人ジョーンズさんにしか見えなくて、どうやってもマッカーサーには見えなかったんだよね。それだけが残念でした。でも東条英機に火野正平を持ってきた配役は見事だと思いますし、西田敏行は安定した演技をしていました。

映画を観終わった感想としては、面白い、面白くないというのではなく、ここまではっきりと昭和天皇を題材にした映画が日本全国で公開されるという事は、日本には「表現の自由」があるのだなあと感じることができました。

「終戦のエンペラー」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

風立ちぬ

|

「崖の上のポニョ」以来、約5年ぶりとなった宮崎駿監督作となった「風立ちぬ」を観てきました。

ストーリーは、
幼い頃から空にあこがれを抱いて育った学生・堀越二郎は、震災の混乱の中で、少女・菜穂子と運命な出会いを果たす。やがて飛行機設計技師として就職し、その才能を買われた二郎は、同期の本庄らとともに技術視察でドイツや西洋諸国をまわり、見聞を広めていく。そしてある夏、二郎は避暑休暇で訪れた山のホテルで菜穂子と再会。やがて2人は結婚する。菜穂子は病弱で療養所暮らしも長引くが、二郎は愛する人の存在に支えられ、新たな飛行機作りに没頭していく。

言わずもがなの人気作です。公開後は戦争を美化しているとか、喫煙シーンの問題で何かと話題を提供していましたが、これも注目度の高い映画だから仕方のないことなのでしょう。

肝心の内容ですが、これは完全に大人向けの映画で、子供が観ても楽しめないだろうなという印象を受けました。個人的な感想としては、面白くもなく、つまらなくもなく、至って普通な話だったなというのが正直な気持ちです。映画を観た時にはまだ、宮崎駿監督は引退を宣言をしていなかったのですが、結果的に今となっては映画館で観ておいて良かったなと思っています。

といっても、この「風立ちぬ」で最も印象に残っているのが、主人公の堀越二郎の声を演じた庵野秀明の独特な声。もうこれ以外何も印象に残っていないと言っても過言でもないですよ。一部では賞賛されていたようですが、はっきり言って、この声は有り得なかったですわ。自分の周りでもかなりの人数がこの映画を観ていましたが、誰一人として庵野の声が良かったと言っていた人はいなかったし、あれで全てが台無しになったという意見で一致しました。

オープニングは堀越二郎の幼少期で始まり、その時の声は庵野ではないので油断していたら、いきなり学生になった堀越二郎が登場して第一声を発した瞬間に「えっ!」となり、それからの100分以上に渡って違和感しかなかったし、物語に入っていく事もできなかったです。監督本人がこの声で納得しているので仕方がないのでしょうが、とにかく残念でしたよ。

「もののけ姫」以降の宮崎駿作品はあまり興味がなかったのですが、この考えを変えてくれたのが、6〜7年前にNHKで放送された宮崎駿に密着したドキュメントを見てから。宮崎駿のあまりの偏屈ぶりがとても面白く理不尽で、それ以降も何度か密着ドキュメントが何度か放送されていますが、全て見逃さずに見る程のお気に入りです。正直、「風立ちぬ」よりもNHKのドキュメントンの方が面白いですよ。

とまあ、こんな感じですが、宮崎駿監督、お疲れ様でした。

ちなみに僕の一番好きなジブリ作品は「海が聞こえる」です。

「風立ちぬ」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

「ワイルド・スピード」シリーズの第6作目となる「ワイルド・スピード EURO MISSION」。出演はヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス、ドウェイン・ジョンソン。監督は続投となるジャスティン・リン。

ストーリーは、
リオの犯罪王から大金を強奪し、逃亡生活を送っていたドミニクの前に、FBI特別捜査官ホブスが現れ、高度な運転技術を用いて世界各国で犯罪を繰り返す巨大組織を壊滅させるため、ドミニクとそのチームに協力を要請。ドミニクは、死んだはずの元恋人レティが、その組織を率いる元エリート軍人のショウに協力していると聞かされ、その真偽を確かめるためにもホブスの依頼を引き受ける。ドミニクは相棒のブライアンら仲間のドライバーたちを招集し、ショウ一味を追跡する。

シリーズを重ねれば重ねる程、興行収入が増えていくという、今までにあまり例のない人気シリーズとなった「ワイルド・スピード」。「ワイルド・スピード EURO MISSION」は前作の「ワイルド・スピード MEGA MAX」のラストで「ワイルド・スピード MAX」で死んだはずのミシェル・ロドリゲス演じるレティが登場した予告通りにレティが復活し、文字通りオールスターキャストとなっていました。

このレティが生きていた経緯もかなり無理がありましたが、「ワイルド・スピード」シリーズ好きの人間なら、この点に突っ込むのは野暮なものでしょうね。他にも今回は戦車が登場したり、ラストの空港の滑走路での飛行機とのカーチェイスといい、とにかく突っ込み所満載。それでも迫力のある映像で手に汗握るカーチェイスシーンは観ていて楽しかったです。個人的にはアルファロメオのジュリエッタが登場したのが意外でしたね。

この「ワイルド・スピード EURO MISSION」で、「ワイルド・スピード TOKYO DRIFT」から監督をしていたジャスティン・リンが監督を退くのですが、最後の最後で「ワイルド・スピード」シリーズ6作全てを繋げてくれました。エンドロールで今まで「ワイルド・スピード TOKYO DRIFT」だけが異質な存在だったのを見事(強引)にジェイソン・ステイサムを登場させ、話の流れをスッキリさせ、これで「ワイルド・スピード」シリーズは「1→2→4→5→6→3→7」と無事に繋がっていくことになります。

次回作ではヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムとハゲ3人が揃って、どんなドンパチを繰り広げるのかと期待をしていましたが、昨年11月末にブライアンを演じるポール・ウォーカーの突然の訃報には驚かれました。絶対に替えのきかない俳優なので、これで今後のシリーズのシナリオは完全に変更となりそうですが、第7作目はかなり時間が経ってからの話になりそうなので、それでどうにか対応するのであろうと思います。

「ワイルド・スピード EURO MISSION」は車に興味がない人でも楽しめる映画だと思いますし、ポール・ウォーカーの勇姿を目に焼き付ける意味でも見逃せない映画だと思います。

「ワイルド・スピード EURO MISSION」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス出演の「ハングオーバー」シリーズ完結編となった「ハングオーバー!!! 最後の反省会」を観てきた。

ストーリーは、
インターポールに捕らえられたアジア系ギャングのボス、ミスター・チャウは、収監されていたタイ・バンコクの刑務所から脱獄。一方その頃、アランの父親が、息子のあまりの極道ぶりにショックを受けて他界。フィル、ステュ、ダグもさすがにかばいきれず、アランを施設に入れようとするが、その道中でギャングに襲われ、ダグが拉致されてしまう。犯人は、アランとチャウがメル友であることから、自分たちから金を盗んだチャウを探すよう要求する。

物語冒頭のキリンの首チョンパから始まり、今作も終始、アランが暴走しまくっていましたが、この「ハングオーバー」シリーズは、ザック・ガリフィアナキス演じるアランのぶっ飛び具合によって笑いが生まれていると思うんですよね。今作の「ハングオーバー!!! 最後の反省会」は、アランが少々やり過ぎな感じでしたので、この笑いに付いてこられない人も多そうでしたが、それでもアランが恋に落ちるシーンには笑わされたし、チャウがラスベガスの空を舞いながら「I Beleive I Can Fly」歌っているシーンは大爆笑ものでしたよ。

前2作と比べると大人しく、パワーダウンしている感は否めなかったですねが、ラストで調整をしてきたなと、「ニヤっ」としてしまいました。シリーズ完結編と謳っていますが、この「ハングオーバー!!! 最後の反省会」のラストを観ているとまだまだシリーズは続くような気がします。

ちなみに自分が「ハングオーバー」シリーズを面白い順に並べると、「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」、「ハングオーバー!!! 最後の反省会」、「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」の順となります。

そういえばマイク・タイソンが出てなかったな。

「ハングオーバー!!! 最後の反省会」のパンフレット

容疑者Xの献身」以来、約5年ぶりとなる福山雅治主演の「ガリレオ」シリーズ劇場版第2作目の「真夏の方程式」を観てきた。

ストーリーは、
手つかずの美しい海が残る玻璃ヶ浦で海底資源の開発計画が持ち上がり、その説明会に招かれた湯川は、宿泊先の旅館「緑岩荘」でひとりの少年・恭平と出会う。やがて旅館の近くで男性の変死体が発見され、遺体の身元が「緑岩荘」に宿泊していた元捜査一課の刑事の塚原だということがわかる。地元警察は塚原の死を転落死として処理しようとするが、現地入りした捜査一課の岸谷美砂は、塚原の死に不可解な点があることに気づき、湯川に事件解決への協力を依頼する。

冒頭から16年前の殺人事件から始まり、海の環境問題の部分はメインストーリーに関わる部分以外は割愛するなど、かなり小説版とは違う展開でしたが、とても静かないい映画でした。前作の「容疑者Xの献身」とはまた違った良さがありましたね。

物語も、どのようなトリックなのかを描くよりも、登場人物の「絆」を中心に描いていました。福山雅治の湯川と、杏の成実はもちろん良かったのですが、この映画をより素晴らしいものにしているのが脇役の出演者の落ち着いた見事な演技でしたね。前田吟、風吹ジュン、白竜、塩見省三のそれぞれの演技がこの「真夏の方程式」という映画を引き締めていました。それに比べて吉高由里子の役は...。

原作を読んだ後に劇場版を観ましたが、内容は確かに違いますが、それでも納得のできる映画でした。

今シーズンのドラマの「ガリレオ」は正直、微妙でしたが、やはり映画になると金のかけ方が違うのか、良い作品になっていました。できればドラマ版で薄っぺらい内容になっていた「聖女の救済」を映画化してもらいたいものです。

「真夏の方程式」のパンフレット

ウィル・スミス親子出演、M・ナイト・シャマラン監督作の「アフターアース」を観てきた。

ストーリーは、
人類が地球から別の惑星に移住した西暦3072年、伝説の兵士サイファとその息子キタイは、宇宙遠征の途中で見知らぬ惑星に不時着する。負傷した父に代わり、キタイは緊急信号を発信させるビーコンを探しに出るが、その惑星こそがかつて人類が捨てた地球だということが発覚。未知の惑星と化した地球を単身進むキタイはさまざまな危険にさらされ、やがてさらなる恐怖を呼び起こしてしまう。

つまらなかったです。

予告編を観た時から、トム・クルーズの「オブリビオン」と被っている感じがしていたので嫌な予感はしていたのですが、ウィル・スミスが自分の息子を出演するためだけに作った映画ですね。物語の冒頭で、ウィル・スミスは怪我をして動けなくなるので、メインは息子となり、その後は息子の活躍?をみせられることになりますが、まあ、酷かったですね。

何が悲しいって、この「アフターアース」の監督をM・ナイト・シャマランがやっていることですよ。予告編で監督がシャマランということに一切触れられていないことにも驚きましたが、映画にシャマランの「色」というものが全くなかったのがとても残念だったし、ウィル・スミス親子の宣伝のための映画を撮ったというのが残念で仕方がありません。

「シックス・センス」を撮ってから、新しい作品を撮る毎に評価を落とし続け、前作の「エア・ベンダー」が本当のトドメになってしまったようです。「エアベンダー」の後編も製作される気配もありませんし...。

と、色々と映画を観ていて悲しくなってしまいましたが、ネットで見た興味深い記事があり納得したのですが、ウィル・スミスって、サイエントロジーらしいですね。そのため、この「アフターアース」のストーリーには、サイエントロジーの教えが組み込まれているらしいです。だから、トム・クルーズの「オブリビオン」と似ていたのかなとも思います。

唯一、この映画で面白かったシーンが、感情をコントロールし、恐怖心をなくしたウィル・スミスが、恐怖心のみに反応する化物の横を何事もなく歩き、退治していくシーンです。それだけ。

「アフターアース」のパンフレット

「トレーニングデイ」のアントワン・フークワ監督、ジェラルド・バトラー主演の「エンド・オブ・ホワイトハウス」を観てきた。

ストーリーは、
アメリカ独立記念日の翌日となる7月5日、綿密に練られたテロ計画によりホワイトハウスが襲撃、占拠される前代未聞の事態が発生。大統領を人質にとったアジア人テロリストは、日本海域からの米軍第7艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求する。誰もが手をこまねくなか、かつて大統領専属のシークレットサービスとして活躍していたマイケルが、難攻不落の要塞と化したホワイトハウスへの潜入に成功。大統領救出に向けて動き出す。

まあ、よくある話です。物語の主な流れは「ダイ・ハード」、「沈黙の戦艦」などと全く同じです。違うのは舞台がホワイトハウスで、主人公が元シークレットサービスということくらいで、後はラストまで「どこかで観たことがある話だな」というものとなります。そのため、「ダイ・ハード」、「沈黙の戦艦」等が大好きな人間にはとてもお勧めできる映画ですが、これらに全く興味がない人はスルーした方がよろしいということになりますね。

監督がアントワン・フークワということで、銃撃シーンや格闘シーンがとても迫力があり、銃殺、刺殺等のシーンがかなり本格的に描かれていたのが流石という感じで、とても見応えがありました。

それにしても主演のジェラルド・バトラーの出演映画を選ぶ基準がよく分からないんですよね。「オペラ座の怪人」のような大作に出演したかと思うと、全く注目されないような作品に出演したりと、自分のこだわりなのか、それともエージェントが弱いのか、とにかく意外な作品に出演してしまうことが多い俳優という印象をいつもまでも持ってしまうんですよね。

モーガン・フリーマン、メリッサ・レオ、アーロン・エッカート、アシュレイ・ジャッドといった面々が脇を固めているので、意外としっかりした映画になっていました。特に国防長官を演じたメリッサ・レオの演技には鬼気迫るものがありました。

ちなみに「エンド・オブ・ホワイトハウス」の原題は「OLYMPUS HAS FALLEN」。これはホワイトハウスがテロリストに襲撃され、占領された時にシークレットサービスの一人が口にしていましたが、ホワイトハウスが占拠されたという暗号として使われていました。

ホワイトハウスはこの後に「ホワイトハウス・ダウン」でまたしてもテロリストに占領されることとなります。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」のパンフレット

レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、ケリー・マリガン出演、バズ・ラーマン監督が往年の名作をリメイクした「華麗なるギャツビー」を観てきた。

ストーリーは、
1920年代の米ニューヨーク、ロングアイランド。宮殿のような豪邸に暮らし、素性も仕事も謎めいた大富豪のジェイ・ギャツビーは、毎夜のように豪華絢爛なパーティを開いていた。そんなある日、ギャツビーは、隣人の青年ニックに自らの生い立ちを語り始めるが、あまりにできすぎた物語にニックはギャツビーが何か隠し事をしていると直感する。やがてギャツビーは上流階級の令嬢デイジーに心ひかれていく。

以前にバズ・ラーマンとレオナルド・ディカプリオが組んだ「ロミオ+ジュリエット」が素晴らしかったということと、予告編も良かったので、かなり期待をして映画館に行ったのですが、観る前の期待が大き過ぎてしまったためか、映画を観終わった感想としては正直、微妙だったなというところです。

物語は至ってシンプルなもので、伏線等も特になく淡々と進んでいき、予想以上にディカプリオの純愛っぷりを観ることができたのには驚かされましたが、これは原作があるから仕方がないことなのでしょうね。

この映画で自分が釘付けになってしまったのが、キャリー・マリガンちゃんのエロさですね。今までにキャリー・マリガンちゃんが出演した映画では、そんなにエロさを感じたことはなかったけれど、この「華麗なるギャツビー」ではセレブな人妻を妖艶な魅力で演じ、衣装も豪華で今までとは違った印象を与えれくれたエロさには大満足でした。

確かに期待した内容ではなかったですが、2時間以上の上映時間も特に長くは感じなかったので、さらに観るのが辛いというわけでもありませんでしたので、あまり期待をしなければ楽しめるのでしょうが、多分、この映画は女性向けの映画なのでしょうね。

ただ、エンドロール時の主要キャストの名前の出し方のしつこさが、自分にはとても斬新に思えたので最後に心の中で「おおっ」と唸ってしまいました。まあ、これは絶対に伝わらないと思いますが。

「華麗なるギャツビー」のパンフレット

アレック・ボールドウィン、ペネロペ・クルス、ロベルト・ベニーニ出演のウッディ・アレン監督の最新作「ローマでアモーレ」を観てきた。

ストーリーは、
イケメンのローマっ子と婚約した娘のもとへやってきた元オペラ演出家、恋人の親友で小悪魔的な魅力を振りまく女優に恋した建築家の卵の青年、純朴な新婚カップルの宿泊先に現れたセクシーなコールガール、ある日突然、大スターに祭り上げられた平凡な男など、それぞれの人物が織りなす恋模様をユーモアたっぷりに描き出す。

前作の「ミッドナイト・イン・パリ」も素敵な映画でしたが、この「ローマでアモーレ」もとても素敵な映画でしたね。ここ最近で観た映画の中では一番好きな映画です。不思議なストーリー、コミカルな演技をしている俳優陣、流れて来ると心がウキウキしてくる音楽、全てが良かったです。まさに「ウッディ・アレンワールド炸裂!」といった映画です。

物語は、ウッディ・アレン演じる元オペラ演出家のジェリーが、娘の結婚相手の父親をオペラ歌手にしようとする話と、アレック・ボールドウィン演じる建築家がローマで昔の自分と会う話、ロベルト・ベニーニ演じるレオポルドがいきなり有名人になってしまう話、そして、田舎からローマに出てきた新婚夫婦にペネロペ・クルス演じる娼婦のアンナが絡んでいくという別々の4つの話が展開されていくこととなります。この4つの話は全く絡まないのに、作品として違和感なく成立していることがウッディ・アレンの手腕なのでしょうね。

そして、ペネロペ・クルス、アリソン・ピル、エレン・ペイジ等、出演している女優陣が全て魅力的で、周りの男性陣を振り回す展開がとてもおかしく、観ていてとても清々しい気分になりましたね。

それにしても自分がこんなにウッディ・アレンの作品を好きになるなんて、二十歳頃に「ブロードウェイと銃弾」を観て、面白さを全く理解できなかった時には想像もできませんでしたね。これも自分が歳を取った影響なのだろうけれど、人間、趣味嗜好は変わるものだと実感させられたよ。

今後もウッディ・アレンの作品には注目していきたいと思っています。

「ローマでアモーレ」のパンフレット

約4年ぶりに公開となる「G.I.ジョー」の続編の「G.I.ジョー バック2リベンジ」を観てきた。

ストーリーは、
パキスタンで極秘任務にあたっていた国際機密部隊「G.I.ジョー」は、米大統領の裏切りにより組織解体の危機にさらされる。「G.I.ジョー」の弱体化を受け、テロ組織「コブラ」が再び勢力を拡大。ロンドンをはじめとした大都市が陥落していく。孤立無援に追い込まれた「G.I.ジョー」は初代司令官ジョーをリーダーに迎え、世界の危機に立ち向かう。

この映画は本来であれば、半年くらい早く公開されている予定だったと記憶していますが、公開延期は何が原因かは分かりませんが、とにかく凄く酷い映画でしたし、とてもつまらない映画でした。

そもそも前作の内容を覚えていないので何とも言えないのですが、物語の冒頭で前作の主人公であろうチャニング・テイタムがあっさりと死んでしまい、その後はロック様中心の展開となりますが、これがグダグダ。唯一の助けがブルース・ウィリスの登場になるのですが、それでもグダグダの展開は最後まで続きました。

ただ、ブルース・ウィリスが、しかめっ面でマシンガンをぶっ放しているシーンをこの目に焼き付けられただけで、僕は満足なのですがね。

要するにそんな映画ですから、イ・ビョンホンのファンならば観ればいいのではないのでしょうか。

「G.I.ジョー バック2リベンジ」のパンフレット

1  2  3  4  5

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Powered by Movable Type 4.1