山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「アカデミー賞」が付けられているもの

昨年のアカデミー賞予想では、「リンカーン」関連の予想を外してしまい、微妙な結果になってしまったのですが、今年のアカデミー賞の発表が明日に迫ってきたので、懲りずに「第86回アカデミー賞」を勝手に予想してみます。

今年は作品賞にノミネートされた9作品のうち、5作品を観ているので、昨年までよりは情報があるはずなのですが、観ていない作品もあるので、やっぱり今年も雑誌の記事やネットのニュースを参考にしつつ勝手に予想します。

今年は「ゼロ・グラビティ」と「アメリカン・ハッスル」、そして邦題にセンスのかけらもない「それでも夜は明ける」の3作品が賞レースの主役となり、それに「ダラス・バイヤーズクラブ」、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が続いているといった感じでしょうか。

作品賞は「それでも夜は明ける」が獲るのではないでしょうか。
正直、この映画は観ていないので何とも言えませんが、実際に観た「ゼロ・グラビティ」は、普通によくある話にしか思えず、「何でこんなに評価されているのだろうか」と思ってしまったし、さらに「ゼロ・グラビティ」の上映時間は90分くらいなんですよね。何となくアカデミー賞作品賞を獲る映画は120分以上の大作という印象が強いので、難しいのではないでしょうかね。 「アメリカン・ハッスル」はかなりいい映画でしたが、いかんせん内容が昨年作品賞を受賞した「アルゴ」と被っている部分(実際に起きた事件、作戦を映画化した)が多かったので、ちょっとないかなと思っています。 で、消去法で「それでも夜は明ける」になると予想します。

続いて監督賞。
ここは「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロンが堅いようなのですが、前述通りに「ゼロ・グラビティ」の良さがよく分からなかったので、ここは敢えて本命を外して、個人的な願望を込めて「アメリカン・ハッスル」のデビット・O・ラッセルを推したいと思います。

続いて主演男優賞。
最初は「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でヤク中の切れた演技をみせたレオナルド・ディカプリオが獲ってもいいんじゃないかと思っていましたが、「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーを観てしまったら、自分の中では完全にマシュー・マコノヒーに軍配が上がりました。まあエイズ患者という役柄に大減量して臨むというのもアカデミーに受けるパターンですからね。

そして助演男優賞も「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャレッド・レトが堅いと思われます。「ダラス・バイヤーズクラブ」の中ではマシュー・マコノヒーを凌ぐ凄まじい演技をみせていましたからね。

で、今年よく分からないのが女優賞の二つ。
ここはニュースや記事の情報をまとめて、主演女優賞がケイト・ブランシェット、助演女優賞がルピタ・ニョンゴになると思われます。

で、まとめると下記の通り。

○作品賞 「それでも夜は明ける」

○監督賞 「デビット・O・ラッセル(アメリカン・ハッスル)」

○主演男優賞 「マシュー・マコノヒー(ダラス・バイヤーズクラブ)」

○主演女優賞 「ケイト・ブランシェット(ブルージャスミン)」

○助演男優賞 「ジャレッド・レト(ダラス・バイヤーズクラブ)」

○助演女優賞 「ルピタ・ニョンゴ(それでも夜は明ける)」

こんな感じです。

完全に私情で「ゼロ・グラビティ」を外してしまいましたが、さあ、いくつ当たりますかね。

あと個人的には「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」にいくつか賞を獲ってもらいたいと思っています。

昨年のアカデミー賞では、「アーティスト」がまさかの圧勝となってしまい、
かなり予想が外れてしまいましたが、
今年もアカデミー賞の発表が迫ってきたので、
「第85回アカデミー賞」を勝手に予想してみます。

毎年恒例な言い訳なのですが、
今年もノミネートされた、ほとんどの映画は日本では公開されていないので、
主に雑誌の記事やネットのニュースを参考に自分が勝手に予想します。

今年は「リンカーン」と「アルゴ」の一騎打ちになるはずだったのが、
ベン・アフレックがまさかの監督賞にノミネートされないという事態が起き、
結果的に「リンカーン」と「世界に一つだけのプレイブック」の
争いになるではと予想しています。

とは言っても、今年は一つの作品が大勝することはないと思うので、
焦点はやはり「リンカーン」がいくつ取るかというころでしょうね。

作品賞は「リンカーン」ではなく、
ゴールデン・グローブ賞を受賞したにもかかわらず、
作品賞以外の主要部門ではほとんどノミネートされなかった
「アルゴ」が取るのではないかと予想します。

そして監督賞。

ここは「アルゴ」のベン・アフレックがノミネートされていないので、
普通であれば「リンカーン」のスティーブン・スピルバーグがとるのでしょうが、
それだと何かつまらいんですよね。

「世界の一つのプレイブック」のデヴィット・O・ラッセルに期待をしたいのですが、
監督賞は意外と堅く、スピルバーグにいくような気がします。

続いて主演男優賞。

ここは「リンカーン」のダニエル・デイ=ルイスが有利のようです。

ここも「世界の一つのプレイブック」のブラッドリー・クーパーが気になるのですが、
ちょっと相手が大俳優すぎるので、分は悪いと思いますね。

今年、堅いだろうというのは助演賞の二つ。

助演男優賞は「リンカーン」のトミー・リー・ジョーンズ、
助演女優賞は「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイで決まりのようです。

この流れで考えると、
主演女優賞は「世界の一つのプレイブック」が無冠になってしまう恐れがあるので、
ジェニファー・ローレンスに行くのではと予想します。

ただ、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステインの演技が良かったので、
個人的には彼女に取って欲しいのですが、
ここはジェニファー・ローレンスのような気がします。

で、まとめると下記の通り。

○作品賞 「アルゴ」

○監督賞 「スティーブン・スピルバーグ(リンカーン)」

○主演男優賞 「ダニエル・デイ=ルイス(リンカーン)」

○主演女優賞 「ジェニファー・ローレンス(世界に一つのプレイブック)」

○助演男優賞 「トミー・リー・ジョーンズ(リンカーン)」

○助演女優賞 「アン・ハサウェイ(レ・ミゼラブル)」

こんな感じです。

何だかんだで「リンカーン」が3部門持っていきそうですが、
ここは予想が外れて「世界に一つのプレイブック」がいくつか持っていったら、
それはそれで嬉しい誤算なので、大歓迎です。

さあ、いくつ当たりますかね。

昨年のアカデミー賞の予想では、
英国王のスピーチ」を切り、「ソーシャル・ネットワーク」に賭け、
見事に予想を外してしまいましたが、
今年も懲りずに「第84回アカデミー賞」を勝手に予想してみます。

毎年恒例な言い訳なのですが、
今年もノミネートされた、ほとんどの映画は日本では公開されていないので、
主に雑誌の記事やネットのニュースを参考に自分が勝手に予想します。

今年の目玉は何といっても、フランス映画の「アーティスト」でしょう。

アカデミーがこの「アーティスト」をどこまで認めるかで
今年の賞レースは左右されると思います。

逆に言うと、この「アーティスト」がイギリス映画だったら、
賞を独占していたと思うので、予想も楽だったのですがね。

そこで予想をしていくと、ほとんどの賞で二択になりました。

まずは作品賞。

ここは「アーティスト」と「ヒューゴの不思議な発明」の戦いだと思います。

両方の映画が映画を題材にした内容なのが面白いところですが、
ここは「アーティスト」が取るのではないかと思います。

続いて監督賞。

ここも「アーティスト」と「ヒューゴ」のバトル。

何となく「ヒューゴの不思議な発明」のマーティン・スコセッシ有利な気がしますが、
スコセッシは「ディパーテッド」で監督賞を受賞した時が、
ある意味、ご祝儀的な受賞だったと思っています。

今年はその時のツケを払わされ、受賞はできないと予想しました。

なので、監督賞はミシェル・アザナヴィシウスでお願いします。

そして主演男優賞。

ここは「アーティスト」主演のジャン・デュジャルダンと、
ジョージ・クルーニーの争いになるはず。

個人的にはジャン・デュジャルダンに取って欲しいのですが、
前述したとおり、「アーティスト」の主要部門独占はないと思いますし、
さらに、「そろそろジョージ・クルーニーに主演男優賞をあげよう」的な
流れもあると思うので、ここはジョージ・クルーニーに一票です。

次は主演女優賞と助演女優賞。

ここは個人的に大好きなミシェル・ウィリアムズちゃんを押したいのですが、
各記事の予想を見る限り、ここも二人の争いのようで、
「マーガレット・サッチャー」のメリル・ストリープと、
「ヘルプ」のビオラ・デイビスのどちらかが有力のようです。

助演女優賞が「ヘルプ」のオクタビア・スペンサーが有力なようなので、
とても失礼な話になってしまい、大変恐縮なのですが、
女優賞の二つを黒人が独占するというのは、アカデミー賞的には難しいと思います
(過去にジェイミー・フォックスとモーガン・フリーマンがありましたが)。

ですので、助演女優賞がオクタビア・スペンサーに行き、
主演女優賞はメリル・ストリープに落ち着くのではないかと思います。

最後に助演男優賞。

これは全然分からないので、クリストファー・プラマーでお願いします。

で、まとめると下記の通り。

○作品賞 「アーティスト」

○監督賞 「ミシェル・アザナヴィシウス(アーティスト)」

○主演男優賞 「ジョージ・クルーニー(ファミリー・ツリー)」

○主演女優賞 「メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙)」

○助演男優賞 「クリストファー・プラマー(人生はビギナーズ)」

○助演女優賞 「オクタビア・スペンサー(ヘルプ 心がつなぐストーリー)」

こんな感じです。

もしかしたら「ヒューゴ」が作品賞、監督賞を取り、
「アーティスト」が主演男優賞、助演女優賞にスライドする可能性もありますが、
まあ、こればかりは分かりませんから、上記の予想で勝負です。

さあ、いくつ当たりますかね。

昨年のアカデミー賞主要部門を勝手に予想し
見事に全て当てる事に成功したので、
懲りずに今年も日本時間の明日、月曜日に発表となる
「第83回アカデミー賞」の予想を勝手にしてみようと思います。

で、今年もノミネートされた、ほとんどの映画は日本では公開されていないので、
主に雑誌の記事やネットのニュースを参考に自分が勝手に予想します。

情報をまとめると、昨年は「アバター」vs「ハート・ロッカー」が軸でしたが、
今年は「ソーシャル・ネットワーク」vs「英国王のスピーチ」の戦いになりそう。

そこで、次のように予想をしてみました。

○作品賞 「ソーシャル・ネットワーク」

○監督賞 「デビット・フィンチャー(ソーシャル・ネットワーク)」

○主演男優賞 「コリン・ファース(英国王のスピーチ)」

○主演女優賞 「ナタリー・ポートマン(ブラック・スワン)」

○助演男優賞 「クリスチャン・ベイル(ザ・ファイター)」

○助演女優賞 「メリッサ・レオ(ザ・ファイター)」

こんな感じです。

現在のアメリカを映し出している「ソーシャル・ネットワーク」か
イギリスを舞台とし、主人公が肉体的にハンデを負っているという
アカデミー賞好みの設定の「英国王のスピーチ」なのか迷いましたが、
この2本に関しては自分が劇場で観て、
「ソーシャル・ネットワーク」の方が良かったので本命にしました。

男優賞、女優賞に関しては、
助演女優賞のメリッサ・レオ以外は、この3人で堅いと思っています。

さあ、いくつ当たりますかね。

日本時間の来週の月曜日に「第82回アカデミー賞」が発表される。

ということで、ネタもないことだし、
勝手に主要な賞を予想する事にしました。

今年のアカデミー賞の全体的な流れとしては、
作品賞のノミネートが従来の5作品から10作品に増量となりました。

これは、最近低迷している興行収入を盛り上げようという試みと、
何でもアカデミー賞が始まった当時は10作品ノミネートされていたという
原点回帰的な動きもあるらしい。

賞レースの流れは「アバター」vs「ハート・ロッカー」。

これは「アバター」の監督のジェームズ・キャメロンと
「ハート・ロッカー」の監督のキャスリン・ビグローが
元夫婦というのも話題づくりに貢献しているようだ。

で、予想するに当たって問題なのが、
ノミネートされている作品のほとんどが日本では公開されていないということ。

そのため、自分が実際に観た映画の感想と
本やネットのトピックスで集めた情報を検証し、勝手に予想をしました。

○作品賞 「ハート・ロッカー」

○監督賞 「キャスリン・ビグロー(ハート・ロッカー)」

○主演男優賞 「ジェフ・ブリッジス(クレイジー・ハート)」

○主演女優賞 「サンドラ・ブロック(しあわせの隠れ場所)」

○助演男優賞 「クリストフ・ヴァルツ(イングロリアル・バスターズ)」

○助演女優賞 「モニーク(プレシャス)」

こんな感じです。

何となく「アバター」一色になりそうな気もするのですが、
興行収入の新記録といっても、所詮は3Dの割増で稼いだ額。
さらに、アンチ「アバター」も多いと判断し、
「ハート・ロッカー」が主役になると予想しました。

男優賞、女優賞は、クリストフ・ヴァルツ以外は
観ていないので、何とも言えません。
逆に言うと、クリストフ・ヴァルツは鉄板だと思います。

さあ、いくつ当たるか月曜日を楽しみしましょう。

今年のアカデミー賞を8部門で受賞し、
一躍、今春の本命映画に浮上した
ダニー・ボイル監督作の
「スラムドッグ$ミリオネア」を観てきた。

ストーリーは
世界最大のクイズショーで、
残り一問まで辿り着いたスラムの少年。
間違えれば、一文無し。
正解すれば、番組史上最高額の賞金を手に入れる。
スラムドッグ(スラムの負け犬)が全てを掛けて出した、
人生の「ファイナルアンサー」とは?

インドのムンバイのスラム街で実際に撮影をした際は
小回りのきくデジタル撮影で
スラム街の迫力あるシーンを撮ったようで、
その効果は臨場感溢れる映像としてスクリーンに映し、
見た事のないインドの闇の部分を目にすることができた。

映画館に行く前に目にした評価があまり良くなかったので、
「どうなのかな?」という半信半疑だったけど、
とても素晴らしい物語で大満足だった。

宣伝では「クイズ$ミリオネア」の話題が先行しているけど、
物語の根幹は「主人公の一途な愛」だった。

いくら日本版の「クイズ$ミリオネア」の司会だからとはいえ、
この映画の宣伝に、みのもんたを起用した配給会社には
「スラムドッグ$ミリオネア」を冒涜しているのではと憤りを感じ、
不愉快になる程、素晴らしい話だった。

エンドロールでお約束があった時は
「おいおい、今までの流れが台無しじゃん」って
一瞬思ったけど、自然と笑いがこぼれ、
清々しい気分で劇場を後にできた。

今年観た映画の中では一番良かったかな。

「スラムドッグ$ミリオネア」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31