山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「うなぎ」が付けられているもの

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

|

2008年以来となるナイキと浦和レッズのスニーカーのコラボが
約4年ぶりに復活し、今回は「TENNIS CLASSIC」が選ばれました。

もちろん色は赤がメイン。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

スウォッシュは黒で、ソールは白。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

差し色はゴールドが使われています。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

そして今回のコラボの目玉となるのがこの刺繍。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

「2う」と縫われていますが、意味不明ですよね。

前回の「AIR MAX 1」とのコラボでも浦和名物の「うなぎ」が押されていましたが、
今回は浦和レッズ20周年ということもあり「20」の「0」を
うなぎの「う」に変更することによって、完全に意味不明になっていました。

タンのナイキのロゴの部分も金色です。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

インソールには分かり辛いですが、
赤地に薄らと菱形の模様が浮いているのが確認できます。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

替え紐として黒の紐が付いていました。

できることなら、このスニーカーのコラボは続けて欲しいのですが、
次からは「うなぎ」とは決別してもらい、
分かり易く「浦和レッズのエンブレム」を使用してもらいたいと思います。

AIR MAX URAWA

|
AIR MAX URAWA AIR MAX URAWA

浦和のユニが2004年がらNIKEになり、
もしかしたら浦和モデルの靴が出るのでは?
と睨んでいた所、満を持して登場したのがこの靴。
ヒールには浦和のシンボル?でもある
「うなぎ」がデザインされていて、
突っ込み所満載のこの靴。

ヒールが「う」

普通に考えればヒールに何かデザインするならエンブレムとか、
浦和区のマークとかにすればいいものをなぜか「うなぎ」。
デザイナーの精神状態が心配になります。
それ以上に心配になるのがこの靴を買っている自分なのは言うまでもない。

今までに3回この靴を履いている人を街で見掛けたが、
心の底から気の毒に思え可哀相になると同時に、
「あっ、俺も同じ靴持ってる」と
自己嫌悪に陥いる負のスパイラルに毎回襲われている。

靴全体を見てみると、
赤をメインに白と黒のレッズカラーを使用し、
ポイントとして金色を使っている。
この金色はユニでもスウォッシュに使われているゴージャスなもの。
でも、ただそれだけの靴。

あなたは気付きましたか?
この靴は AIR MAX INDEPENDENCE DAYと同じモデルの色違いです。
同じ靴でもここまで下品になれるのですね。

これが浦和モデルではなく、
山田村うなぎ祭モデルならば、
アウトレットで2000円でも売れない靴だろう。
だってうなぎですよ奥さん。
「うなぎ」の「う」がデザインされてるんですよ。
正気の沙汰ではないでしょ。

この靴を好きになれない一番の原因は
うなきが食べられないからなんだよね、俺。

でもうな重のたれ御飯は大好き。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31