山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「ALLSTAR」が付けられているもの

ALL STAR BM HI BATMAN

|

1989年にティム・バートン版「バットマン」が公開された時に
コンバースからリリースされたオールスターのバットマンモデルが、
なぜかこのタイミングで復刻されたので購入してみました。

当時は中学生だったので、それ程スニーカーに興味がなかったことと、
当然ながら金もなかったのでもちろん買えませんでしたが、
その後、古着屋で何度か見かけ、その度に興味が増していき、
オークションで落札にチャレンジしてみたのですが、ことごとく敗れ、
ゲットできないまま存在を忘れていました。

そんな状態だったのに、なぜか年が明けてから普通に復刻していたのを発見し、
懐かしさのあまりゲットとなった運びです。

でも、「ダークナイトライジング」の公開は去年だから、
やっぱりタイミングが微妙なんだよなぁ。

こらでもかとバットマンロゴとTMがプリントされています。

ALL STAR BM HI BATMAN

ベースは黒一色といった感じです。

ALL STAR BM HI BATMAN

ヒールのオールスターロゴも黒黄です。

ALL STAR BM HI BATMAN

オールスターマークも黒一色となっています。

ALL STAR BM HI BATMAN

インソールにはバットマンが隠れていました。

ALL STAR BM HI BATMAN

ここにもゴッサムシティをバックにバットマンロゴがあります。

ALL STAR BM HI BATMAN

そういえば箱も新しいデザインになっていましたが、
どうせなら箱もバットマン仕様でお願いしたかったですね。

ALL STAR BM HI BATMAN

ちなみに黄色の代え紐が付いていました。

この「ALL STAR BM HI BATMAN」はキャンバス地だったのですが、
他に同じモデルでレザー仕様の物もリリースされていましたが、
レザーの方は少しやり過ぎかなと思い、見送りました。

念願が叶って、このバットマンのオールスターを手に入れたわけですが、
まあ、皆さん既にお気付きかとは思いますが、これは履けんですよね。

これを履いて外に出たら、
周囲に自分がバットマン好きだというのがバレてしまいますからね。

どうやら普通のおっさんとして生活するのには不向きなようです。

ネット上で見かけた、インディゴブルーのダメージデニムを使用した
オールスターに一目惚れしたけれど、自分のサイズがなかったので、
代わりに見つけた「ALL STAR HI DAMAGE DENIM BLACK」を購入しました。

ALL STAR HI DAMAGE DENIM BLACK

購入の決め手になったのは、5,000円以下というリーズナブルな価格でした。

ALL STAR HI DAMAGE DENIM BLACK

ところが商品が届いてみてビックリ。

ダメージデニムという割には、
猫が「ミャー」と一掻きした程度の傷しかなかったです。

ALL STAR HI DAMAGE DENIM BLACK

とても残念な靴になってしまいましたが、
安かろう、悪かろうという事で諦めますよ。

まあ、この靴の話題はこの位にしておいて、
最近コンバースに関する心配なニュースを見かけました。

日本でコンバースの商標を持っている伊藤忠の訴えによって、
今後、日本国内では日本企画のコンバースしか流通できなくなるようです。

そもそも米国のコンバースは数年前に倒産し、
ナイキ傘下に入り(今もナイキ傘下なのかは分かりませんが)、
新しいコンバース社として再出発している事が関係しているのか、
かなり以前から伊藤忠は訴えていたようです。

しかし、今回の訴えが通ってしまったようで、
今後は日本国内では海外企画のコンバースが国内で流通できなくなってしまうようです。

これは大問題です。

はっきり言って、海外企画のコンバースには魅力的な物が多いです。

カート・コバーン物やマッキントッシュの生地を使ったコラボ物等、
最近でも惹かれる物が多々ありました。

これが日本企画になってしまうと、マリオやバカボンですからね・・・。

もうどうする事もできませんが、今後が思いやられますよ。

CONVERSE ALL STAR SN CZ HI

|

久しぶりに雑誌で見た瞬間に一目惚れをしてしまい、
店に電話で発売日を問い合わせ、
予約までして購入したこのオールスター。

ソフネットとコンバースのダブルネームのオールスター ソフネットとコンバースのダブルネームのオールスター

SOPHNET.とコンバースのダブルネームのオールスターで
通常のものとの違い、サイドにジッパーが付いていて、
紐を解かなくても脱ぎ履きができるモデルになっている。

ソフネットとコンバースのダブルネームのオールスター

インソールにもSOPHNET.のロゴがデザインされている。

ソフネットとコンバースのダブルネームのオールスター

ただ一点勘違いしていた所があり、
雑誌で見た時は素材がレザーに見えたのだけど、
実際はキャンバス。
そのため当初想像していたものよりも
チープな印象になってしまったのが残念だ。

いざ履いてしまえば量販店で3000円で売られている
普通のオールスターと変わらないのは間違いなく、
SOPHNET.とCONVERSEのダブルネームと気付く人は皆無だろう。

でもいいのさ。
所詮は自己満足の世界だから。

CT PRODUCT RED OX

|

大宮のJOURNAL STANDARDで
普通の赤いオールスターよりも赤い
(鳩目(写真じゃ見えないけど)とかヒールのパッチがね)、
オールスターを見つけ、
店員に「何かのコラボなの?」と尋ねたところ、
PRODUCT REDとのコラボモデルだった。

CT PRODUCT RED OX CT PRODUCT RED OX CT PRODUCT RED OXのヒール CT PRODUCT RED OXのインソール CT PRODUCT RED OXのPRODUCT REDを示す布 CT PRODUCT RED OXの箱

PRODUCT REDは簡単に言うと、
U2のボノらが中心となり、
このPRODUCT REDに協賛している企業の商品の
売上の一部を世界基金のアフリカでのエイズ対策支援に
役立てるというもの。

PRODUCT REDに協賛している有名な企業では、
Appleの赤いiPodが有名。

このオールスターは
売上の5%が基金に寄付されるらしいのだけど、
これ、セールで半額だったんだよね。
しかもルミネカードでさらに7%オフ。
なので3,000円台で購入。

かなりのお買い得だったけど、
このモデルをセール価格にしてしまっていいのか?
この基金の趣旨に反しているのような・・・。
という疑問は今も持ち続けている。

でもお買い得商品を上手く買えたので、
良しとしようかな、200円弱は寄付になるんだし。

ただ、赤い靴ってあまり履く機会がないかな・・・。

CONVERSE ALL STAR HUGE HI

|
オールスターヒュージハイ オールスターヒュージハイ

ここ最近の流行りで、
ラルフローレンやラコステのポロシャツの
胸のロゴマークが巨大化していたが、
遂にコンバースにもその波が到達し、
大きくなっちゃった。

オールスターヒュージハイ allstarhugehi.JPG

ハロウィンの魔法でいたずらされて
ロゴが大きくなった設定らしい。

少しロゴが大きすぎる気もするけど、
結構いけると思い購入。
満足してますよ、はい。
これは履く予定だよね。

つい最近、靴屋でこのオールスターが
半額セールで売られていたのを見た時は
涙をこらえるのが大変だった。

この黒以外に紺と白もあったので、
もしまだ買える機会があれば欲しいな。

CONVERSE ALL STAR 迷彩

|

2008年がコンバースが誕生して100周年ということで、
今年一年は100周年モデルが多数発売される予定らしい。
数多くある100周年モデルの中でビビっときたのがこれ。

convers allstar camo

allstar迷彩 allstar迷彩

数年前にmade in usaモデルのキャンバス地のallstarが
復刻された時にも即購入したが、
その時はlowカットしか購入しなかったため、
今回の100周年の迷彩はハイカットだったので、
数年前に買い逃したハイカットのことを思い出し即購入。

ただ一つ気にくわないのが、
キャンバス地ではなくヌバックということ。
できればオリジナルの復刻であって欲しかった。
ヌバックということで値段も高めだったし。
それと残念なのは迷彩の靴って30オーバーが履く靴じゃないんだよね。
また履かない靴が増えていく...

前回復刻したconvers allstar camo(使用済み)

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31