ジェームズ・マカボイ、マーク・ストロング出演の
リドリー・スコットが製作総指揮をした「ビトレイヤー」と観てきた。

ストーリーは、
警察官マックス・ルインスキーと大物犯罪者ジェイコブ・スターンウッドは、
かつて激しい攻防を繰り広げ、互いに心身に深い傷を負った因縁の間柄だった。
しかしある時、事件に巻き込まれたという息子からの連絡を受けたジェイコブが、
潜伏先からロンドンに戻ってくる。
マックスにとってはジェイコブを捕まえるまたとないチャンスだったが、
いつしか政府がらみの巨大な陰謀に巻き込まれたことに気づいた2人は、
互いが生き延びるため協力しあうことになる。

内容は警察と政治を舞台にした利権争いの話で、
まあ、最近の映画ではよく目にする内容の映画でしたが、
ロンドンを舞台にして、ほぼイギリス人俳優だけで
この映画を撮ったことに意味があるのでしょう、多分。

主役のマックスを演じたジェームズ・マカボイは、
これまでにも「ウォンテッド」や
X-MEN:ファースト・ジェネレーション」にも出演していましたが、
どうしてもジェームズ・マカボイが演じているのを最初に観た
「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」のタムナスさんにしか見えないんだよね。
そのため演技が上手いとか下手ではなく、そこにタムナスさんがいるっていう感覚に陥り、
何だかほんわかとした気分になってしまうんですよね、困った事に。

そしてスターンウッド役のマーク・ストロング。
個人的にこの俳優は好きです。
強面の顔からして、あまり役に融通が利かなそうなのですが、
これがどうして、「ゼロ・ダーク・サーティ」や「裏切りのサーカス」といったように
意外と幅広い役をこなし、どれもいい味をだしているから不思議です。

ただ残念だったのが、マックスとスターンウッドの因縁が薄くしか描かれていなく、
なぜ、二人がここまで惹かれ合うことになるのかの説明が弱かったんだよね。
まあ、あえてこういう風な描き方にしたのかもしれないけれど、
自分はこの店はもっと突っ込んで欲しかったなと思っております。

本当によくある話の映画ですが、
美しい夜のロンドンの街並が何度も登場していたので、
ロンドンが好きな人には、胸を張ってお勧めできると思います。

最後に、この映画の原題は「WELCOME TO THE PUNCH」。
「PUNCH」とは貨物船が港に運んできたコンテナを積んでおく場所のこと。
この「PUNCH」が物語の中で重要な場所となるので、この原題は納得ですが、
邦題の「ビトレイヤー」に関しては...です。

「ビトレイヤー」のパンフレット

ショーン・ペンが実在したギャングのミッキー・コーエンを演じた
「L.A.ギャングストーリー」を観てきた。

ストーリーは、
ドラッグや銃器取引、売春で得た金を使い、
警察や政治家をも意のままに操る大物ギャングのミッキー・コーエンは、
自らを「神」と豪語し、ロサンゼルスを支配する。
しかし、そんなコーエンを打ち破るべく、6人の警察官が立ち上がる。
警察当局は一切の責任を負わないという命がけの任務に就いた6人は、
警察官という素性も名前も隠し、コーエン率いるギャング組織へ戦いを挑む。

この「L.A.ギャングストーリー」は、
マイケル・マンが撮るような硬派な映画だと思っていたら、
所々に軽く描かれている箇所があって、とても中途半端な映画になっていました。

予告編では「ロス市警がキレた!」という煽り文句だったので、
身分を隠した6人の警官達がどんな無茶な戦いを挑むのかと思っていたら、
至って普通の襲撃の数々に、逆の意味で驚かされてしまったよね。

主演のジョシュ・ブローリンは、本当に映画の舞台となった
1940年代から連れてきたような顔立ちで頑張っていましたが、
いかんせん地味過ぎましたよ。

大物ギャングのミッキー・コーエンを演じたショーン・ペンの演技も
今までのショーン・ペンが演じてきた素晴らしい役の数々とは違って、
かなり違和感のあるキャラクターで、
何だか期待していただけに微妙な気持ちになってしまいました。

それとは逆にジェリー・ウォーターズ役のライアン・ゴズリングは良かったです。
ドライヴ」、「スーパー・チューズデー 正義を売った日」でもそうでしたが、
さらに「L.A.ギャングストーリー」では圧倒的な存在感がある俳優になっていました。

ライアン・ゴズリングは今後も期待して観ていきたいと思います。

あと、「テッド」にテッドをさらおうとする親子の父親役のジョバンニ・リビシが
ギャングに戦いを挑む警察官役で出演していたのが印象的でした。

もっと骨太な作品だと期待していただけに、
映画を観終わった後はかなり残念な気持ちになってしまいましたね。

この「L.A.ギャングストーリー」を観るのであれば、
同じ「L.A.」がタイトルに付く「L.A.コンフィデンシャル」の方を
僕はお勧めしたいと思います。

「L.A.ギャングストーリー」のパンフレット

アイアンマン3

|

アイアンマン」シリーズの第三作目となる、
ロバート・ダウニーJR主演の「アイアンマン3」を観てきた。

ストーリーは、
人類滅亡の危機を救ったアベンジャーズの戦いから1年。
トニー・スタークはアイアンマンスーツのさらなる開発に没頭していたが、
合衆国政府は国家の命運をヒーローという個人の力にゆだねることを危惧していた。
そんな時、謎のテロリスト、マンダリンが動き出し、
その壮絶な攻撃の前にトニーは全てを失ってしまう。

物凄い派手で、観る前の期待を裏切らなかった映画でした。

ただ、シリーズも三作目ともなると、
映画を観る方も普通の事では驚かなくなってきているので、
もはやこの「アイアンマン3」の世界では何でもありになっていましたね。

アイアンマンスーツも「マーク42」まで作られていたし、
スーツの中にトニーが入らないで、遠隔操作ができるようになっていたし、
スクリーンにこれでもかとアイアンマンが登場して、「おいおい」となったし、
敵が「X-MEN」に登場しそうなキャラだったりと、とにかく突っ込み所も満載でした。

そして、「アイアンマン3」に登場する敵の二人の俳優も強烈でした。

まず、マンダリン役のベン・キングズレー。
予告編で観た時は、何でこの典型的な悪役を受けたのだろうかと疑問でしたが、
実際に映画を観てみると、一番おいしい役だったのではないかと思うくらい、
素晴らしいキャラクターでしたね(というか反則です)。

そして、キリアン役のガイ・ピアース。
映画の冒頭に登場した時の姿と、その後に登場した時の姿のギャップに驚きましたが、
それ以上に、ガイ・ピアースがハリウッド大作の映画の悪役を演じている事の方に、
驚きを感じながら映画を観ていました。

物語は「アベンジャーズ」の戦いで受けた影響を払拭できないでいる
トニーが葛藤し続け、復活するまでの姿が描かれているので、
やはり「アイアンマン」シリーズと「アベンジャーズ」は
観ておいた方が絶対に楽しめる内容ですね。

ロバート・ダウニーJRが「アイアンマン」出演時に交わした契約によると、
「アイアンマン」3作と、「アベンジャーズ」の計4本の契約だったようなので、
この「アイアンマン3」で一応、一区切りとなったようです。

ただ、ドル箱のシリーズですし、「アベンジャーズ2」の公開も決定しているので、
何の問題もなく、ロバート・ダウニーJRがアイアンマンとして帰ってくると思います。
まあ、エンドロールでも「007」みたいな感じのメッセージが出てましたしね。

今後も「ウルヴァリン:SAMURAI」、「マイティ・ソー2」と
マーヴェル作品の公開が続くので、楽しみに待ちたいと思います。

「アイアンマン3」のパンフレット

シュワちゃんの主演復帰第一作目となるアクション映画
「ラストスタンド」を観てきた。

ストーリーは、
ロサンゼルス市警の敏腕刑事として活躍していたオーウェンズは、
今では第一線を退き、メキシコとの国境に近い田舎町で保安官を務めていた。
そんなある日、逃走した警官殺しの凶悪犯が町に向かっているとの知らせが入り、
警察やFBIの応援も間に合わないと知ったオーウェンズは、
戦闘経験のない部下や町の仲間、銃器オタクらでチームを組んで凶悪犯を迎え撃つ。

8年に渡り、カリフォルニア州の知事を勤め、
ようやくハリウッドに帰ってきたシュワちゃん。

最近では、「エクスペンダブルズ」に友情出演していましたが、
久々にハリウッドのアクション映画で主演を張り、
昔のようにドンパチしまくってくれるのは嬉しいけれど、
やはりまだリハビリ中なのか、「ラストスタンド」のシュワちゃんは歳のせいもあり、
動きがかなりスローで、往年の勇姿を拝む事はできなかったですね。

それでもいいんです。
シュワちゃんがショットガンをぶっ放している姿を拝めるだけで、僕は幸せでしたよ。

今までのシュワちゃんの映画では、
あまり見られなかったカーアクションがあったりしましたが、
やはり一番の目玉はラストのシュワちゃんと敵との肉弾戦。

さすがに歳の影響もあり押されているシーンもありましたが、
ここで気になったのがシュワちゃんの戦っている姿よりも、
戦っている場所の背景がCGっぽかったことです。

それよりも気になったのが、
脇役として「JACKASS」のジョニー・ノックスビルが
銃器オタクとして出演していたことですよね。

シュワちゃんとジョニーの共演。
こんな映画が観られるとは夢にも思いませんでしたよ。

で、繰り返しになりますが、この「ラストスタンド」のシュワちゃんはリハビリ中。
それでも普通に楽しめる映画だったのは間違いないので、
新しいシュワちゃんの姿を観に行くと思えば何の問題もなく楽しめると思います。

「ラストスタンド」のパンフレット

ダニエル・デイ=ルイスが3度目のアカデミー賞主演男優賞を受賞した
スティーブン・スピルバーグ監督作の「リンカーン」を観てきた。

ストーリーは、
貧しい家に生まれ育ち、ほとんど学校にも通えない少年時代を送ったリンカーンだが、
努力と独学で身を立て大統領の座にまでのぼりつめる。
しかし権力の座に安住することなく奴隷解放運動を推し進めたリンカーンは、
この運動が引き起こた南北戦争で国が2つに割れるという危機にも直面していく。

今年の2月に行われたアカデミー賞の主役だった「リンカーン」ですが、
リンカーンが暗殺された4月15日に合わせ、
日本での公開を4月19日にしたのかは分かりませんが、
いかんせん公開するのが遅れたせいか、あまり話題になっていない印象があります。

映画を観る前はリンカーンの幼少期から暗殺されるまでを
150分の上映時間を使って描いているのだろうと思いましたが、
実際の映画の内容は、南北戦争終盤の奴隷制度廃止法案の修正案が通るかどうか、
共和党がいかに票を集めるかがメインとなる28日間が描かれていました。

そのため、リンカーンがどのように大統領になったかは全く触れられていないので、
映画が始まる前に監督のスピルバーグが登場し、
「ハロー、ジャパン」と語りだし、この時代の背景を説明していました。

似たようなことは「レッド・クリフ」でもありましたね。

自分もリンカーンについてはそれほど明るくないのですが、
最近、「リンカーン/秘密の書」を観たお陰で、だいたいの内容は理解できました。

肝心の内容ですが、「いいお話だったなあ」というのが正直なところです。

決してつまらないわけではないのですが、
法案が通ることも、リンカーンが暗殺されることも最初から分かっているので、
自分の中ではあまり盛り上がるところがなく、淡々と物語が進んでいきました。

それでも上映時間が150分もあったのに、全く長く感じなかったのは、
スピルバーグの手腕と、ダニエル・デイ=ルイスの演技力のお陰だと思います。

リンカーンの息子役のジョセフ・ゴードン=レビットと
民主党の切り崩しを行っていたジェイムズ・スペイダーの二人が
脇役で出演していましたが、二人ともいつもとあまりにも顔が違っていたので、
エンドロールまで全く気がつかなかったです。

特にジェイムズ・スペイダーの変わりっぷりには驚愕させられましたね。

繰り返しになりますが、この「リンカーン」はとても良いお話だったので、
南北戦争に興味がある方、奴隷制度にも興味がある方、リンカーンが大好きな方、
スピルバーグ作品好き、ダニエル・デイ=ルイス好きにはお勧めできますが、
ヴァンパイ好きの方には「リンカーン/秘密の書」の方をお勧めします。

リンカーンのパンフレット

あんど慶周先生の名作「究極!!変態仮面」がまさかの実写化されてしまった
今、巷の話題を独占している「HK 変態仮面」を観てきた。

ストーリーは、
ドMの刑事とSM女王を両親に持つ紅游高校拳法部員の色丞狂介は、
転校生の姫野愛子に一目ぼれしてしまう。
そんなある日、愛子が銀行強盗に巻き込まれ、人質にとられる事件が発生。
覆面を被って強盗を倒そうとした狂介は、間違って女性用パンティを被ってしまう。
しかしその瞬間、狂介の奥底に眠っていた変態の血が覚醒。
人間の潜在能力を極限まで引き出した超人「変態仮面」に変身する。

実写化のニュースを目にした時から、映画を観たくて観たくてたまらなくなり、
仕事帰りに「新宿バルト9」に向いましたが、
平日の19時30分の回のチケットを30分前に購入しようとしたら、
まさかの残席が4席しかないという大人気ぶり。

そして自分がチケットを購入してすぐ後に「変態仮面のチケットは完売しました」という
アナウンスがロビーで何度も連呼されていたのには笑いました。

やはり「HK 変態仮面」が上映されている映画館が物凄く少ないため、
変態どもが新宿に集結してしまっていたようですね。

この日、「HK 変態仮面」を観に来ていた客層のほとんがサラリーマン。
そして意外なことに女性客も多く、男女比は7:3といったところでしょうかね。

映画の冒頭から完全にマーヴェルのオープニングをパクった、
ジャンプコミックがパラパラとめくれながらスタートし、
内容も突っ込み所満載の映画でしたが、
「究極!!変態仮面」を好きな人には大満足の内容でしょう。

「フォォォォォォ」と叫びながら変身するシーンや、
「それは私のおいなりさんだ」の決め台詞、
「地獄のタイトロープ」などの必殺技を実写で観ることのできる幸せを噛みしめながら、
「HK 変態仮面」を観させて頂きました。

確かに物語途中の真面目仮面が登場した辺りから、中だるみ感が出てきましたが、
それでも偽変態仮面との戦いが始まってからは大爆笑の連続でしたし、
どこからどう見てもド変態同士の戦いなのに、見応えがありました。

上映が始まってから終了するまで、映画館の中は常に笑い声が起きていて、
時には女性客から「最低!」という声まで聞こえてきました
(決して引いているわけではない)。

それくらい観客の心を鷲掴みにして放さなかった素晴らしい映画だったのでしょうね。

主演の鈴木亮平という役者は初めて観ましたが、
素晴らしい肉体を披露し、変態仮面のイメージを壊さず演じきったのは見事でした。

「HK 変態仮面」の製作側もまさか大ヒットするとは思わなかったのか、
パンフレットを始めとしたグッズがほとんど作られていなかったのは残念でした。

作っていれば映画を観たほとんどの人は絶対に購入したと思うのですがね。

多分、DVD化される際には、パンティ付の限定版が出ると思うので、
もし本当に発売されたら購入しようかなと思っています。

映画を観に行った「新宿バルト9」のロビーが「変態仮面」仕様になっていました。

HK 変態仮面

 

壁に変態仮面が描かれていたり、

HK 変態仮面

 

特注の変態仮面のフィギュアが飾ってあったり、

HK 変態仮面

 

あんど慶周先生が描いた主人公の鈴木亮平のイラストもありました。

HK 変態仮面

 

とにかく「新宿バルト9」では「変態仮面」がヤバい事になっています。

デビット・クローネンバーグ監督の最新作で、
ロバート・パティンソン主演の「コズモポリス」を観てきた。

ストーリーは、
ニューヨークの青年投資家エリック・パッカーは、28歳にして巨万の富を築きあげ、
金の動きに一喜一憂しながら、愛人たちとの快楽にふける毎日を送っていた。
しかし、そんなエリックの背後に暗殺者の影がちらつきはじめる。

主人公のエリックは物語のほとんどをリムジンの中で過ごしていて、
そのリムジンにエリックの様々なブレーンが乗り込み、エリックに必要な情報を与え、
投資の失敗により全てを失ったエリックの人生に対する考えが変わっていく様と、
貧富の差が極限まで達し、リムジンの外で巻き起こっているデモの騒然さと、
リムジンの中の静寂さの対比が「格差」を象徴している様子が描かれた映画だった。

と、↑こんな風に映画を観終わった今、かなり頑張って物語をまとめてみたけれど、
映画を観ている最中は、こんな感想は全く持たず、とにかく退屈な映画でしたよ。

荒木飛呂彦先生が勧めていたり、
ロバート・パディソンの衣装をグッチが提供しているという事に
(ロバート・パディソンは普段からグッチから衣装の提供を受けているらしい)、
興味を惹かれていたのですがね...。

まず、何を言いたいのかが全く分からないので、
ただ、リムジンに次から次へと乗り込んで来る人の難しい話を聞かされ続け、
これが自分にはラリホーに感じてしまい、途中に意識を数分失っていたと思います。

自分が命を狙われているのに「床屋」に行くためにリムジンで移動することや、
何度か登場する妻に「セックスをしよう」と常に話しかけるやり取りや、
リムジンに乗り込んで来るブレーンとの難しい会話の所々に、
多くのメタファーが仕込まれているようでしたが、自分には全く分かりませんでしたね。

ジュリエット・ビノシュやマチュー・アマルリック、ポール・ジアマッティといった、
名優が脇を固めていただけに何だか残念な気分になってしまいました。

この「コズモポリス」は二度と観ることはないでしょうね。

本当に別の意味で衝撃でした。

コズモポリスのパンフレット

ジャッキー・チェンがアクション大作からの引退を発表し、
最後のアクション大作となったらしい「ライジング・ドラゴン」を観てきた。

ストーリーは、
諸外国の度重なる侵攻により国外に散ってしまった中国・清時代の秘宝を集めるため、
アンティークディーラーのマックスプロフィット社は、
「アジアの鷹」と呼ばれる世界を股にかけたトレジャーハンターのJCを雇う。
JCはチームを結成し、十二支の動物にまつわるそれらの秘宝を集めるため世界を駆けめぐるが、
行く先々で強敵が立ちはだかる。

これ、映画を観ている時には気がつかなかったけれど、
サンダーアーム/龍兄虎弟」、「プロジェクト・イーグル」と同じく
「アジアの鷹」を主人公にした正式なシリーズの続編だったようですね。

ジャッキーの役名が「JC」となっていたことと、
二作ともかなり前の作品だったので、気がつきませんでしたわ。

映画の冒頭は「007」シリーズと同じように、
ド派手なアクションシーンで開始となりましたが、
全身にローラーを付けたジャッキーが延々と続く坂道を全身を使い、
敵から逃れるために色々な格好で滑り抜けていく、
予告編でも流れていた目玉のシーンだったのですが、
これが疾走感が全く感じられなくて、思わず力が抜けてしまいましたね。

まあ、ジャッキーの映画らしいといえば、らしいのですがね。

他にも色々と突っ込みどころがある映画だったのですが、
少し驚かされたのが結構、政治色が強い映画だったということです。

過去に植民地から持ち出された国宝の扱い対する、
ジャッキーからの明確なメッセージが映画では描かれていましたからね。

政治色がかなり強めでも、娯楽作品にしてしまうのもジャッキーの腕なのでしょうね。
エンドロールのNG集も健在でしたし。

今作でもジャッキーが乗っていた車は三菱のパジェロだったので、
まだジャッキーの三菱好きが続いていたのにはホッとさせられました。

「ライジング・ドラゴン」でアクション映画からの引退を表明したジャッキーですが、
確か10年以上前にもアクションは引退し、後継者を育てるみたいなことを言っていて、
これは多分、今になっても実現はしていないので、
今回も良い意味でこの引退表明を反故にしてもらいと思います。

「ライジング・ドラゴン」を観て、
今は過去のジャッキーの映画を見返したい衝動にかられています。

いい機会だから、ゴールデンウィークにまとめて見ようかな。

ライジング・ドラゴンのパンフレット

あのヒッチコックが名作「サイコ」を撮る際に起きた苦悩を通し、
妻のアルマとの関係に焦点を当て、ヒッチコック本人の心の葛藤を描いた
アンヴィル」のサーシャ・ガヴァシ監督の「ヒッチコック」を観てきた。

ストーリーは、
1959年。
作品の高評価とは裏腹にアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコックは、
後にサスペンス映画の金字塔と称される「サイコ」の製作に着手。
しかし独創的かつ奇抜であるがゆえに資金繰りは難航し、数々の困難に見舞われる。
さらに、常に彼を支え続けてきた最大の理解者である妻アルマとの関係まで
ほころびが生じてきてきてしまう。

自分はヒッチコックの「裏窓」を小学生の時にビデオで見て、
物凄い衝撃を受けたのを覚えていますし、
その後、「サイコ」、「北北西に進路を取れ」などはもちろん、
有名な作品を片っ端から見まくったもんです。

ヒッチコックの作品はかなり知っていはいても、ヒッチコック本人については、
自分の作品にカメオ出演する太ったおじさん程度にしか知らなく、
「ヒッチコック」を観ることにより、ヒッチコックの人となりが分かると思い、
映画館に行ってきました。

物語は「サイコ」を撮る際の苦労がメインに描かれていて、
そして妻のアルマとの関係も描かれ、
ヒッチコックにとって、いかにアルマの存在が重要だったかを理解することができます。

映画を観る前はヒッチコックは天才で苦労知らずだと思っていたし、
「サイコ」もこんなに難産の末に生まれた作品だったとは思わなかったので驚きでした。

「サイコ」のあの有名なシャワーシーンがどのように生まれたのかも描かていて、
さらにあのシーンの音響もなぜあの音響になったのかが分かり、
映画を観ていて非常に興味深いものがありました。

そして、映画を引き締めていたのは、
ヒッチコックを演じたアンソニー・ホプキンスと
妻のアルマを演じたヘレン・ミレンのベテラン二人の圧倒的な演技でした。

女好きで身勝手で気の小さそうなヒッチコックを演じきった、アンソニー・ホプキンス、
そして、そのヒッチコックに呆れつつも決して見捨てなく、
優しい愛情で支え続けたアルマを演じたヘレン・ミレンは見事でした。

あと、スカーレット・ヨハンソンとジェシカ・ビールの綺麗所二人が
何かエロくて良かったです。

ヒッチコックを知っている人なら問題なく楽しめる映画ですし、
ヒッチコックを知らない人も、「サイコ」を見てから映画館に行けば、
ある程度、話の展開は分かると思うので、お勧めできる映画ですよ。

ヒッチコックのパンフレット

相棒」の伊丹刑事を主人公にした
スピンオフ作品の「相棒シリーズ X DAY」を観てきた。

ストーリーは、
不正アクセスと機密情報漏洩の疑いで
サイバー犯罪対策課がマークしていた男が死体で発見され、
伊丹と岩月が捜査にあたる。
しかし、目に見えない圧力が2人の捜査を難航させ、
やがて事件の裏でうごめく政官財の権力構造と、
金融封鎖計画「X DAY」の存在が明らかになっていく。

同じく「相棒」のスピンオフ作品だった、
前作の「鑑識・米沢守の事件簿」が面白くなかったので、
今回の「相棒シリーズ X DAY」には、ほとんど期待をしていませんでしたが、
物語の前半こそ退屈でしたが、後半は「相棒」シリーズと同じように
実際に起きそうな事案を扱い、物語は現実的な答えに上手く着地していました。

主演の川原和久が演じた伊丹刑事はいつも通りで安定していましたが、
伊丹刑事の相棒となる岩月刑事を演じた田中圭の演技が
最初は軽過ぎるなと感じましたが、これも物語の終盤になってくると、
不思議と二人の息がぴったり合っているように感じられましたね。

それでも終盤の伊丹が逃走した人間を追っているシーンで、
ジェラルミンケースから大量の一万円札が吹き出すシーンが、
あまりにも不自然で、エアーを使っているのがバレバレだったのには、
思わず吹き出して笑いそうになりましたよ。

とまあ、突っ込みどころは多々ありましたが、
「相棒」シリーズが好きな人なら見逃さない方がいいと思います。

僕は木村佳乃の演技がドラマと同じく全くぶれていなかったことに
とても満足しています。

相棒シリーズXDAYのパンフレット

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Powered by Movable Type 4.1