山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「ミシェル・ロドリゲス」が付けられているもの

「ワイルド・スピード」シリーズの第6作目となる「ワイルド・スピード EURO MISSION」。出演はヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス、ドウェイン・ジョンソン。監督は続投となるジャスティン・リン。

ストーリーは、
リオの犯罪王から大金を強奪し、逃亡生活を送っていたドミニクの前に、FBI特別捜査官ホブスが現れ、高度な運転技術を用いて世界各国で犯罪を繰り返す巨大組織を壊滅させるため、ドミニクとそのチームに協力を要請。ドミニクは、死んだはずの元恋人レティが、その組織を率いる元エリート軍人のショウに協力していると聞かされ、その真偽を確かめるためにもホブスの依頼を引き受ける。ドミニクは相棒のブライアンら仲間のドライバーたちを招集し、ショウ一味を追跡する。

シリーズを重ねれば重ねる程、興行収入が増えていくという、今までにあまり例のない人気シリーズとなった「ワイルド・スピード」。「ワイルド・スピード EURO MISSION」は前作の「ワイルド・スピード MEGA MAX」のラストで「ワイルド・スピード MAX」で死んだはずのミシェル・ロドリゲス演じるレティが登場した予告通りにレティが復活し、文字通りオールスターキャストとなっていました。

このレティが生きていた経緯もかなり無理がありましたが、「ワイルド・スピード」シリーズ好きの人間なら、この点に突っ込むのは野暮なものでしょうね。他にも今回は戦車が登場したり、ラストの空港の滑走路での飛行機とのカーチェイスといい、とにかく突っ込み所満載。それでも迫力のある映像で手に汗握るカーチェイスシーンは観ていて楽しかったです。個人的にはアルファロメオのジュリエッタが登場したのが意外でしたね。

この「ワイルド・スピード EURO MISSION」で、「ワイルド・スピード TOKYO DRIFT」から監督をしていたジャスティン・リンが監督を退くのですが、最後の最後で「ワイルド・スピード」シリーズ6作全てを繋げてくれました。エンドロールで今まで「ワイルド・スピード TOKYO DRIFT」だけが異質な存在だったのを見事(強引)にジェイソン・ステイサムを登場させ、話の流れをスッキリさせ、これで「ワイルド・スピード」シリーズは「1→2→4→5→6→3→7」と無事に繋がっていくことになります。

次回作ではヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムとハゲ3人が揃って、どんなドンパチを繰り広げるのかと期待をしていましたが、昨年11月末にブライアンを演じるポール・ウォーカーの突然の訃報には驚かれました。絶対に替えのきかない俳優なので、これで今後のシリーズのシナリオは完全に変更となりそうですが、第7作目はかなり時間が経ってからの話になりそうなので、それでどうにか対応するのであろうと思います。

「ワイルド・スピード EURO MISSION」は車に興味がない人でも楽しめる映画だと思いますし、ポール・ウォーカーの勇姿を目に焼き付ける意味でも見逃せない映画だと思います。

「ワイルド・スピード EURO MISSION」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

人気ゲームを映画化した「バイオハザード」の5作目となる
バイオハザードV リトリビューション」を観てきた。

ストーリーは、
アルカディアでの死闘をくぐり抜けたアリスを、
かつての仲間ジルが率いるアンブレラ社の特殊部隊が強襲する。
戦闘で気を失ったアリスが目覚めると、そこはアンブレラ社の巨大な実験施設だった。
ジルの尋問に苦しむアリスだったが、何者かが送り込んだ救出部隊が施設に現れる。
アリスは彼らと手を組み、施設からの脱出を図る。

酷い。

とにかく酷い映画でした。

はっきり言ってしまえば、つまらない。

この内容であれば「バイオハザード10」くらいまでは余裕で製作できると思える程、
どうでもいいような内容でしたね。

感想は酷い、つまらないとしか言いようがないけれど、
一点、気になったのがミシェル・ロドリゲスが再び登場したこと。

「なぜ、こんな映画に帰ってきたんだミシェル・ロドリゲス!」と、
言いたくなるくらい、残念な役でした。

最後に一つだけ「バイオハザード」シリーズのいい点を挙げると、
シリーズ5作を通して、パンフレットの大きさをA3(多分)のままにしているのが、
映画の内容とは対照的に、とても素晴らしいと思います。

バイオハザードV リトリビューションのパンフレット

本来ならば今年の4月1日に公開される予定でしたが、
震災の影響で9月まで公開が延期になってしまった、
アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲスという、
個人的にいまいちパッとしないと思う二人が出演している
世界侵略:ロサンゼルス決戦」を観てきた。

ストーリーは、
2011年8月12日、海沿いにある世界各地の大都市付近に流星群が降り注いだ。
やがて海の中から何者かが現れ、人類に攻撃を開始する。
そのころロサンゼルスのサンタモニカ空港の前線基地に、
若い少尉、マルチネス率いる小隊が到着。
除隊間近のナンツ2等軍曹も配属された小隊は、取り残された民間人救出の命を受ける。
空爆までのタイムリミットは3時間。
破壊された市街地で、彼らは未知の敵に遭遇する。

この映画、予告編で「世界侵略:ロサンゼルス決戦」というタイトルを観た時に、
「また、無茶な邦題をつけたな」と思ったけれど、
原題が「WORLD INVATION:BATTLE LOS ANGELES」だったのね。
納得です。

正直、この「世界侵略:ロサンゼルス決戦」は
バカ映画以外の要素は何も期待しないで観に行ったのですが、
この期待は見事に裏切られてしまいましたよね。

ゾンビ映画で冒頭から何の説明もなく、ゾンビが襲ってくるように、
いきなりエイリアンとの戦闘が始まり、ドンパチが続き、5万人くらい死に、
本当にくだらな過ぎるきっかけで、驚くほど簡単に敵を撃退する。

こんな内容を期待していたわけですよ。

それが、最初に中途半端な隊員の紹介が始まり、
さらには主人公と隊員とのくだらない確執を織り込んだりと、
「この内容で、そんなに真面目にストーリーを展開させるのか?」
と、思わざるを得ない残念な展開でしたね。

全然、話は変わりますが、
アーロン・エッカートの「アーロン」を「AARON」と書くのが好きです。

まあ、要するにこんな感想を持った映画でした。

世界侵略:ロサンゼルス決戦のパンフレット

マチェーテ

|

ロバート・ロドリゲスが「グラインドハウス」の物語内で流した予告編を
ダニー・トレホ主演で、一本の映画にした「マチェーテ」を観てきた。

主演のダニー・トレホは、
強面を活かして数々の映画に印象的な脇役として出演していたが、
この「マチェーテ」がメジャー映画での初主演となった。

ちなみに監督のロバート・ロドリゲスと
主演のダニー・トレホは従兄弟のようです。

共演として、ロバート・デ・ニーロ、スティーブン・セガール、
ジェシカ・アルバ、ミシェル・ロドリゲスといった豪華な面々が脇を固めている。

ストーリーは
メキシコの麻薬王トーレスを追跡していた麻薬捜査官マチェーテは、
トーレスの罠にはまり家族を皆殺しにされてしまう。
数年後、米テキサスへ逃亡し、
肉体労働者として糊口をしのいでいたマチェーテに
テキサス州の上院議員暗殺を持ちかける人物が現れる・・・。

とにかく物凄い映画でした。

冒頭の10分程のシーンで20人以上が殺され、
さらに、その半数は首が飛んでましたからね・・・。

物語はテキサスの超保守派議員を中心としたグループと
不法入国したメキシコ人グループとの争いに、
様々な人物の思惑が絡まりながら展開していくけれど、もう目茶苦茶。

色々と突っ込み所満載のこの映画でしたが、
特に圧巻だったのが、ラストの両グループの戦闘シーン。
コックさんが鍋で戦っていたり、
ミニスカのナースが救急車から降りてきて、マシンガンをぶっ放したりと、
最早、何でもあり状態で面白くてたまらなかった。

ロバート・デ・ニーロは議員をとても軽く演じていたし、
スティーブン・セガールの日本刀の扱いは流石だったけど、
ジェシカ・アルバがあまりエロくなかったのが残念だったかな。

そんな中、一番印象に残ったのがミシェル・ロドリゲス。

右目にアイパッチを付け、上半身がビキニの格好で
マシンガンをぶっ放している姿は物凄い迫力がありました。

物語が終るまでに果たして何人が死んだか分かりませんが、
かなり人の命が軽い映画でしたね。

そしてラストには、早くも続編の予告がありました。
その名も「殺しのマチェーテ」と「続・殺しのマチェーテ」。

「もう充分、殺したでしょうが」という、
完全にネタなタイトルになっていましたが、
多分、続編はやらないでしょうね。

そして何よりも残念だったのが、
「マチェーテ」のパンフレットが作成されていなかった事。

この映画はパンフレットで色々と情報を補完したかったのになぁ。
最近は「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ」でもパンフレットがなかったけど、
これがこのまま流行りになっていくのかな・・・。

映画とは全然関係ない事ですが、
このとてもバイオレンスでエロさ満載の「マチェーテ」を
高校生の娘を連れた家族が劇場で観てましたけど、
思わず「大丈夫か?」と心配になってしまいましたよ。

マチェーテ

ヴィン・ディーゼル主演の「ワイルド・スピードMAX」の鑑賞券が
viewカードの抽選で当たったので観てきた。

この「ワイルド・スピード」シリーズは
今回の「ワイルド・スピードMAX」で4作目。
そしてこの4作目で、1作目の主要キャスト4名が
再登場という珍しい展開となっている。

これもヴィン・ディーゼルが最近ヒット作に
恵まれていないからかなあと勝手に勘繰ってしまったりしてしまう。

ストーリーは
南米に逃亡したすご腕ドライバー、ドミニクは
恋人レティとともに輸送車からの強奪を繰り広げていた。
一方、FBI捜査官ブライアンは、麻薬組織のボス"ブラガ"を追い続けていたが、
お尋ね者のドミニクが8年ぶりにロサンゼルスに戻って来たという知らせを受ける。

「ワイルド・スピード」シリーズは1作目と2作目は観たけど、
3作目は予告に妻夫木君が出ていた時点で観る気が失せてしまい、
観ていないのだけど、この「ワイルド・スピードMAX」は
3作目の前の話という設定だった。

まとめると「ワイルド・スピード」のタイムテーブールは
1 → 2 → 4 → 3 という流れになります。

カーアクションはこれまでのシリーズ同様に物凄い迫力で、
登場する車もマニアにはたまらないのでしょうか
(自分はマニアではないので良くわかりません)。

ただ、「悪い奴ってみんな速い車に乗ってるんだな」
と、感心してしまいました。

まあ、これもジャッキー・チェンの映画に登場するバイクは
全てモトクロスバイクというのと同じ考えで、
お約束と割り切りました。

この「ワイルド・スピードMAX」は
車にそれ程興味がない人でも充分楽しめ、
何も考えずに最後まで観る事のできる映画だと思います。

「ワイルド・スピードMAX」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30