山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「六本木ヒルズ」が付けられているもの

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されている
「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」に行ってきました。

森アーツギャラリーは昨年「ドラゴンクエスト展」が開催されていましたね。

六本木駅から森アーツセンターギャラリーの入口に行くまでの間には、
ジョジョ展の告知が増えてきて、嫌が応にもテンションが上がっていきます。

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展

ちなみに今日のチケットは全て完売となっていたので、
改めて荒木先生の人気の高さを伺うことができましたね。

当日券はありません

前売り券を当日券に引き換え、エレベーターで一気に52階まで上がります。

前売り券を購入した時点で入場時間が決まっていたので、
すんなりと入場できると思いきや、入場待ちの列が待ち構えていました。

ここで10分程並び、入場口に到着。

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展

イギーのシルエットが描かれた注意書きもありました。

注意書き

場内の撮影は当然ながら禁止だったので、ここからはテキストで説明。

場内は基本的に一部毎にブースに分かれていて、
原画の展示とARの仕掛けなどがあり飽きさせない仕組みになっていましたが、
やはり入場者が多いので、ずーっと行列に並びつつ鑑賞するという状況でした。

一部のブースには中央に巨大な「ジョジョの奇妙な冒険」1巻が鎮座しており、
最初から驚かせてくれました。

二部のブースの入り口では柱の男が出迎えてくれ、
床にはデジタル映像でできた池があり、ここを踏むと波紋が起きるという演出。

三部では、承太郎とDioの等身大フィギュアをiPadを通して見ると、
頭上にスタープラチナとザ・ワールドが戦っているARが表示される仕掛けが。

四部では杜王町の全体図をこれまたiPadを通して見ると、
ARにて杜王町の名所を表示してくれる展示がありました。

五部では、等身大のブチャラティの横にスティッキィ・フィンガーズのジッパーがあり、
これを頑張ってくぐってみましたが、軽く首をつってしまいましたね。

六部は舞台が監獄ということもあり、
全てが原画が鉄格子の中に展示されているという洒落たものに。

七部では「スティール・ボール・ラン」のトロフィーが飾られていました。

八部の「ジョジョリオン」は、まだ連載が始まったばかりなので、
原画だけの展示になっていました。

各部毎にこの原画展のために荒木先生が書き下ろした原画が飾ってあって、
連載時とはかなり変わった印象のツェペリさんやリサリサの姿があったり、
ブチャラティチームが新幹線のはやぶさと一緒に描かれていたりして、
これには「おおっ」と驚きつつ、嬉しくなりましたね。

展示を全て見終わった後には、もう一つのメインであるグッズ売り場に移動。

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展グッズ売り場

ただ、欲しかったTシャツなどはほとんど売り切れていたので、
グッズを買いまくってやろうと思っていただけに残念な思いをすることとなりました。

荒木先生の原画集。

荒木先生の原画集

勝手も使わないと分かっているのに購入したクリアファイル。

クリアファイル

徐倫とブチャラティが夢の共演をしているクリアファイル。

クリアファイル

荒木先生が原画展のために書き下ろした10枚のデザインが描かれたポストカード。

ポストカード

他にも原画展のメインビジュアルのポスターも購入しました。

グッズショップでは自分の会計しているレジの隣では、
3万円とか4万円とかの金額を普通に使っている人が多数いたのには驚かされ、
「自分もまだまだだな」と思いを新たにすることとなりました。

会場の時の流れがおかしかったのか、気がつけば入場してから会場を後にするまでに
3時間以上も経過しているという驚くべき事態となっていましたが、
それだけ展示が充実していたということだと思います。

かなり堪能した「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」でしたが、
もう一度行って、今日とは違う角度から展示を見てみたいと思っています。

そして、まだ行っていない人は絶対に行った方がいいと、強くお勧めします。

ドラゴンクエスト展

|

ドラゴンクエストが発売されてから今年で25周年という事で、
六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されている
ドラゴンクエスト展」に行ってきました。

ドラゴンクエスト展

この日は同じ六本木ヒルズにレッドカーペットが敷かれ、
ミッション・インポッシブル」のイベントでトム・クルーズが来場していましたが、
そちらは無視し、「ドラゴンクエスト展」の会場に向かいました。

まずは当日券を購入しなければならないのですが、
この時点で50人くらい並んでいるという予想外の出来事に、
改めてドラゴンクエスト人気の高さを感じさせてくれました。

チケットブースにはスライムタワーが待ち構えていました。

スライムタワー

その後、エレベーターに乗り、52階の会場まで一気に昇ると
「ドラゴンクエスト展」の入口があります。

ドラゴンクエスト展

会場に入ると直ぐ、ダーマの神殿があり、今回の冒険の職業を
「戦士」、「武道家」、「魔法使い」、「僧侶」の中から選びます。

自分は普通に「戦士」を選びました。

戦士の冒険の書

会場内はほとんどが撮影禁止だったので、あまり写真がありませんが、

ドラキー、

ドラキー

おおきづき、

おおきづき

スライムナイト、

スライムナイト

さまようよろい、

さまようよろい

ゴーレム、

ゴーレム

以上、5体のクエストに絡むモンスターの写真だけは撮影OKでした。

その後、最後のクエストとして竜王と戦い、みんなの力で倒す事に成功。

続いて、「ドラゴンクエスト」誕生までの色々な資料が陳列されているブースに移動。

ここの資料の充実度がハンパなかったです。

堀井雄二先生のお世辞にも綺麗とは言えない手書きで書かれた
「ドラゴンクエスト」の企画書、仕様書などが飾ってあり、
ただただ「こうやって作っていったのか」と感動するだけでしたね。

「ドラゴンクエストⅠ」ではカタカナが20文字しか使えなかった事や、
ファイル1冊に全ての資料が収まっていましたが、
その後、シリーズが進むにつれ、容量も増していき、
ファイルも各町に1冊といった具合になっていくのを見て、
「そりゃ、作るのに時間がかかるようになる理由だよ」と納得させられました。

鳥山明先生がデザインしたモンスターの原画も多数飾られいて、
初期のモンスターに関しては、白と黒だけ使ったイラストなのに、
現在でも色褪せなく、古さを全く感じさせないデザインには驚かされました。

そして、鳥山明先生の凄さを改めて思い知らされてくれたのが、
堀井雄二先生が最初にデザインした下手糞な各キャラクターやモンスターを、
今の皆が知っているデザインに変換してくれた事です。

この鳥山明先生の変換作業がなかったら、
「絶対にドラゴンクエスト人気は出ていなかった」と断言できる位、
堀井雄二先生のデザインは酷すぎました。

あと、すぎやまこういち先生の手書きのスコアも飾られていたブースもあり、
そこで流れる懐かしいBGMに暫くの間、聞き入ってしまいましたね。

最後のブースには「ドラゴンクエスト」のグッズが多数陳列されていて、
小学生の頃に自分が買ったグッズを見つけて興奮してしまいました。

そして最後に全クエストをクリアした証として、
「勇者の証」をもらい楽しかった「ドラゴンクエスト展」も終了。

勇者のバッジ

あの「ルイーダの酒場」も出張営業していて、

ルイーダの酒場

高層階から東京の夜景を眺めながら、お馴染みのメニューを楽しむ事もできました。

夜景

正直、あまり期待をしてはいなかったのですが、
これが意外や意外、物凄く楽しめ、1時間以上かけ、ゆっくりと堪能する事ができ、
最初は高いと感じた1,800円の入場料も最後には安く感じましたね。

そして改めて「ドラゴンクエスト」の素晴しさに触れる事ができ、
今は久しぶりに「ドラゴンクエスト」をプレイしたくなっていて、
Wiiの本体と最近発売された「ドラゴンクエストⅠⅡⅢ」を買ってしまいそうです。

本日の目的を無事達成したので、帰ろうとしましたが
「六本木ヒルズの搭」の出口が中々見つからず、搭の中を10分彷徨い、
さらに一息つこうと立ち寄ったスタバのレジの店員が、
ボストロールに似ているという最後まで気を抜かせてくれないイベントでした。

↓売店でどうにか捕獲できた「はぐれメタルスライム」です。

はぐれメタルスライム

六本木ヒルズなんて自分には縁のない建物だと思っていたが、
セミナーを受講するために訪れる羽目に。
世の中わからんもんです。

セミナー会場が49階のアカデミーヒルズ
後でワールドビジネスサテライトを見て知ったのだが、
なんとこの場所、普段は年会費10万円の会員制のスペースらしい。
もう二度と行くことはないだろう。

セミナー開始までの時間をラウンジみたいな所にいたのだが、
ここからの眺めが最高。
東京タワーを眼下に眺め、レインボーブリッジも見渡せる。
周りに常連さん達がくつろいでいる中、
凄い挙動不審な動きで窓際まで行き、
サッと一枚写真を撮った。

アカデミーヒルズからの景色

恥ずかしい思いをしながら撮ったのだが、
残念ながらブレてしまった。

セミナー終了後に階下のスタバで一息。
そこで六本木ヒルズ限定のタンブラーを発見。
観光客がお土産として買っているのに混じって購入。
ラッピングがとても洒落ていて、とてもいい記念の品物になった。

六本木ヒルズタンブラーラッピング 六本木ヒルズタンブラー中身

でも使わないんだろうな、これも。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31