山田ジョヴォビッチな生活2でタグ「adidas」が付けられているもの

まさかこのタイミングでイアン・ブラウンに
遭遇するとは思ってもみなかった。

しかも東京オペラシティコンサートホールに
イアン・ブラウンのLIVEに行くなんて。

さらには、
イアン・ブラウンの歌声を
座ったままで聞く事になるなんて
驚かざるにはいられない。

こんな状況に陥ったのは
adidasから着た一通のメールのせいだった。

「【adidas Originals】抽選でスペシャルコンサートにご招待」

30組60名にLIVEのチケットが当たるこの企画の
パフォーマンスの中に
イアン・ブラウンの名を発見したので
即、応募。

そしたら当たっちゃったんだよね。

ありがとう、adidasさん。
そう感謝せざるにはいられなかった。

で、今日LIVEに行ってきました。

まず会場に入るとロビーに多数の
アディダスの衣装をまとったマネキン?のような
植物達が待ち構えていた。

前衛的なマネキン 前衛的なマネキン 前衛的なマネキン 前衛的なマネキン 前衛的なマネキン 前衛的なマネキン

かなり前衛的なアートだね。
自分にはさっぱり分からんかったけどね。

そうこうしているうちに、
開演時間になり、LIVEがスタート。

何でも今日のメインは
ORANGE RANGEのギタリスト兼リーダーの
NAOTOって人らしい。

会場を埋めた多数の女性の目当ては
このNAOTOって人だったんだろう。

ORANGE RANGEって名前は聞いた事があるけど、
このNAOTOって人が果たして誰なのか、
メジャーリーガー級なのか
四国アイランドリーグ級なのかが分からなかったけど、
一緒に登場した、Rie fuって人は
「機動戦士GUNDAM SEED DESTINY」の
エンディングテーマを歌っていた人で、
知っていたので観れて良かったかな。

しかもこのRie fuが着てたミラーボールみたいな
派手なadidasのジャケットが凄く格好よかった。

しばらくすると、いきなりイアン・ブラウンが登場。

I Wanna Be Adored

JUST LIKE YOU (A.D.I.D.A.S)

F.E.A.R.

の3曲を演って終了。

てっきりアディダスのジャージで
登場かと思いきやスーツで登場。
このスーツもアディダス製っぽかったな。
ただ、イアン・ブラウンの独特のパフォーマンスに
ORANGE RANGE目当ての女性だちはドン引きで、
その光景がおかしかった。

イアン・ブラウン目当ての人達は
この3曲が終了と同時に退散。

自分も帰ろうかと思ったけど、
もしかしたらアンコールで出てくるのでは
と考えて最後まで残っていたが、
この読みは外れ、もう二度と出てこなかった。

イアン・ブラウンの登場は短い時間だったけど、
まあ、バンドとオーケストラの融合というものを
初めて見れたので、
貴重な体験ができたと思う。

ただ、会場でアディダス製品の販売があっても
よかったのではないかな。

会場に入ってしまうと、
前衛的なアートのマネキンがいるだけで
他に何も無く、情報量も少なく、
ちょっと残念だった。

でも、またこういう機会があれば
ぜひ参加してみたいものだ。

ADIDAS CAMPUS2 SPURS

|

アメリカのプロバスケットボールリーグ
NBAのスポンサー契約が2年前に
リーボックからアディダスに移り、
その記念なのか、アディダスから
NBAのチームをデザインしたシューズが
多数リリースされている。

キャンパス2スパーズモデル キャンパス2スパーズモデル

このスニーカーには
ここ10年間で4回NBAを制している
西地区サウスウエストリーグの強豪、
San Antonio Spurs(サンアントニオ・スパーズ)の
デザインが施されている。

テキサス州サンアントニオに本拠地を置き、
チーム名のスパーズは
カウボーイがブーツの踵に付ける小さな鉄製拍車が由来。

なのでこのスニーカーの踵にも
スパーズの刺繍が入っている。

ヒールの拍車のデザイン

このスパーズというチームは地味なチームで、
4回優勝しているが、
ファン以外はあまり盛り上がらない。

まあ、地味だけど結構強い、
そんなチームだ。

でも、なぜか自分はこのチームが好きで、
バスケをやっていた高校生の頃から応援している。
それから15年くらい経つが、
自分以外でスパーズが好きという人間に
会ったことは一度も無い。

ということは、この靴も全く需要が無く、
佐野のアウトレットに当然のように鎮座していた。
値段も2,980円という破格で、
見つけた瞬間に購入を決意していた。

これはいい買い物だった。

このスパーズというチームを好きでよかったと
初めて思えた瞬間だった。

ADIDAS SUPER STAR

|
スーパースターグラフィック スーパースターグラフィック

ド派手な靴。

まあ、一言で言えばそれだけだろうな。

この靴がリリースされた当時は
こんなデザインが流行っていたんだと思う。

こんなデザインだけど
アディダスののスーパースターなんだよね。
自分が持っている数少ないアディダスの一足。

なぜかアディダスの靴との相性が良くなく、
欲しいと思う靴は多々あるのだが、
サイズがないとか、
履き心地が良くない等で購入には至らないんだな。

アディダスの靴は購入したら
このブログで紹介している他の靴とは違い、
ガンガン履いてしま事が多く、
未使用なのはこのスーパースターぐらいかな。

この靴は一目惚れに近い状態で購入。
が、直ぐに定価の半分位で
売られているのを見た時はへこみましたよ。

この黒以外にも青や赤
(柄ね、柄、ベースはあくまでも白ね)、
があって一時は全部欲しなったけど、
半額で売られているのを見て、
何か覚めてしまい結局こいつだけしか買わなかった。

まあ正解だったんだろうね、
今も履く事なく封印されているんだから。

で、写真を撮ろうと封印を解いたところ、
なぜか紐が無い。
何時どのタイミングで紐が無くなったのかも
まったく思い出すことが出来ない。

ミッシング系の事件の臭いがする、
これはもしかしたらモルダー捜査官の出番かな。
以上、こんな靴でした。

ちなみに、フラッシュをたくと
"フラーッシュ"ってな感じで、
スーパーサイヤ人ってこんなのかなと
ちょっと嬉しくなったり。
これなら夜、どんなに暗くても轢かれないだろうね。

スーパースターグラフィック光ってます スーパースターグラフィック光ってます

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30