山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「餃子」が付けられているもの

永華 in 栃木物産展

|

佐野プレミアムアウトレットの近くにあるイオンの中に昔入っていた佐野ラーメン屋の「永華」が地元のデパートの栃木物産展に出店していたので、昼飯を食べに行ってきました(約4ヶ月前の話)。

永華

 

かなり前に地元の先輩に「佐野ラーメンの店だけど、餃子が美味い店がある」と連れて行ってもらったのが佐野のイオンの中にあった「永華」との出会いでした。

当時はまだ若く食欲もかなり旺盛で、「ラーメン&餃子」を食べる事など当然だったので、当たり前のように「ラーメン&餃子」を注文したらオーダーを取りに来ていた女子高生のバイト(多分ね)に「餃子はハーフをお勧めします」と言われたことにカチンときてしまい、心の中で「女、子供じゃねーんだからハーフなんてありえないだろうが!」、「俺の胃袋はブラックホールなんだよ」と毒づいた後に、紳士的に「餃子は普通で大丈夫ですよ」と注文し、直ぐに後悔することになったんですよね。

まあ、ここまで佐野ラーメンの店なのに餃子の事しか書いてませんが、この店の佐野ラーメンは至って普通の味でしたよ。そもそも物凄く美味い佐野ラーメンにも不味い佐野ラーメンにも出会ったことはありません。全て普通なんですよね、佐野ラーメンって。

で、餃子が出てきたら驚きましたよ。デカいの。一個の餃子が拳くらいの大きさなの。そして餃子の餡がこれでもかって、おかしいくらい入ってるの。これが6個もあるの。ここでもう一つ驚いたのが、一緒に行った先輩は餃子の大きさを知っていて、ちゃっかりハーフを注文していたのね。この瞬間は裏切られたと涙が出たけれど、いざ餃子を一口食べてみるとこれが美味くて、箸が止まらなくなり、次から次へと食べて行けたんだけど、それも4個までが限界で、そこからはもう拷問のようになりながら餃子をどうにか完食。でもこれが限界で、続いて配膳された佐野ラーメンは半分くらいしか食べられずに、残った具と麺をスープの中に隠して逃げるように会計を済まし、心の中で女子高生のバイト(多分ね)に心の中で謝りながら店を出たのは良い思い出です。

その後、この「永華」の佐野イオン店がなくなってしまい、佐野市内のどこかに本店があるらしいけれど、どこにあるか知らないので、もう行く事はないだろうなと思っていたのに、まさかその5〜6年後に地元のデパートで再びこの餃子と出会うとは思いませんでしたね。

で、物産展で佐野ラーメンと、今回は学習したのでハーフの餃子を注文。

佐野ラーメンは至って普通のラーメンです。今回はしっかり完食しました。

永華の佐野ラーメン

 

で、こちらがハーフの餃子。3個です。

永華の餃子

 

以前よりも餃子が小さくなった印象なのですが、これは自分が大きくなったから感じたのかもしれません。でもやっぱり餃子は美味かったですし、懐かしかったですね。お土産の生餃子も買って帰ってしまいました。

あとはラーメンを食べている時に、同じ物産展の会場で「とちおとめ25」なるご当地アイドルが、何かしていたのが印象的でした。

赤坂 珉珉の餃子

|

職場のMさん(@お馴染みの鉄子)一押しの餃子を食べに
赤坂の珉珉に行ってきました。

赤坂と乃木坂と青山一丁目の丁度中間点にあるので
どの駅で降りても5分以上はかかり、
さらに住宅地の中の細い道を入った所にある珉珉には
iPhoneのナビゲーションがなければ辿り着けなかったと思う。

赤坂 珉珉

店内は予想していたよりも綺麗で、
さらに金曜日の夜ということもあり、大混雑だった。

まず最初に今夜の主役の餃子を注文。

珉珉の餃子

普通の餃子よりも一回り大きく、
揚げたてということもあり、とてもジューシーでした。

そして特筆すべきなのが、珉珉オリジナル?の餃子のタレ。

珉珉の餃子のタレ

小皿に酢を注ぎ、店員さんがギャバンの胡椒を
これでもかと、ふりかけて完成。

胡椒で餃子なんて初めてだったけど、物凄く美味かったっス。
これは癖になりそうな味でした。

そして名物のドラゴン炒飯も注文。

ドラゴン炒飯

がっつりとニンニクが効いた(効きすぎた)炒飯は
最近、脂ぎっしゅな自分にはたまらない破壊力でした。

この他にも頼んだ炒め物も全て美味しかたっス。

アクセスに少々、難がありますが、
今後も何回でも通いたいと思える店でした。

玲玲

|

昼休みに餃子を食べるという大人の行為を
遂に実現する事ができました。

この夢が叶った場所は新橋駅の烏森口から徒歩1分程歩き、
クスリのバンビの2階にある玲玲。
玲玲と書いて「りんりん」と読むようです。

玲玲

職場のMさん(@電車と同じ位、餃子も好き)がネットで発見し、
職場のお姉様達と一緒に食してきました。

ランチのメニューは焼餃子定食や麻婆豆腐定食があり、
基本的にはどの定食にも餃子が付いていた。

メニュー

自分は麻婆豆腐定食を注文。

一つ一つが大きめの餃子と

餃子

上品な辛さが特徴の麻婆豆腐。

麻婆豆腐

どちらも美味しく、ボリュームがあり、美味しく頂きました。

ただ、気になったのが、注文してから2分位で餃子が出てきたこと。
多分、ランチではお客のほとんどが餃子を注文するから
前もって焼いてあるのだと思うけど、
焼き立ての熱々ではなかったのが残念だった。

職場からは少々遠かったけど、
店員のオバちゃんの感じも良く、いいお店だと思い間ました。

今度は夜に訪れて見たいと思います。

天龍の餃子

|

「銀座に餃子なんかないだろう」
という勝手な自分の固定概念を覆してくれたのが
この銀座2丁目にある天龍。

天龍

銀座で餃子という韻を踏んだ響きにやられ、
天龍の名物の餃子を注文してみた。

で、出てきた餃子にびっくり。

天龍の餃子

一人前8個で、
大きさはモンキーバナナ位の大きさで
値段は1,020円。

こんな大きい餃子は初めて見たし、
一人前1,020円の餃子も初めてだった。

この餃子はにんにくを使用しておらず、
豚肉と白菜を中心に作られている。

そのためか、しつこくなく、
この大きさの餃子8個でも
あっさり食すことができた。

池袋の東武デパートにもあるようなので
お近くの方は行ってみてください。

また銀座を訪れた時には寄りたい店だ。


大きな地図で見る

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30