山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「NIKE」が付けられているもの

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

|

2008年以来となるナイキと浦和レッズのスニーカーのコラボが
約4年ぶりに復活し、今回は「TENNIS CLASSIC」が選ばれました。

もちろん色は赤がメイン。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

スウォッシュは黒で、ソールは白。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

差し色はゴールドが使われています。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

そして今回のコラボの目玉となるのがこの刺繍。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

「2う」と縫われていますが、意味不明ですよね。

前回の「AIR MAX 1」とのコラボでも浦和名物の「うなぎ」が押されていましたが、
今回は浦和レッズ20周年ということもあり「20」の「0」を
うなぎの「う」に変更することによって、完全に意味不明になっていました。

タンのナイキのロゴの部分も金色です。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

インソールには分かり辛いですが、
赤地に薄らと菱形の模様が浮いているのが確認できます。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

替え紐として黒の紐が付いていました。

できることなら、このスニーカーのコラボは続けて欲しいのですが、
次からは「うなぎ」とは決別してもらい、
分かり易く「浦和レッズのエンブレム」を使用してもらいたいと思います。

I LIKE Tシャツ

|

「BEAMS T」と「NIKE」がコラボした"Sport is Art"からリリースされた
「I LIKE」Tシャツを購入してきました。

写真だと袖の部分が違う色に見えますが、普通のグレーのTシャツです。

I LIKE Tシャツ

"Sport is Art"は今年の2月にも行われていて、
その時にも「I LIKE」Tシャツは販売されましたが、
買おうか、どうしようか迷っているうちに売り切れてしまったので、
今回は早めに買いに行ったというわけです。

ナイキのスウォッシュの上に通常なら「NIKE」と入るところ、
「I LIKE」と入っているのがミソなんです。

I LIKE Tシャツ

丁度、今年の2月頃は「NOISE」や「FCRB」などのリリースもあり、
この形態が流行っていた時期でもありましたからね。

正直、2月にリリースされた「I LIKE」Tシャツの方が好きなのですが、
まあ、良しとしましょうか。

この「I LIKE」Tシャツで何よりも嬉しかったのが、
Tシャツをミニチュア版のナイキの靴の箱に入れてくれた事です。

I LIKE Tシャツの箱

こんな感じにTシャツを収納できます。

I LIKE Tシャツの箱

これには感動しましたね。

袋も"Sport is Art"仕様になっていました。

I LIKE Tシャツの袋

ただ、この嬉しさも店外に出るまででした。

外に出ると雨が降っていたので、Tシャツを鞄の中に入れようとした所、
箱がかさばって、鞄に入らないの。

箱がなければ何の問題もなく鞄に入れられたのに、
この洒落た箱のせいで、雨の街中、満員電車と手に持ったままの罰ゲームを
自宅に帰るまで味わう事になりました。

一応、サラリーマンなので、鞄は常識的な大きさなのです。

この他にも色々とTシャツがリリースされていたので、
気になる方は「BEAMS T」をチェックしてみてください。

ちなみにこの「I LIKE」Tシャツは、
I LOVE 新橋Tシャツ」と同系統になるのだと思います。

AIR MAGMA 黒紫

|

久しぶりに靴のネタです。

昨年の10月に復刻されたAIR MAGMAは、
90年代のACGカテゴリーが登場する直前にリリースされた
ACGのルーツともなったスニーカーだ。

AIR MAGMA 2.4 黒紫

去年に引き続き、今年も復刻され、
今では10色以上のカラーバリエーションがリリースされた。

このAIR MAGMAは2番目に復刻された黒紫。
最初に復刻されたベージュは大人気で、
発売と同時に定価を大幅に上回る金額で取引されていたので、
手が出なかったけど、この黒紫は一転して不人気モデルとなり、
定価を下回る値段で簡単に購入することができるモデルだった。

AIR MAGMA 2.4 黒紫

が、最近になって各店の在庫がなくなってきたのか、
安かった価格が定価位まで戻ってしまい、
慌ててオークションで落札し、ゲットとなった。

本当は夏頃に一度ネット通販で購入したけど、
その店が在庫管理もできない、どーしようもない店で、
注文がキャンセルされてしまった。

今回、ネット通販で注文した時よりもワンサイズ上を購入した所、
これが大正解でサイズがピッタリだったので、
ネット通販で購入できなくて結果オーライとなった。

ほぼ黒青に近い、黒紫のこのカラーリングが、
自分は気に入っているので、購入できて大満足です。

この靴の購入がきっかけで再びスニーカーブームが甦ってしまったので
今後も何足かいっちゃいそうです。

NIKEが浦和レッズのユニフォームサプライヤーとなった
2004年に発売されたウインドブレーカー。

浦和レッズ ウインドブレーカー 2004 浦和レッズ ウインドブレーカー 2004

デザインは赤に首から脇の下にかけて灰色を配し、
配色を見ると、ウルトラマンの体の模様に似ているので、
このウインドブレーカーを自分は勝手に「ウルトラマン」と呼んでいる。

右腕には「トーシン」、

トーシンのロゴ

背中には「kabu.com」のスポンサーロゴが入っている。

kabu.comのロゴ

今日ぐらい寒くなってしまうと、ウインドブレーカーだけでは厳しいけど、
秋口のナイターの試合を観戦する時には重宝している。

ウインドブレーカーは2004年から毎年デザインを変え、
発売されているけど、手前味噌になってしまうが、
自分が購入した2004年のモデルが一番いいデザインだと思う。
(機能は年々良くなっているんだろうけど・・・)

今年もあと3試合。
さすがにスタジアムではウインドブレーカーだと寒さが辛いので、
そろそろボアコートでも購入しようかと真剣に悩んでます。

NIKE KILLSHOT

|

二十歳位の時に友達がカリフォルニアに留学した際に、
友達に頼まれ、日本のテレビ番組のビデオや、
ショッポのカートンやAV他を送ってあげていた。

その友達が帰国した際に、
お土産としてくれたのがこのNIKE KILLSHOT。

NIKE KILL SHOT

自分がスニーカー好きということを知っていた友達が
フリマでゲットしてきたようだ。

NIKE KILL SHOT NIKE KILL SHOT

最初の印象は光ゲンジ?ってな感じ。
まあ無茶して作っちゃったんだろうなって感じだったけど、
よく見ると下のブレードにナイキのロゴが入っているので、
まさかの純正ローラースケート。

NIKE KILL SHOT NIKE KILL SHOT

タンの部分にKILLSHOTと記されていて、
随分と物騒な名前で、本当にこの名前なのかと疑問に思っていたけど、
最近雑誌でこのKILLSHOTが復刻したのか、するのかという記事を目にし、
初めて本当に実在していたんだ!と認識できた。

NIKE KILL SHOT

復刻といっても上のスニーカーの部分だけで、
ローラースケートバージョンではありません、あしからず。

サイズもピッタリだったので、
お土産をもらって直ぐに履いてみたけど、
このスニーカーは片足だけで1kg位あって、
一歩進んで足を上げた瞬間に
靴が足から落ちて終了となり、鑑賞用となりました。

やっぱりガラスの十代じゃないから、
剣の舞は踊れなかったよ。

たまに古着屋で飾られているのを見たりはするけど、
販売しているのを目にしたことはなかったと思う。

マニアの中にはのどから手が出る程、
欲しい人もいるのかもしれないけど、
自分が持っているスニーカーの中では奇妙な部類に入ります。

友達がこのスニーカーを
お土産としてくれた事はもちろん嬉しかったけど、
何よりもこんな重たいものをアメリカから
持って帰ってきてくれたことが嬉しかった
思い出に残るスニーカーだ。

TRANSFORMERS SPORTS LABEL

|

先日「トランスフォーマー リベンジ」が公開されましたが、
前作の「トランスフォーマー」はミーガン・フォックスのエロさ以外は
何の価値もない映画でしたね。

多分、「トランスフォーマー リベンジ」も
同じようなものだとは思うけど、
IMAXシアターで公開されるので観ようとは思ってます。
大迫力のスクリーンと音響で
ミーガン・フォックスのエロさを満喫するのが目的ですが。

さて、前作「トランスフォーマー」が公開された2年前に
関連グッズもかなり発売され、
今回以上の盛り上がりをみせていた。

そんな中でも特に注目されていたのが、
NIKEとのコラボレーションとなった、
「TRANSFORMERS SPORTS LABEL」。

スニーカーがトランスフォームし、
トランスフォーマーになるという、
ちょっとお馬鹿なアイディアが
「トランスフォーマー」とNIKEのファンの心を鷲掴みにした。

スニーカーとして選ばれたのは
2年前にNIKEがプッシュしていた「FREE」シリーズ。
箱も実際のNIKEのスニーカーの箱のミニチュアで、
おもちゃにしては細部にまで拘った出来だ。

TRANSFORMERS SPORTS LABEL

コンボイとメガトロンの二種類が発売され、
価格は2,980円だったと思う。

TRANSFORMERS SPORTS LABEL コンボイ TRANSFORMERS SPORTS LABEL メガトロン

よく出来てはいると思うけど、
どうしようも出来なかったのが紐。
この靴紐だけはそのまま放置される結果となっている。

これは(多分)日本だけで発売されたようで、
海外のNIKEマニアは喉から手が出る程欲しかったらしく、
オークションではかなりの高値が付けられていた。

で、今回も新しいものが出ると思いきや、
何もなしで、この企画は終了となったようだ。

もし、知っている方がいましたら、
「今回も出てるよ!」とお教えいただけると嬉しいです。

NIKEの黒いボール

|

埼玉の田舎から原宿辺りに買い物出て行った時に
何も買う物がなく、原宿駅前の加茂スポーツで
仕方なく買ったのがこのボール。

当時、黒いサッカーボールは新鮮で、
さらにNIKEのCMに登場していたボールだったので
特にサッカーはしないけど、購入。

ちなみにそのCMは↓

ダーヴィッツ、トッティ、グァルディオラ、
フィーゴ、中田、ビアホフといった面々が
美術館?から白いボールを盗むという設定。

このCMの開始15秒位に一瞬写る
黒いボールがこのボールと同じデザイン。

NIKEの黒いボール

このーボールには一箇所珍しいところがあって、
それはNIKEのボールなのに
チャンピオンズリーグのロゴがついているということ。

スウォッシュとチャンピオンズリーグロゴが同居

チャンピオンリーグのスポンサーはアディダスなので
どういう経緯でこのボールに
ロゴがついたのかは不明だけど、
今では考えられない事なのは確か。

購入してから多分10年位経過しているけど、
一回も蹴る事もなく、
自分の部屋の飾りになっているので
ボールにとっては幸せなのか、
残念なのかはわからないけど、
今後も蹴る事はないと思う。

AIR REVADERCHI

|
エアリバデルチ エアリバデルチ

1992年に発売された初期ACGの名作、
リバデルチが初復刻した。

リバデルチはモワブと同様に
古着屋で中古が高値で陳列されているのを
ただ見ているしかなかったスニーカーだった。

ただ、今年の9月上旬に発売された当初は、
値段もかなり高かったので、
「どうせ売れないでアウトレット行きだろう」
という甘い考えでいたが、
「もしかしたら買えなくなるのでは」
と思った時には既に遅く、
店頭から姿を消していた。

もう買うのを諦めかけていたが、
10月下旬に立ち寄った大宮の丸井で
再入荷しているのを発見。
高かったけど、マイサイズがあったので、
自分への誕生日プレゼントと納得させて購入。

凄い久しぶりにナイキの靴を
定価で買った記念すべき靴となった。

NIKE AIR MOWABB

|
エアモアブ エアモアブ

初期NIKE ACGの傑作「AIR MOWABB」。

オリジナルは1992年に発売され、
自分がスニーカーに興味を持った時には
既に古着屋でかなりの高値で取引されていて、
まさに「高嶺の花」のスニーカーだった。

このモワブが2004年に復刻。
が、当時はまるで人気が無く、
自分は1年後位にアウトレットで
5,000円位で手に入れることができた。

ハラチシステムが搭載されていることにより、
足首のホールド感が強く、
紐無しでも問題なく履ける。

カラーリングは今でも、
どぎつく見えるが、
1992年の発売当時はもっときつく見えたことだろう。

2004年に復刻した当時は
ACGブームは起こらなかったが、
最近は、リバデルチ、マグマの復刻で
ACGブームが巻き起こっているようだ。

このブームに乗って、
ACGの名作が多く復刻してくれればいいんだけどなあ。
個人的にはフマラの復刻を期待したい。

エアモアブ

大阪心斎橋にあるNIKEの旗艦店「NIKE OSAKA」。
ここの2階に「NIKEiD.STUDIO」がある。

NIKEiD」とはNIKEのスニーカーを
自分の好きな配色で作成し、注文できるというもの。
普段はnike.jpのネット上でしか利用できないが、、
「NIKE OSAKA」では店舗でデザインを作成し、注文できるようになっており、
しかも、ネット上にはないモデルやカラー、パターンもあり
選べるようになっている。

この「NIKEiD.STUDIO」を記念して作成されたのがこのTシャツ。

NIKEiD.STUDIO OSAKA Tシャツ

非常に面白いデザインで、
「KITAvsMINAMI(キタ vs ミナミ)」
「NEWWORLD(新世界)」
「TAKOYAKI(たこ焼き)」
「MIDOSUJI(御堂筋)」
「ROKKOOROSHI(六甲おろし)」
「TSUTENKAKU(通天閣)」
「KANSAI(関西)」
「JUST DO IT」
「NIKE」
という大阪に関する言葉で
NIKEの代表的な靴「AIR FORCE 1」のデザインになっている。

NIKEiD.STUDIO OSAKA Tシャツ

とりあえず、「NIKE OSAKA」を訪れた記念で購入したので、
着るかどうかは、また別な話なのである。

NIKE DUNK SB "BUCK"

|
ダンクSB BUCK ダンクSB BUCK

NIKE SB(ナイキのスケボーライン)の勢いが昇り調子の頃、
いきなりドロップされたのがこの靴、
「DUNK SB BUCK」。

ダンクSB BUCK

この靴の最大の特徴が、
普通のダンクとは違いヒールに「NIKE」ではなく、
「BUCK」と入っていること。

このBUCKの由来は諸説あるのだが、
NKEの初代CEOフィル・ナイトの
オレゴン大学時代からのニックネームらしい。

カラーもフィル・ナイトの出身校の
オレゴン大学カラーがベースになっている。

当時のDUNK SBは限られたスケートショップでしか販売されず、
しかも地方の店が多く、
手に入れるにはネット通販しかなかった。

しかもタチが悪いのが
販売フォームが更新されるのが深夜が多く、
睡魔との戦いだった。

そんなハードルを越え、
やっとの思いで手にいれたこの靴。
発売当時はかなりの高額で取引されていたが、
今はNIKE SBバブルも弾けてしまったので、
定価位の価値はあるのかなあ。

あるファッション雑誌に
バカそうな外人がこの靴を履いていた写真が載っていて、
俺のこだわりみたいな感じで、
ヒールのBUCKを左足はBの刺繍を上手く剥がしてFっぽく見せ、
右足のヒールのBUCKはU以外の刺繍は取ってしまい、
両足のヒールの部分で「FUCK U」と見せていた。

このバカ外人の写真は衝撃的で、
やはり世界は広いなと実感し、
一瞬真似をしようと考えが頭をよぎったが、
思い留まりました。
だってこれをやったら本当のバカになっちゃうからね。

他にもNIKE SBは購入したが、
このBUCK以外は売って処分してしまった。
このBUCKは履かないだろうけど、
売ることもないであろう、
そんな靴だな。

AIR MAX ATMOS提案カラー AIR MAX ATMOS提案カラー

AIR SAFARIが発売される半年位前に
都内のATMOSという靴屋の提案デザインということで
発売されたこの靴、AIR MAX。

ちょうどこの頃に
ランニングシューズブームが起きていて
AIR MAXが改めて見直されている時期でもあったため、
人気が出た靴だった。

先行で都内の上記したATMOSで発売し、
後に国内のNIKE SHOPで発売された。

県内で販売する店で一番近かったのが大宮の丸井。
そこは抽選販売だったのだが、
申込の時点で根拠の無い自信が溢れていて、
抽選に漏れるなんて考えは一切なかった。

結果はもちろん当選。

多分、人生で何回かしかこない物凄い運を
こういう無駄なもののために使っているんだと今は思うことができる。
当時は嬉しいだけだったけど。

でも皆さんお気づきになりました?
この靴はうなぎと同じモデルですよ。
同じモデルでもデザインでここまで変わるんですね。
こっちの方が野蛮っぽいのに上品に感じる不思議さ。
改めてうなぎのありえなさが・・・。

買った当時は、うわ派手って感じだったけど、
この靴以降の猛獣率の高さに慣れてしまい、
今見るとたいしたことなく感じ、
普通に履けそうな気もする。
慣れって怖いね。

AIR SAFARI

|
AIR SAFARI エアサファリ

サファリパークのような名前がついたこの靴、
AIR SAFARI。

名前の由来はこの靴に使用されている素材からきているようだ。
豚革であるヌバックやカンガルー革など、
全5種類の動物の革を使用したので
AIR SAFARIになったらしい(全然、違うかも)。

オリジナルは1980年代に発売され、
古着屋等で人気だったこの靴が
2003年に満を持して復刻した。

発売前には凄い人気で購入するのが大変かと思っていたら、
案外あっさり購入できたことを覚えている。

この時期はこんなクレイジーなデザインの靴が多く、
みんな飽きてしまったのか、
冷静に履けないと判断したかのどちらかだろう。
多分、後者だと思うけど。

この靴は着る服を選ぶ靴だと思うので、
豹柄が似合うエロイ男になった暁には
是非履きたいという思いを抱き続けている。
今の自分にはまーだ早い。

AIR RIFT

|
エアリフト AIR RIFT

小学生の時に見た、草野仁が司会をつとめていた
「朝のホットライン」の一コーナーで
忍者スニーカーなるものを紹介していた。

スニーカーの爪先が五本指ソックスのようになっている
そんなスニーカーだった。

この靴を見た時の衝撃は物凄く
(まあ今でも覚えているぐらいだし)、
一緒にテレビを見ていた母親も同じだったようで、
その週の日曜にテレビで売っていると報じていた
日本橋の三越に連れていってくれた。
が、残念ながら売り切れていて購入することはできなかった。

あれから干支が一回り以上した頃に
ナイキからエアリフトという
足袋のようなスニーカーが発売された。

このスニーカーを雑誌で見た時は
小学生時代の自分に戻ったような感覚に陥ってしまった。
爪先が五本指にはなってはいないものの、
親指の部分はあの靴を感じる事ができた。

エアリフトつま先

「やっと会えたね」と本当に呟いてしまう位、
気分が高揚した。
もちろん直ぐに購入しました。

買うまでとても気になっていたのが、
裸足専用かなってこと。
だが心配は杞憂に終わり、
ちゃんと足袋みたいな専用ソックスが付属品であり、
その後、この足袋ソックスも豊富なカラーバリエーションで売られた。

専用ソックス

このスニーカーを手に入れた時にまっさきに頭に浮かんだ事は
母親に見せて十数年越しに欲しかった物を
手に入れた喜びを共有しようということだった。

が、いざ母親に見せたら、
「何それ、あんたもういい歳なんだから、
そんなバカみたいな靴は卒業しなさい」。
という「九回裏逆転サヨナラ満塁ホームラン×2発」
みたいな劇的な展開に現実の厳しさを知った
二十代半ばの自分だった。

NIKE.CO.JP サイトオープン記念Tシャツ表 NIKE.CO.JP サイトオープン記念Tシャツ裏

2001年頃にNIKE.CO.JPがオープンしたのを記念して
NIKE.CO.JPのサイト限定で発売されたこのTシャツ。
確か100枚限定とかだったと思う。

でも特に話題になることもなく、
デザインもかなり微妙で、
Tシャツの素材もドライフィットではなく綿100%。

まあ、お馴染みの購入してから着ることもなく箪笥のこやし。
このブログで取り上げなければ何年封印されていただろうか。

もしかしたらナイキファンが血眼になって探している
幻のTシャツになっているのではという淡い期待を持ちながら
ネットで調べてみたが、一切そんなことはなかった。

それどころか、このTシャツに関する情報が一切出てこない。
いくらググっても出てこない。
FBIとかCIAとか埼玉県警が情報を隠蔽しているのでは?
と勘ぐりたくなる位の怪しさ。

もしかしたら自分の記憶が間違っていて、
実はユニクロで200円で買ったものを
勝手に妄想しているだけだったりね。
いつも現実と妄想の狭間で生きてるんで、自分。

今回ブログに掲載するために
写真をとって始めて気付いたのが胸の模様。
ずーっと、何なんだろうと思っていたのだが、
リフレクター素材でNIKEって表示されるのね。
凄いと思う反面、微妙でもある。

胸に注目 リフレクター素材でNIKE

でも、このTシャツどうしよう。

AIR ZOOM FC BARCELONA

|

AIR ZOOM FCのFCは多分フットボールクラブの略。
だけどナイキのスケーターラインの
NIKE SBからリリースされたこの靴。

このAIR ZOOM FCからナイキと契約している
実在のサッカークラブのモデルが発売され、
その中にバルセロナもあったので、
ソシオとして毎年お布施をしている人間は飛び付いたとさ、
履かないのに。

air zoom fc barca エアズームエフシーバルセロナ

写真ではわかりにくいが、メインカラーはエンジ。
これはバルセロナのチームカラーがブラウグラーナと言われ、
カタルーニャ語で青とエンジという意味のため。

できれば青メインで出してもらいたかったが、
そんな贅沢は言えないので購入。

ヒールに輝くエスクード

ヒールに入っているバルサのエンブレムの
エスクードがたまりません。

断言できるのはヒールにこのエンブレムがなければ
まず間違いなく買わなかったということ。
でも逆に言うと、
ヒールにエンブレムがあれば
どんなものでも買うということ。

自分が恐ろしいよね。

AIR MAX URAWA

|
AIR MAX URAWA AIR MAX URAWA

浦和のユニが2004年がらNIKEになり、
もしかしたら浦和モデルの靴が出るのでは?
と睨んでいた所、満を持して登場したのがこの靴。
ヒールには浦和のシンボル?でもある
「うなぎ」がデザインされていて、
突っ込み所満載のこの靴。

ヒールが「う」

普通に考えればヒールに何かデザインするならエンブレムとか、
浦和区のマークとかにすればいいものをなぜか「うなぎ」。
デザイナーの精神状態が心配になります。
それ以上に心配になるのがこの靴を買っている自分なのは言うまでもない。

今までに3回この靴を履いている人を街で見掛けたが、
心の底から気の毒に思え可哀相になると同時に、
「あっ、俺も同じ靴持ってる」と
自己嫌悪に陥いる負のスパイラルに毎回襲われている。

靴全体を見てみると、
赤をメインに白と黒のレッズカラーを使用し、
ポイントとして金色を使っている。
この金色はユニでもスウォッシュに使われているゴージャスなもの。
でも、ただそれだけの靴。

あなたは気付きましたか?
この靴は AIR MAX INDEPENDENCE DAYと同じモデルの色違いです。
同じ靴でもここまで下品になれるのですね。

これが浦和モデルではなく、
山田村うなぎ祭モデルならば、
アウトレットで2000円でも売れない靴だろう。
だってうなぎですよ奥さん。
「うなぎ」の「う」がデザインされてるんですよ。
正気の沙汰ではないでしょ。

この靴を好きになれない一番の原因は
うなきが食べられないからなんだよね、俺。

でもうな重のたれ御飯は大好き。

AIR MAX INDEPENDENCE DAY

|

今日がアメリカの独立記念日ということで、この靴を紹介。
確か、発売されたのは2002年。
それから6年経ったが、紐を通しただけの未使用品。

AIR MAX アメリカ独立記念日モデル AIR MAX アメリカ独立記念日モデル

AIR MAXはNIKEを代表するモデルで、最近は違うけど、
毎年1足ずつニューモデルが発売されていた。

この独立記念日モデルのベースとなったAIR MAXは
1987年に発売された、記念すべきAIR MAXの初代。
数あるAIR MAXの中でも一番好きなモデル。
シンプルなデザインがいいんだなも。

このAIR MAXはランニングシューズなので、
ランニング用にしようと購入したのだが、
ランニングを始める事もなく、箪笥のこやしになっていた。

でも今見ていると、いい靴だと再認識。
何だか履けそうな気がしてきたんで、
健康面の事も考えて、ランニングを始めよう、この靴で。

ヒールの星条旗

このヒールの星条旗がいいんだよね。

AIR JORDAN 11

|

今、日本の学生の中で一番有名なNBA選手はL・ジェームス。
その前の世代だと、K・ブライアントかI・アイバーソンだろう。

これが自分の世代だと間違いなく、神様ことM・ジョーダン。

ジョーダンがはいているバッシュのAIR JORDANが出る度に、
狂ったように買い漁っていた頃もあった位、MJに熱中していた。

AIR JORDANの中でもいくつか好きなモデルがあるが、
特に思い入れがあるのが、
ピノキオカップとAJ11でも紹介した、AIR JORDAN11。

M・ジョーダンとバックスバーニーが共演した映画
スペース・ジャム」でジョーダンが履いていたモデルがこれ。

air jordan 11 space jam

そのAIR JORDAN11が発売した当事に流れていたCMが印象深く、
今でも記憶に残っているのが、このモデルを好きな理由になっている。

NIKEのCMはスタイリッシュさの中にコミカルさがあり、いつも楽しむ事ができる。

TAKE IT TO THE NEXT LEVEL

|

今現在、放送されているナイキフットボールのCM。
完全版の2分バージョンを発見したので、いつでも見れるようにアップ。

下部リーグで活躍し、アーセナルと契約し苦難を乗り越えオランダ代表へ。
とにかくプレイヤー視点の映像が凄い。
マテラッティとのマッチアップ後のシャワーシーンが笑える。

最初のFKとラストの繋がりにニヤリ。

3月9日(日)に彩の国くまがやドームで
平成19年度彩の国ふれあいピックバスケットボール大会(ピノキオカップ)が開催され、
ボランティアとして参加してきた。

ピノキオカップとは知的障害者・養護学校に通っている生徒が
参加するバスケットボールの埼玉県大会。
この大会で優秀な選手が選考され、
5月に横浜で開催される関東大会に出場する埼玉県チーム、さいたま市チームを決定する。

そして、関東大会に優勝すると10月に大分で開催される障害者の国体である、
全国障害者スポーツ大会に出場ができる。
全国へと続いている長い長い一本道の第一歩目が始まる日でもある。

参加している選手のレベルはピンからキリで、上手い子は自分よりもいいプレーをしているし、
逆に当日初めてバスケットボールをやるような子もいて様々。
ただ選手に共通して言えることは、純粋にバスケットボールを楽しんでいるという事。
そして、それ以上に父兄の皆さんが熱くなっていて結構盛り上がっている。

ふれあいピックバスケットボール大会 ふれあいピックバスケットボール大会

この日、久しぶりに車に積んだままになっているバッシュを履いた。
年に1回この大会でしか履かなくなってしまったが、
やっぱりバッシュはいいなと改めて実感。
思わず写真に撮ってしまった。

airjordan11

AIR JORDAN 11 SPACE JAM
映画「スペースジャム」でマイケル・ジョーダンが履いていたカラーのAJ11。
つま先のエナメル部分などはボロボロだけど、愛着のある一足。
もしこれが新品未使用だったら、結構いい値段で売れるはず。
もったいないことをしたかな。
とりあえず、このAJ11を履いてまたバスケがしたいです。

ちなみに3月16日(日)にピノキオカップの優勝チームが決まります。
お暇な方は彩の国くまがやドームまでお越しください。

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30