山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「トミー・リー・ジョーンズ」が付けられているもの

終戦のエンペラー

|

トミー・リー・ジョーンズがマッカーサー元帥を演じ、終戦から東京裁判までの間の日米の政治的な駆け引きを描いた「終戦のエンペラー」を観た。

ストーリーは、
1945年8月、日本が連合国に降伏し、第2次世界大戦が終結。ダグラス・マッカーサー元帥率いるGHQが日本に置かれ、米軍統治が始まる。そんな時、日本文化を研究し、日本に対して格別な思いを抱くボナー・フェラーズ准将は、太平洋戦争の真の意味での責任者は一体誰なのかを調査するようマッカーサーから極秘に命じられ、独自に調べを開始するが。

物語はマッカーサーに命じられたフェラーズ准将が東条英機や近衛文麿、木戸幸一などの当時の政府の人間に面会し、開戦の責任はどこにあったのか、天皇に責任はあったのかを判断していくという流れ。そしてこのフェラーズ准将には日本人の恋人がいて、この恋人が空襲で行方不明になってしまったので、彼女の行方も探していきつつ、日本の文化にも触れていくというものだったけれど、いかんせんアメリカ側からの視点になっているので、「う〜ん」と首をひねるシーンが多かったかな。

マッカーサーについては、GHQの司令官、そしてその後にアメリカ大統領選に出馬して敗れたということくらいしか知らなかったので、この「終戦のエンペラー」で描かれている戦後処理を美味く対処する事によって、その後の政界進出を有利にしようという思惑が働いていたということや、終盤にマッカーサーと昭和天皇が並んで映っている有名な写真を撮るいきさつなどを知る事ができて、まあ少しはためになったかなと思います(本当の話ならね)。

ただ、マッカーサーを演じたトミー・リー・ジョーンズがどうしても宇宙人ジョーンズさんにしか見えなくて、どうやってもマッカーサーには見えなかったんだよね。それだけが残念でした。でも東条英機に火野正平を持ってきた配役は見事だと思いますし、西田敏行は安定した演技をしていました。

映画を観終わった感想としては、面白い、面白くないというのではなく、ここまではっきりと昭和天皇を題材にした映画が日本全国で公開されるという事は、日本には「表現の自由」があるのだなあと感じることができました。

「終戦のエンペラー」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

10年ぶりに続編が公開となった、ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ出演の
人気シリーズ第3作目となる「メン・イン・ブラック3」を観てきた。

ストーリーは、
月面のルナマックス銀河系刑務所から、
凶悪S犯のアニマル・ボリスが脱獄し、地球に逃亡した。
超極秘機関MIBのエージェントJとKは、ボリスが関係する犯罪の捜査を始める。
しかしある日、出勤したJは、相棒の"K"が40年前に死んでいると聞く。
どうやら、ボリスは40年前に自分を逮捕したKを恨み、
過去に遡ってKを殺してしまったらしいのだ。
Jは40年前にタイムスリップし、若き日のKとボリスの阻止に乗り出す。

かなりの話題作として盛り上がっているようでしたが、
正直、観ているのが辛い映画でした。

10年ぶりの「メン・イン・ブラック」シリーズという事で忘れていたのですが、
自分、この「メン・イン・ブラック」シリーズって、苦手だったんですよ。

何が苦手って、登場する数々のエイリアンに全く魅力を感じなくて、
結局、物語にも入っていけないという悪循環で面白さを感じられないんですよね。

今回の「メン・イン・ブラック3」でも、
敵役のアニマル・ボリスというのが全く魅力のないキャラクターで、
さらに強さもあまり感じられないだったので、
このどうでもいい感じのエイリアンを相手に最後まで戦ういう展開が、
退屈で退屈でたまらない、とても辛い映画だったのですが、
ラストにまさかの感動シーンがあったのには驚かされました。

でも、普通につまらない映画でしたけどね。

「メン・イン・ブラック」シリーズの物語とは別に毎回楽しみなのが、
有名人がエイリアンという設定で、監視カメラに撮られている設定でチラッと映るけど、
今回は、レディー・ガガやティム・バートンなどが映ってましたね。

もしかしたらベッカムもいたかな?

他にもたくさんの有名人がチラッと映っていたので、どの有名人が映っているかと、
本当にこの映画は面白くないのかは、ご自分の目で確認してみてください。

メン・イン・ブラック3のパンフレット

マーヴェルコミックの「アベンジャーズ」に繋がる最後のヒーロー、
キャプテン・アメリカの活躍を描いた、
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」を、
不本意ながら3D版で観てきた。

ストーリーは、
第二次世界大戦の最中、小柄で病弱なスティーブは、
愛国心は人一倍強いが入隊テストに何度も落ち続けていた。
そんな彼の運命は、アースキン博士と出会った事で変わる。
博士が行った実験は成功し、スティーブはまるで別人に生まれ変わるが、
博士はナチスのヒドラ党に暗殺され、計画は中止に。
軍のマスコット「キャプテン・アメリカ」として宣伝活動に駆り出される彼だったが、
やがて自ら敵地へ乗り込み、真のヒーローになる。

個人的にマーヴェルのスーパーヒーローの中でも
キャプテン・アメリカについては、あまりよく知らなかったので、
今回の映画で誕生から現代に至るまでの流れがわかり、
それなりに楽しめた内容の映画だったのですが、
マーヴェルの作品に興味がない人には何も生まない映画になるでしょうね。

映画を観終わった感想としては、
「まあ、「アベンジャーズ」に繋げるための壮大な予告だったな」といった感じ。

現に、エンドロール後の「アベンジャーズ」の予告が一番盛り上がったしね。

それとキャプテン・アメリカを演じたクリス・エヴァンスは、
過去に「ファンタスティック・フォー」のヒューマン・トーチ役もやっているので、
今後、絡みが出てきたらどうするのだろうと、少し疑問に感じましたね。

ちなみに、この「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」は
仕事帰りに地元の映画館でレイトショーで観たのだけれど、
封切されたばかりにも関わらず、観客は自分一人という不人気ぶりでした。

これは、今は亡き地元の富士見劇場で観た、「フォー・ルームス」以来の出来事なので、
別の意味で忘れられない映画となりました。

キャプテン・アメリカのパンフレット

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30