山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「ガンプラ」が付けられているもの

ガンダム G30th ANAオリジナルカラーVer.」、
ダブルオーライザー ANAオリジナルカラーVer.」に続き、
「ANA×GUNDAM SKYプロジェクト」の一貫として発売された
「ユニコーンガンダム D-MODE ANAオリジナルカラーVer.」です。

ユニコーンガンダム D-MODE ANAオリジナルカラーVer.

この「ユニコーンガンダム D-MODE ANAオリジナルカラーVer.」の
販売期間が震災のあった2011年3月頃(多分)だったので、
ドタバタしていたせいもあり、いつ注文したかの記憶も定かではなく、
このせいもあり、手元に届いてからもあまり印象がないガンプラです。

ユニコーンガンダム D-MODE ANAオリジナルカラーVer.

ユニコーンガンダムはデストロイモードに突入すると、
サイコフレームが赤く発光し、体中に血管が浮き出るようになるのが特徴ですが、
この「ユニコーンガンダム D-MODE ANAオリジナルカラーVer.」は、
サイコフレームがANAカラーのブルーになっているのが特徴なので、
確かに綺麗だけれど、何となく本末転倒な仕様になっています。

ユニコーンガンダム D-MODE ANAオリジナルカラーVer.

確か価格も5,000円くらいした記憶がありますね。

ユニコーンガンダムは、来年の3月に第6作目のが「宇宙と地球と」が公開となるので、
こちらを楽しみに待ちたいと思います。

機動戦士ガンダム00」のセカンドシーズンで
主人公の刹那が登場したのが「ダブルオーライザー」。

ダブルオーライザー ANAオリジナルカラーVer.

この「ダブルオーライザー」が
「ANA×GUNDAM SKYプロジェクト」の第二弾として、
ガンダム G30th ANAオリジナルカラーVer.」に引き続き発売となり、
またしてもゲットしてしまいました。

ダブルオーライザー ANAオリジナルカラーVer.

こちらの販売期間が昨年の9月~10月で、
購入にはやはり上記の期間にANAの飛行機に搭乗し、
葉書をゲットしなければならない仕組みだったので、
元同僚のG嬢(@やっぱり飽きっぽい)が旅行に行った際にゲットしてもらいました。

「ANA×GUNDAM SKYプロジェクト」のガンプラの特徴としては、
カラーがANAのカンパニーカラーでもある青系のデザインになるのだけど、
「ダブルオーライザー」って、元々青いデザインであるため、
あまり今回のプロジェクトの恩恵は受けられていないは気のせいだろうか。

ダブルオーライザー ANAオリジナルカラーVer.

ちなみに価格は4,500円と、かなりゴージャスな設定。
そのためか各パーツが光沢を帯びています。

ダブルオーライザー ANAオリジナルカラーVer.

この「ANA×GUNDAM SKYプロジェクト」のガンプラ、
もう一つゲット済みなので、近々紹介します。

ANA限定のガンダム、
「ガンダム G30th ANAオリジナルカラーVer.」をゲットしました。

ガンダム G30th ANAオリジナルカラーVer.

これは7月1日から来年の2月28日までANAで行われている
「ANA×GUNDAM SKYプロジェクト」の一環として、
この期間中にANAに搭乗すると、ガンプラを購入できる葉書が貰え、
その葉書を使用し、通信販売で購入する事ができたガンプラです。

ガンダム G30th ANAオリジナルカラーVer.

このキャンペーンの存在を知った時から
「ガンダム G30th ANAオリジナルカラーVer.」が気になったのだけど、
自分は特に飛行機に乗って旅に出る予定もないので、
職場で夏休みに飛行機に乗って旅に出る人を探しました。

そこでH嬢(@完全なる鉄子)が北海道に旅行に行くというので、
物凄くお願いし、葉書をゲットしてきて貰いました。

申込んだものの、注文が殺到しているとの事で、
8月中に届く予定が10月末に変更され、
最近、存在を忘れていた頃にいきなり届きました。

このガンダム、簡単に言ってしまうと色が違うだけです。
それなのに価格は3,000円とかなりなプレミアム。

まあ、各パーツが光沢を帯びているので、
普通のガンプラとは違う感じがするのがせめてもの救いでしょうかね。

ガンダム G30th ANAオリジナルカラーVer.

飛行機嫌いで飛行機に乗らない自分にとっては
完全に自己満足な世界ですが、いい記念になりましたよ。

東静岡にガンダムさんを見に行った時
東静岡限定のガンダムと一緒に買ったのが、
エコプラのガンダムマークⅡ。

RX-178 GUNDAM Mk-Ⅱ エコプラ

エコプラとは、
プラモデル生産時に製品にならず切り取られた不要な材料を
リサイクルすることで作られたプラモデルのことで、
静岡県にあるバンダイホビーセンターのみで販売されている
限定のプラモデルのことです。

材料をリサイクルしている事もあって、
エコプラの色は真っ黒なのが特徴でもあります。
箱のデザインもモノクロです。

RX-178 GUNDAM Mk-Ⅱ エコプラ

お台場にガンダムさんが登場した時の売店でも
エコプラは販売されていたけど、
この時は物凄い人で、エコプラは全て完売となってしまい、
姿すら見ることができなかった。

が、今回の東静岡の売店では、
バンダイホビーショップのお膝元という事もあってか、
4種類あるエコプラ全てが大量に販売されていました。

で、ガンダムマークⅡを購入。
ただ、ガンダムマークⅡって、黒いカラーも普通にあるんだよね。
そのため、普通のガンプラとあまり違いがわからない結果になってしまいました。

まあ、東静岡にガンダムを見に行った記念ですね・・・。

東静岡にガンダムを見に行った際に、
会場のショップで東静岡限定商品として売られていたのが、
この「RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th」だった。

RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th 東静岡

東静岡に立っているガンダムさんがモデルとなっていて、
ビームサーベルを地面に突き刺しているデザインです。

RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th 東静岡

まあ、去年のお台場で買ったガンプラとほぼ同じですね。

違うのはビームサーベルの有り無しと、
ステッカーが多く貼られている所くらいでしょうか。

東静岡限定だからこそ購入した、このガンプラ。
普通に玩具店に売っていれば完全にスルーしたと思います。

でも、この夏のいい記念になってのは間違いないので、
やはり、作らずに保存しておこうと思います。

ガンダム30周年の記念モデルとして
ネットショップのプレミアムバンダイのみで販売されたのが
「RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th Premium Gold Ver.」。

箱にはシリアルナンバーが記されています。

RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th Premium Gold Ver.

普通のガンダムのプラモデルのパーツが
全て金メッキ使用になった、いやらしいガンダムです。

RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th Premium Gold Ver.

基本的な作りは「RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th」と全く同じです。

最近、ガンプラが異様に増えてきているけど、
組み立てる事はないと思います。

じゃあ何故買うのか?
それはストレス発散と自己満足だからです。

機動戦士ZガンダムⅡ -恋人たち-」公開時に劇場限定で
百式のクリアカラーバージョンのプラモデルが販売され、
「機動戦士Zガンダム」劇場版3部作の完結篇
機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-」が公開された劇場では
Zガンダムのクリアカラーバージョンのプラモデルが販売された。

名前の通り、Zガンダムのパーツがクリアになっています。

Zガンダム 劇場限定版クリアカラーバージョン

今回のZガンダムのパッケージも映画のポスターがデザインされている。

Zガンダム 劇場限定版クリアカラーバージョン

この「機動戦士Zガンダム」劇場版3部作に関しては
内容が散々で、とても残念だったけど、
劇場限定のプラモデルを売ったという実績だけは
評価して良いのではと自分は思っています。

2005年に公開された「機動戦士ZガンダムⅡ -恋人たち-」が
公開された劇場でのみ百式のクリアカラーバージョンが限定販売された。

百式 劇場限定版クリアカラーバージョン

普通、プラモデルの箱のデザインは、
そのモビルスーツが描かれているのが普通だけど、
この百式は映画のポスターがデザインされている。

百式 劇場限定版クリアカラーバージョン

百式はシャア・アズナブルこと
クワトロ・バジーナが乗る黄金色に輝く機体。

この百式が「機動戦士Zガンダム」に初めて登場した時の衝撃の大きさは
当時小学生だった自分には尋常じゃないものだった。

黄金色でピカピカ光ってるし、肩には漢字で「百」。
今見ても斬新なデザインだと思う。

このモビルスーツに漢字の流れは
バウの「龍飛」、暁の「暁」と継承?されていきます。

この劇場限定版シリーズは、また続く予定です。

今年は機動戦士ガンダム放映30周年、
セブンイレブン出店35周年ということで
ガンダムとセブンイレブンがコラボし、
今月の初めからセブンイレブン店頭でガンダムフェアが始まった。

ガンダムフェアの中で自分が惹かれたのが、
RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th」と同じモデルの色違いの
「RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th 7-11カラー」。

RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th 7-11カラー

プラモデルの箱にもデカデカとセブンイレブンマークが入っているし、
ガンダムの右肩と盾にもセブンイレブンマークがデザインされている。
さらに、ガンダムのカラーリングが緑、赤、オレンジの
セブンイレブンの制服の色になっているスペシャルモデルだ。

RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th 7-11カラー

余裕で買えるだろうとフェアの初日に地元のセブンイレブンに
仕事帰りに寄ったら、何と跡形も無く完売していた。

どうにか彼女の地元のセブンイレブンでラストの1個を買ってもらい、
無事ゲットとなった。

でも、このセブンイレブンカラーのガンダムはとても弱そう。
弁当とかはすぐに温められそうだけど、
戦場に出たら真っ先にやられるモビルスーツだろうな。

今回のキャンペーンも限定モデルも面白い試みなので、
5年後辺りにまたやってもらいたい。

2005年の11月~12月に上野の森美術館で開催された
展覧会「GUNDAM -来たるべき未来のために-」の会場で
限定販売されていたのが、このクリアバージョンのガンプラ、
「RX78-2 GUNDAM GENERATING FUTURES」だ。

RX78-2 GUNDAM GENERATING FUTURES RX78-2 GUNDAM GENERATING FUTURES

「GUNDAM -来たるべき未来のために-」とは
「機動戦士ガンダム」をテーマに、
写真や彫刻、絵画などさまざまな分野で活躍する
注目の若手アーティストが制作した作品を集めた展覧会。

ただこの若手アーティストの制作した作品が・・・。

地獄に物凄い数のザクが描かれている絵画や、
全長5m以上のセイラが四つん這いで叫んでいる像等の
前衛的過ぎる展示物が、芸術に明るくない自分には微妙だった。

あと、フラナガン機関のニュータイプ研究所(もどき)があり、
白衣を着た係りの人が何かやっていたような気もする。

産経新聞の号外も出てました。

産経新聞の号外

展示物があまりにも微妙だったので、
結果的には展覧会の入場料を払って、
ガンプラを購入しただけになったので、
このガンプラはかなり割高な価格になってしまった。

ガンダムの彫刻

RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th

|

先月の26日にお台場のガンダムに会いに行った時
会場の物販ブースで購入したのが
この「RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th」。
まあ、要するにガンプラです。

お台場ガンダムのガンプラ お台場ガンダムのガンプラ

このガンプラはガンダムが立っていた、
潮風公園限定販売のガンプラということはあり、
台座が付属していて、プラモデルが完成すると、
まさにお台場に立っていたガンダムの姿と同じになるようだ。

正確に言うと、このガンプラ以外はほとんど売り切れていて、
まともな商品が、プログラムとガンプラしかなかったんだよね。

このガンプラを買ったはいいけれど、
普通のビニール袋に入れられ、
一目でガンプラを買ったというのが分かってしまう仕様で、
お台場から地元の熊谷まで、ある意味罰ゲームを味わってしまった。

あくまでも記念で購入したので、
このプラモデルを作る事はないと思う。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30