山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「エマ・ストーン」が付けられているもの

ショーン・ペンが実在したギャングのミッキー・コーエンを演じた
「L.A.ギャングストーリー」を観てきた。

ストーリーは、
ドラッグや銃器取引、売春で得た金を使い、
警察や政治家をも意のままに操る大物ギャングのミッキー・コーエンは、
自らを「神」と豪語し、ロサンゼルスを支配する。
しかし、そんなコーエンを打ち破るべく、6人の警察官が立ち上がる。
警察当局は一切の責任を負わないという命がけの任務に就いた6人は、
警察官という素性も名前も隠し、コーエン率いるギャング組織へ戦いを挑む。

この「L.A.ギャングストーリー」は、
マイケル・マンが撮るような硬派な映画だと思っていたら、
所々に軽く描かれている箇所があって、とても中途半端な映画になっていました。

予告編では「ロス市警がキレた!」という煽り文句だったので、
身分を隠した6人の警官達がどんな無茶な戦いを挑むのかと思っていたら、
至って普通の襲撃の数々に、逆の意味で驚かされてしまったよね。

主演のジョシュ・ブローリンは、本当に映画の舞台となった
1940年代から連れてきたような顔立ちで頑張っていましたが、
いかんせん地味過ぎましたよ。

大物ギャングのミッキー・コーエンを演じたショーン・ペンの演技も
今までのショーン・ペンが演じてきた素晴らしい役の数々とは違って、
かなり違和感のあるキャラクターで、
何だか期待していただけに微妙な気持ちになってしまいました。

それとは逆にジェリー・ウォーターズ役のライアン・ゴズリングは良かったです。
ドライヴ」、「スーパー・チューズデー 正義を売った日」でもそうでしたが、
さらに「L.A.ギャングストーリー」では圧倒的な存在感がある俳優になっていました。

ライアン・ゴズリングは今後も期待して観ていきたいと思います。

あと、「テッド」にテッドをさらおうとする親子の父親役のジョバンニ・リビシが
ギャングに戦いを挑む警察官役で出演していたのが印象的でした。

もっと骨太な作品だと期待していただけに、
映画を観終わった後はかなり残念な気持ちになってしまいましたね。

この「L.A.ギャングストーリー」を観るのであれば、
同じ「L.A.」がタイトルに付く「L.A.コンフィデンシャル」の方を
僕はお勧めしたいと思います。

「L.A.ギャングストーリー」のパンフレット

前3部作と決別し、新たにアンドリュー・ガーフィールドをスパイダーマンに迎え、
(500)日のサマー」のマーク・ウェブがメガホンを取り、
新しいスタートを切った、「アメイジング・スパイダーマン」を観てきた。

ストーリーは、
8歳の時に両親が失踪した高校生のピーター・パーカーは、
ある日、科学者だった父親が残した研究ノートを見つける。
父の研究パートナーだったコナーズ博士をオズコープ社に訪ねたピーターは、
そこで特殊なクモに噛まれて以来、身体に異変が起こり、
不思議なパワーを発揮するようになってしまった。
その頃、ピーターの父の残した数式をもとに
異種間遺伝子交配の研究を完成させたコナーズ博士は、
自分の体で人体実験を行っていた・・・。

今年の夏の大本命という噂に違わず、面白い映画でしたが、
個人的な感想としては、トビー・マグワイアがスパイダーマンを演じた、
前3部作のシリーズの方が完成度が高く、非常に良かったと思います。

前シリーズでは、アメコミらしくコミカルに描いているシーンも多々ありましたが、
物語の根底に「大いなる力には、大いなる責任が伴う」というテーマが流れ、
この両方が抜群のバランスを保ち、サム・ライミが素晴らしい作品に仕上げましたが、
「アメイジング・スパイダーマン」は、シリアスでもコミカルでもない、
どっちつかずな内容で、とても軽い内容の映画になっていたと思います。

さらに、既に続編ありきのストーリーになっていたので、
ストーリー上に数々の伏線が張られ過ぎていて、エンドロール後のものも含めて、
少々、やり過ぎだったのではと思いますね。

それでも今回の「アメイジング・スパイダーマン」のヒロインが、
前作のメリー・ジェーンではなく、グウェンだったので、
このグウェンの今後の展開をどうするのかが気になるところです。

なぜ「スパイダーマン」を焼き直したのかという点ですが、ネットの情報だと、
どうやらマーベルがスパイダーマンを「アベンジャーズ」に組込みたいようです。

そもそもスパイダーマンはマーべルのスーパーヒーローなのですが、
映画化の権利はコロンビア(ソニー)が持っているので、
「アベンジャーズ」に登場させることができないみたいなのですね。

まあ、今後はマーベル作品を配給しているディズニーと
ソニーとの話し合いなるのでしょうが、
ソニーがドル箱の「スパイダーマン」を手放さないでしょうから、難しいでしょうね。

と、まあ他にもベンおじさんがマーティン・シーンが演じていたり、
メイおばさんが元気で若々しいなど、色々と気になる点がありますが、
誰でも楽しむことができる娯楽大作だと思います。

蛇足になりますが、ヴェノムを主人公にしたスピンオフが企画されているようですが、
その場合は、新しいスパイダーマンの世界観でやるのでしょうかね。

アメイジング・スパイダーマンのパンフレット

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31