山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「ヴィン・ディーゼル」が付けられているもの

「ワイルド・スピード」シリーズの第6作目となる「ワイルド・スピード EURO MISSION」。出演はヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス、ドウェイン・ジョンソン。監督は続投となるジャスティン・リン。

ストーリーは、
リオの犯罪王から大金を強奪し、逃亡生活を送っていたドミニクの前に、FBI特別捜査官ホブスが現れ、高度な運転技術を用いて世界各国で犯罪を繰り返す巨大組織を壊滅させるため、ドミニクとそのチームに協力を要請。ドミニクは、死んだはずの元恋人レティが、その組織を率いる元エリート軍人のショウに協力していると聞かされ、その真偽を確かめるためにもホブスの依頼を引き受ける。ドミニクは相棒のブライアンら仲間のドライバーたちを招集し、ショウ一味を追跡する。

シリーズを重ねれば重ねる程、興行収入が増えていくという、今までにあまり例のない人気シリーズとなった「ワイルド・スピード」。「ワイルド・スピード EURO MISSION」は前作の「ワイルド・スピード MEGA MAX」のラストで「ワイルド・スピード MAX」で死んだはずのミシェル・ロドリゲス演じるレティが登場した予告通りにレティが復活し、文字通りオールスターキャストとなっていました。

このレティが生きていた経緯もかなり無理がありましたが、「ワイルド・スピード」シリーズ好きの人間なら、この点に突っ込むのは野暮なものでしょうね。他にも今回は戦車が登場したり、ラストの空港の滑走路での飛行機とのカーチェイスといい、とにかく突っ込み所満載。それでも迫力のある映像で手に汗握るカーチェイスシーンは観ていて楽しかったです。個人的にはアルファロメオのジュリエッタが登場したのが意外でしたね。

この「ワイルド・スピード EURO MISSION」で、「ワイルド・スピード TOKYO DRIFT」から監督をしていたジャスティン・リンが監督を退くのですが、最後の最後で「ワイルド・スピード」シリーズ6作全てを繋げてくれました。エンドロールで今まで「ワイルド・スピード TOKYO DRIFT」だけが異質な存在だったのを見事(強引)にジェイソン・ステイサムを登場させ、話の流れをスッキリさせ、これで「ワイルド・スピード」シリーズは「1→2→4→5→6→3→7」と無事に繋がっていくことになります。

次回作ではヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムとハゲ3人が揃って、どんなドンパチを繰り広げるのかと期待をしていましたが、昨年11月末にブライアンを演じるポール・ウォーカーの突然の訃報には驚かれました。絶対に替えのきかない俳優なので、これで今後のシリーズのシナリオは完全に変更となりそうですが、第7作目はかなり時間が経ってからの話になりそうなので、それでどうにか対応するのであろうと思います。

「ワイルド・スピード EURO MISSION」は車に興味がない人でも楽しめる映画だと思いますし、ポール・ウォーカーの勇姿を目に焼き付ける意味でも見逃せない映画だと思います。

「ワイルド・スピード EURO MISSION」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー出演の
ワイルド・スピード」シリーズの5作目となる
ワイルド・スピード MEGA MAX」を観てきた。

ストーリーは、
前科者のドミニクと彼を脱獄させた元捜査官ブライアンは、
張りめぐらされた捜査網をかいくぐり、ブラジルの裏社会で身を隠していた。
2人は逃亡生活を終わらせて自由を得るため、
裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを強奪する計画を立案。
世界中から凄腕のドライバーを集める。

前作の「ワイルド・スピード MAX」のラストシーンから始まり、
今作も主要なキャラクターがそのまま登場し、演じる俳優陣も変わらないので
ワイルド・スピード」シリーズの世界観も今まで通りだったので、
すんなりと物語にも入っていけましたね。

そして自分的に今作の一番のポイントだったのが、
ドウェイン・ジョンソンこと、ロック様がFBIの捜査官として登場したことですね。

最近はヒット作に恵まれていなかったロック様ですが、
この「ワイルド・スピード MEGA MAX」での役所は良かったので、
今後の活躍も期待しています。

そして悪役となる組織のボスのレイエスを演じている
ヨアキム・デ・アルメイダの貫禄の演技も見事でした。

この人ほど麻薬がらみの組織のボスを演じさせて
安定している人はいないと思いますね(というか、こういう役以外は観た事がない)。

それにしても車がメインの映画のはずなのに、
今回は、あまりカーチェイスのシーンがなく、「おや?」と思いましたが、
やはりラストはガッツリとやってくれましたね。

しかし、ラストのカーチェイスは今までに見た事がない展開で、
完全にギャグのようなシーンを真面目にやっていて、
ターミネーター3」の一シーンを思い出させてくれるような、
無茶苦茶で笑わせてくれた、新鮮なカーチェイスでした。

公開前の宣伝が「これでラスト」みたいな謳い文句でしたが、
アメリカではシリーズで一番の興行収入を記録したようだったので、
「絶対に続編はあるだろう」と勝手に読んでいましたが、
エンドロールに差し込まれたシーンで、続編が確定でしたね。

ワイルド・スピード」の最初の頃の作品は、
本当にカーチェイスがメインの映画でしたが、
「ワイルド・スピード MEGA MAX」は普通のハリウッド映画という感じになっていたので、
車にあまり興味がない人にも楽しめる映画だと思います。

ワイルド・スピード MEGA MAXのパンフレット

ヴィン・ディーゼル主演の「ワイルド・スピードMAX」の鑑賞券が
viewカードの抽選で当たったので観てきた。

この「ワイルド・スピード」シリーズは
今回の「ワイルド・スピードMAX」で4作目。
そしてこの4作目で、1作目の主要キャスト4名が
再登場という珍しい展開となっている。

これもヴィン・ディーゼルが最近ヒット作に
恵まれていないからかなあと勝手に勘繰ってしまったりしてしまう。

ストーリーは
南米に逃亡したすご腕ドライバー、ドミニクは
恋人レティとともに輸送車からの強奪を繰り広げていた。
一方、FBI捜査官ブライアンは、麻薬組織のボス"ブラガ"を追い続けていたが、
お尋ね者のドミニクが8年ぶりにロサンゼルスに戻って来たという知らせを受ける。

「ワイルド・スピード」シリーズは1作目と2作目は観たけど、
3作目は予告に妻夫木君が出ていた時点で観る気が失せてしまい、
観ていないのだけど、この「ワイルド・スピードMAX」は
3作目の前の話という設定だった。

まとめると「ワイルド・スピード」のタイムテーブールは
1 → 2 → 4 → 3 という流れになります。

カーアクションはこれまでのシリーズ同様に物凄い迫力で、
登場する車もマニアにはたまらないのでしょうか
(自分はマニアではないので良くわかりません)。

ただ、「悪い奴ってみんな速い車に乗ってるんだな」
と、感心してしまいました。

まあ、これもジャッキー・チェンの映画に登場するバイクは
全てモトクロスバイクというのと同じ考えで、
お約束と割り切りました。

この「ワイルド・スピードMAX」は
車にそれ程興味がない人でも充分楽しめ、
何も考えずに最後まで観る事のできる映画だと思います。

「ワイルド・スピードMAX」のパンフレット

●この記事で触れている作品は下記リンクよりAmazonで購入できます。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30