ウェス・アンダーソン監督の話題の最新作、
ムーンライズ・キングダム」を観てきました。

ストーリーは、
周囲の環境になじめない12歳の少年サムと少女スージーは、
ある日、駆け落ちすることを決意。
島をひとりで守っているシャープ警部や、ボーイスカウトのウォード隊長、
スージーの両親ら、周囲の大人たちは2人を追いかけ、
小さな島に起こった波紋は瞬く間に島中に広がっていく。

この「ムーンライズ・キングダム」が
自分にとって映画館で初めて観るウェス・アンダース監督の作品となりましたが、
まるでお伽話を読んでいるかのような不思議な映画でしたね。

友達が少ない12歳の少年と少女が駆け落ちをするという非現実的な話だけど、
この二人の駆け落ちという事件をきっかけにして、
二人を嫌っていた子供達が変わっていき、
さらに大人達の行動も変わっていくというストーリーの流れは、
最初は正直、退屈で眠かったのですが、途中からどんどん引き込まれていき、
物語が終わった時にはとても心地よい気持ちになっていました。

駆け落ちをするサム役の男の子が、見た目はもろ草食系なのに、
行動は信じられない程、大胆でスージーをリードしていく様は、
ただのませガキのようでもあり、行動力があって頼もしい姿でもあって、
周りの不器用な大人達とは対照的で、恋に対し本能的に動いている姿は、
圧倒的でもあり、たくましさを感じさせてくれましたね。

また、一心不乱にダンスを踊り続ける姿や、
スージーにカナブンを使ったグロテスクなイヤリングをプレゼントしたりして、
笑わせてくれ、まるでドリフのコントを見ているようなおかしさもありました。

頼りない警察役のブルース・ウィリスがサムと触れ合うことで、
スージーの両親役のアダム・サンドラーとフランシス・マクドーマンの二人も、
お互いが娘のスージーと正面から向き合うことにより、
変わっていく様子が手に取るように分かり、最後にほんの少しの感動をくれました。

エドワート・ノートンが情けない隊長として登場するボーイ・スカウトの制服や、
福祉局役のティルダ・スウィントンのレトロな制服、
ナレーター役のボブ・バラバンの赤いコートなどの衣装が素敵で、
さらに物語内に出てくる建物の色使いが素晴らしかったのが印象的です。

この「ムーンライズ・キングダム」のバッグや帽子等のグッズが
エディフィスで販売されているらしいので、少し気になっています。

とても素晴らしい映画だったこの「ムーンライズ・キングダム」の脚本が
アカデミー賞の脚本賞にノミネートされているようなのですが、
めだたく受賞となれば、これはとても素敵なことだと思います。

ムーンライズ・キングダムのパンフレット

ベルセルク黄金時代編三部作の完結編となる
ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨」を観てきた。

ストーリーは、
反逆罪で捕らわれたグリフィスを奪還するため、キャスカら鷹の団の残党は、
グリフィスが幽閉されているミッドランド王都ウインダムの「再生の塔」を目指す。
修行の旅を経て成長したガッツの力もあり、一行はグリフィス奪還に成功するが、
しかし、両手両足の腱を切られ、舌を抜かれて無残な姿になったグリフィスに、
かつての夢を追う術は残されていなかった。
やがて、すべてに絶望したグリフィスの下に
失われていた「覇王の卵」真紅のベヘリットが戻り、216年の一度の「蝕」が起こる。

いや〜、遂に「蝕」が来ちゃいましたね。

グリフィスの救出から始まり、「蝕」までの流れも
前二作の「ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵」、
ベルセルク 黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略」と同じように、
テンポが良いダイジェスト版といった感じで進んでいき、
ガッツや鷹の団が破滅していく様やエログロが正面から描かれていました。

ベヘリットがグリフィスの手に再び戻り、遂に「その時」が起きる瞬間に、
近くに座っていた人から「ああ〜」という呟きが漏れていたのが印象的でした。

「ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨」を観に行ったのがレディースデイだったためか、
観客の9割が女性という予想外の客層だったので、
違う意味で「蝕」を観ていて、ドキドキしてしまいましたよ。

丸一年かけて「黄金時代篇」を映画化したわけですが、
「よく最後まで描ききったな」というのが3部作を観終わった感想です。

「黄金時代篇3部作」とも、かなり出来がよかったので、
続編も映画化して欲しいのですが、続編のニュースは全く聞こえてこないんですよね。

映画化が難しようであれば、
OVAでもいいので同じキャストで製作を続けて欲しいものです。

それにしても「蝕」の映像は強烈でしたね。
まだ脳裏に焼き付いていますよ。

ベルセルク 黄金時代編Ⅲ 降臨のパンフレット

リー・チャイルド原作の「ジャック・リーチャー」シリーズ
トム・クルーズ主演、クリストファー・マッカリー監督で映画化した
アウトロー」を観てきた。

ストーリーは、
米ペンシルバニア州ピッツバーグの郊外で、
白昼に6発の銃弾が放たれ5人が射殺される事件が発生。
元米軍スナイパーのジェームズ・バーが逮捕されるが、
かつて米軍で秘密捜査官を務めていたリーチャーは事件の不審な点に気づき、
真相をあぶりだしていく。

予告編を観て、あまり期待をせずに映画館に行きましたが、
そんなにつまらなくなく、かといってそんなに面白くもない映画でした。

まず何より敵のキャラクターが弱過ぎて、どんどんやられていき、
極めつけが黒幕の偉そうなお爺ちゃんが何のために存在したのかが
全くもって理解できなかったですよね。

まあ、主演のトム・クルーズが目立つように敵役が弱くされているのだろうけど、
物語内の主役はジャック・リーチャーというキャラクターではなく、
まさにトム・クルーズそのものといった感じでしたよ。

そんな既視感溢れる空気を一変してくれたのが、
中盤に登場した射撃場のオーナー役で登場したロバート・デュバル。

今までの物語の流れを完全に無視したキャラクター、行動が、
バカなアメリカ映画といった感じで、個人的にツボにはまりました。

多分「アウトロー」って、続編が作られるだろうから、
その時はトム・クルーズ主演じゃなくて、ロバート・デュバル主演でお願いします。

あと見所だったのが、弁護士のヘレンを演じたロザムンド・パイク。

物語の折り返しくらいから、なぜか胸元が大きく開いた衣装になり、
フーターズガールばりに胸を強調したポーズを取り始め、
さらに走るシーンで大きく揺れていたのがとても印象的で釘付けになりました。

ロザムンド・パイクって、ちょっと馬面っぽいけれど、
自分、この女優さん結構好きみたいです。

肝心の内容ですが、物語の展開もラストも「う〜ん」という感じでしたが、
トム・クルーズ好きなら裸も拝めるので楽しめると思います。

まあ、繰り返しになりますが、黒幕のお爺ちゃんの意味は分かりませんが・・・。

それにしても邦題の「アウトロー」ってのはどうなのでしょうかね。
これが一番、映画を観ていて気になりました。

アウトローのパンフレット

誉田哲也原作の「インビジブルレイン」を映画化した
竹内結子、西島秀俊主演の「ストロベリーナイト」を観てきた。

ストーリーは、
警視庁捜査一課の刑事・姫川玲子率いる姫川班の管轄で連続殺人事件が発生し、
警察は合同特別捜査本部を設置する。
やがて姫川のもとに「犯人は柳井健斗」という垂れ込み情報が入るものの、
上層部から「柳井健斗には触れるな」という不可解な指示が下る。
納得できない姫川は単独で捜査を進め、その過程で牧田という男と出会うが・・・。

何で姫川玲子シリーズの4作目がいきなり映画化されたのか不思議だったのですが、
ストロベリーナイト」って、ドラマ化されてたんですね。
知りませんでした。

かなり前に原作の「インビジブルレイン」を読んでいたため、
おぼろげにしか内容を覚えていませんでしたが、
映画を観終わった感想としては、原作の雰囲気を壊すことなく、
非常に見応えのあった映画だったなと思います。

ただ、いくつか細かい部分が説明されていないので、
原作を読んでいないと意味が分からないまま話が進んでいってしまうと思われますね。

映画を観る前は、牧田を大沢たかおが演じるというのに
「違うんじゃないかな〜」と思っていましたが、
この点も特に違和感なく映画を見続けることができました。

是非、時間があったらドラマ版を見てみたいと思っていますが、
果たしてどこまで描かれているのかが気になる所です。

この「ストロベリーナイト」にて、久しぶりに金子賢の姿を見ることができましたが、
もう格闘技はやらないのでしょうかね?

前田日明との関係がどうなったのかが気になりますが、
金子賢が出演している映画では「キッズ・リターン」が好きです。
それ以外は映画で観たことはないのですが・・・。

それにしても最近の警察物の映画やドラマは警察内部を舞台にしたものが多いですね。
もっと単純に犯人とドンパチやっている簡単な話の方が、
今となっては逆に新鮮に映るかもしれませんが、どうでしょうか。

そういえば、原作の「インビジブルレイン」の巻末に
作者の誉田哲也と竹内結子の対談が収録されていて、
その中で誉田哲也氏が「姫川玲子を殺してしまってもかまわない」的な
発言をしていたのが物凄く印象に残っています。

今後、姫川玲子シリーズがどのように展開していくかが楽しみです。

ストロベリーナイトのパンフレット

ヤン・マーテルのベストセラー「パイの物語」を
アン・リー監督が映画化した「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」を観てきた。

ストーリーは、
1960年インド・ポンディシェリに生まれた少年パイは、
父親が経営する動物園でさまざまな動物たちと触れ合いながら育つ。
パイが16歳になった年、両親はカナダへの移住を決め、
一家は動物たちを貨物船に乗せてインドをたつが、洋上で嵐に遭遇し貨物船が沈没。
必死で救命ボートにしがみついたパイはただ一命を取りとめるが、
そこには体重200キロを超すベンガルトラがいた。

実話だと勝手に思いこみ映画を観に行ったのですが、
どうやら違っていたようで、この時点で肩すかしを喰らってしまい、
このどうしようもない理由が影響してしまったためか、
映画を観る前は物凄く期待し、号泣する準備もできていたのですが、
映画を観終わった感想としては、あまり感動することもなく、
残念ながら至って普通の映画という感想に落ち着いてしまいましたね。

さらに予告編ではアン・リーが描く映像美もかなりプッシュしていましたが、
自分的には同じアン・リーの「グリーン・ディスティニー」の方が美しく感じました。

でも、確かに映像はとても綺麗だったし、
物語もそれなりに面白かったので、良い映画だったと思いますよ。本当に。

ただ、メインとなる遭難シーンになるまでに、かなり時間がかかり、
遭難の最中も意外にもそんなにサバイバルという感じがしなかったけれど、
それでも「どういう結末になるのだろうか」と、物語に引き込まれていましたが、
島が出てきてからは、一気に醒めてしまいましたね。

そして物語の終わり方も考えさせられるというか、モヤモヤしたままというか、
とにかく予想は完全に裏切られました。

と、まあ色々と述べさせて頂きましたが、
良い映画なのは間違いないと思うので、映画を観て損はないと思いますよ。

あと自分は3Dの映画には否定的なので2Dで観ましたが、
この「ライフ・オブ・パイ」は3Dで観る方がいいかもしれません。

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日のパンフレット

セス・マクファーレン監督、マーク・ウォールバーグ主演の
R指定の話題作「テッド」を観てきた。

ストーリーは、
いじめられっ子の少年ジョンは、クリスマスにプレゼントされたテディベアのテッドと
本当の友だちになれるよう、神様に祈りをささげる。
すると翌日テッドに魂が宿り、2人は親友になる。
それから27年が過ぎ、ジョンとテッドはともに30代のおじさんになっていた。
一時は「奇跡のテディベア」としてもてはやされたテッドも、
幻惑キノコで逮捕されてからは堕落し、下品なジョークと女のことばかり考える日々。
そんなある日、ジョンは4年間つきあっている恋人から、
自分とテッドのどちらかが大事なのか選択を迫られ・・・。

物凄くお下劣で、良い意味でくだらない映画でした。

テレビCMを見て、話ができるクマのぬいぐるみが大人になったというだけの情報で
この「テッド」を観に行くと、多分、大変なことになると思います。

高校生カップルが初めてのデートでこの「テッド」をチョイスしてしまった日には、
映画を観終わった後にはとんでもないことになりそうですよ。

下ネタ、放送禁止用語のオンパレードに始まり、
フラッシュゴードン」を始めとしたアメリカの80年代のテレビネタの数々、
そして最後の最後のオチは、現在のアメリカのエンターテイメントに
精通していなければ絶対に分からないであろうネタだらけだったので、
日本人で全てを理解できる人は、ほとんどいないのではないでしょうかね。

そんな「テッド」を観ていて一番気になったのが字幕。

劇中にいきなり「くまもん」や「ガチャピン」、「星一徹」などの字幕が表れ、
「ええ〜」と、どん引きさせてくれて、物語に入っていくのに苦労しました。

何でも、アメリカ特有のギャグ等の表現を分かりやすくするという目的で、
上記のような例えを用いたようなのですが、本当にがっかりさせられましたね。

今まで映画を観て字幕が気になったことはなかったのですが
(「ロード・オブ・ザ・リング」の戸田奈津子の字幕も気にはなりませんでした)、
この「テッド」の字幕は完全に物語の邪魔をしていた最低の字幕でした。

この字幕を許可した日本の配給会社は
何を考えているのかが不思議で仕方がありません。

これ、DVDが発売される時には違う人の普通の字幕も付けて販売しないと、
一悶着あるような気がしますよ。

肝心の物語は、至って普通の内容で、
日本で例えるなら「夢をかなえるゾウ」のガネーシャをテッドに置き換え、
さらにドタバタな内容になったという感じでしょうかね。

あと、ライアン・レイノルズが
ゲイのちょい役で出演していたのが面白かったです。

最後にミラ・クニスのキャリアウーマン姿は良かったですね。

テッドのパンフレット

ライアン・ジョンソン監督、ジョセフ・ゴードン=レビット、ブルース・ウィリス主演の
SFアクション映画の「ルーパー」を観てきた。

ストーリーは、
タイトラベルが可能となった未来。
犯罪組織は法によって禁じられたタイムマシンで消したい人間を
30年前の2044年に送り込み、「ルーパー」と呼ばれる処刑人の元に送っていた。
ある日、そのルーパーのひとりであるジョーの元に30年後のジョーが送られてくる。
一瞬の隙を突き、オールド・ジョーはヤング・ジョーを気絶させ、町に消えた。
ヤング・ジョー、そして組織はオールド・ジョーを追うが、
オールド・ジョーにはある目的があった。

公開前のテレビCMで「アカデミー賞に何かが起こる!」的な煽りをしていましたが、
無事にアカデミー賞のどの部門にもノミネートされなかった「ルーパー」。

たいてい、こういう残念な宣伝をしている映画は残念なものが多いのですが、
掴み所がなく、不思議な感じがしたSF映画でしたね。

タイムマシンが絡んで来る近未来物のSF映画だと、
冒頭は、どうしても世界のルールやタイムマシンの使い方の説明になってしまいますが、
この説明が淡々と進んでいき、とくに苦になることもなく物語に入っていけました。

映画を観る前はジョセフ・ゴードン=レビットとブルース・ウィリスが、
ひたすらドンパチやっているのだろうと思っていたけれど、
物語の軸は完全にタイムパラドックスにおかれていて、
さらには大友克洋先生の「童夢」的な感じもあり、
「ルーパー」は意外と深い内容の映画だったなという印象を持ちました
(物語のクライマックスは予想通りでしたが・・・)。

ジョセフ・ゴードン=レビットが徐々に歳を取り続け、
ブルース・ウィリスへとバトンタッチしていく過程の描き方がとても秀逸で、
いきなり禿げかけたブルース・ウィリスが登場した時が面白かったです。

そして完全に30年後のジョーになった時のブルース・ウィリスの髪型が、
どうしても鉄拳と同じに見えてしまい、これまた笑ってしまいましたね。

それにしても、ブルース・ウィリスが強過ぎで、
否が応でも2月公開の「ダイ・ハード5」を想像させてくれました。

確か、タイトルロールがブルース・ウィリスで、
エンドロールのキャスト一覧の最初にはジョセフ・ゴードン=レビットだったので、
監督は色々と気を使ったのかなと勘ぐってしまいました。

本当に独特な世界観の映画で、決して面白くないわけではないけれど、
なぜか再び観ることはないだろうなと思っています。

上手く説明はできませんが、これは多分、自分が若干、
近未来物のSF映画が苦手ということが影響しているからなんだと思われます。

ルーパーのパンフレット

リーアム・ニーソン主演、リュック・ベッソン製作の「96時間」の続編となる
96時間 リベンジ」を今年一発目の映画にするのには不本意ながら観てきました。

ストーリーは、
失われた家族の絆を修復するため、
元妻レノーアと娘キムの3人でイスタンブールを訪れたブライアンだったが、
以前の事件でブライアンに息子を殺されたアルバニア系犯罪組織のボス、
ムラドが復讐のため一家を襲撃。
レノーアを人質にとられたブライアンは、自らも一味に捕えられてしまう。
そして、ひとり取り残された娘のキムにも危機が迫る。

ここからは第一作目の「96時間」を観ないで、
いきなり続編の「96時間 リベンジ」を観てしまった人の偏った感想となりますので、
ご注意ください。

製作にリュック・ベッソンが名を連ね、全面に押し出されていますが、
監督は「トランスポーター3」を監督したオリヴィエ・メガトン。

「リュック・ベッソン製作の映画には気をつけろ」という格言がありますが、
この「96時間 リベンジ」もこの格言に当てはまり、
アクションシーンこそ派手だけど、内容は全くない映画でしたね。

この「96時間」シリーズのだいたいの流れは前作の予告編を観て分かっていたので、
続編から観ても何の違和感もなく物語に入っていけましたが、
かなりストーリーに無理があるのは否めなかったですね。

それでも敵で一番強いのが普通の中年のオッサンだったというところが
凄く好感が持てました。

今作では前作でやられてしまった悪役の父親が復讐に立ち上がるのですが、
この父親が物語の終盤に「息子があと二人いる」という衝撃発言をするんですよ。

ということは、最低でもシリーズはあと二作は続くということですよね。

万が一、この息子二人が子沢山だったら、シリーズは永久に続いていくことになるので、
これは先が思いやられますよ。

僕は「96時間 リベンジ」で「96時間」シリーズからは卒業させて頂きます。

それにしても最近のリーアム・ニーソンが心配です。

昔は堅い内容の映画にしか出演していなかった印象がありますが、
スター・ウォーズ エピソード1」に出演した頃から出演作も増え、
タイタンの戦い」や「特攻野郎Aチーム」、「バトルシップ」などの
とんでもない映画に出演するようになったんですよね。

リーアム・ニーソンにいったい何があったのか。

この「96時間 リベンジ」を観ている間、
物語の内容よりもリーアム・ニーソンのことがずーっと頭の中に浮かんでいました。

あ、あと今思い出しましたが、ファムケ・ヤンセンの眉毛は一見の価値ありですよ。

96時間 リベンジのパンフレット
前の10件 1  2  3  4  5

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Powered by Movable Type 4.1