山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「ピーター・ウェーバー」が付けられているもの

終戦のエンペラー

|

トミー・リー・ジョーンズがマッカーサー元帥を演じ、終戦から東京裁判までの間の日米の政治的な駆け引きを描いた「終戦のエンペラー」を観た。

ストーリーは、
1945年8月、日本が連合国に降伏し、第2次世界大戦が終結。ダグラス・マッカーサー元帥率いるGHQが日本に置かれ、米軍統治が始まる。そんな時、日本文化を研究し、日本に対して格別な思いを抱くボナー・フェラーズ准将は、太平洋戦争の真の意味での責任者は一体誰なのかを調査するようマッカーサーから極秘に命じられ、独自に調べを開始するが。

物語はマッカーサーに命じられたフェラーズ准将が東条英機や近衛文麿、木戸幸一などの当時の政府の人間に面会し、開戦の責任はどこにあったのか、天皇に責任はあったのかを判断していくという流れ。そしてこのフェラーズ准将には日本人の恋人がいて、この恋人が空襲で行方不明になってしまったので、彼女の行方も探していきつつ、日本の文化にも触れていくというものだったけれど、いかんせんアメリカ側からの視点になっているので、「う〜ん」と首をひねるシーンが多かったかな。

マッカーサーについては、GHQの司令官、そしてその後にアメリカ大統領選に出馬して敗れたということくらいしか知らなかったので、この「終戦のエンペラー」で描かれている戦後処理を美味く対処する事によって、その後の政界進出を有利にしようという思惑が働いていたということや、終盤にマッカーサーと昭和天皇が並んで映っている有名な写真を撮るいきさつなどを知る事ができて、まあ少しはためになったかなと思います(本当の話ならね)。

ただ、マッカーサーを演じたトミー・リー・ジョーンズがどうしても宇宙人ジョーンズさんにしか見えなくて、どうやってもマッカーサーには見えなかったんだよね。それだけが残念でした。でも東条英機に火野正平を持ってきた配役は見事だと思いますし、西田敏行は安定した演技をしていました。

映画を観終わった感想としては、面白い、面白くないというのではなく、ここまではっきりと昭和天皇を題材にした映画が日本全国で公開されるという事は、日本には「表現の自由」があるのだなあと感じることができました。

「終戦のエンペラー」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30