山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「ACL」が付けられているもの

浦和レッズ ACL HOME 07

|

毎年新しいユニが発表されるのを楽しみにしていて、
この年はACL(アジアチャンピオンズリーグ)に初出場するため、
Jリーグの試合時に着用する国内用と
ACL等に着用する国際用の2型発表された。

国内用のユニフォームの胸スポンサーは「SAVAS」、
国際用のユニフォームの胸スポンサーは「DHL」となった。

第1印象はSAVASは微妙だし(今も微妙だと思う)、
DHLは最初は化粧品のDHCだと思ったし、
赤が売りのチームなのに黄色を使ってるよと散々な評価だった。

浦和レッズ07年ACL用ユニフォーム

このDHLのユニフォームは最初の販売数が少なく、
完売する店が続出。
後にACLの決勝トーナメントに進出が決まってから
再発売された経緯がある。

まあ、浦和も予選リーグで敗退することもありえると考えて
発注数を少なくしたのだろう。

でも最初に販売されたユニフォームと
追加で販売されたユニフォームには明確な違いがある。

それは左袖にフェアプレイワッペンが
付いているか、いないか。

左袖と配布されたワッペン

最初に販売されたユニフォームの左袖にはワッペンはなく、
追加で販売されたユニフォームには最初からワッペンが付いている。

後に最初のユニフォームを買った人にも
ワッペンが配られたが、
自分でアイロンで付けなきゃいけなかった。

でも自分は最初に買いましたと誇示したいので
未だに左袖には何も付いていない。
本音はアイロンで上手く付ける自信がないからなんだけどね。

このユニフォームを纏い、浦和は快進撃でACLを制覇。

埼玉スタジアムで行われた予選リーグからこのユニで参戦し、
決勝での勝利、優勝の瞬間もこのユニを着ながら生で味わうことができ、
一生忘れられないユニフォームとなった。

デザイン的には今年の国際用ユニフォーム
ほとんど変わらないんだけどね。

今年のACLも準決勝まで進出。
今日、ちょうどガンバ大阪と準決勝第1戦が行われ、
1対1で終了。

10月22日に決勝進出を掛けて、
埼玉スタジアムで運命の第2戦が行われる。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31