大マラへの道の最近のブログ記事

大阪マラソンの激闘から1ヶ月以上経過し、
完走の証でもある、記録証が届きました。

大阪マラソンの記録証

東京マラソンの記録証よりはカラフルなので、
記載されている内容は同じですが、こちらの方が高級感があります。

肝心の記録は、

●記録:6時間25分18秒
(スタートの号砲が鳴ってからゴールまで)

●ネットタイム:6時間12分24秒
(スタートラインを通過してからゴールまで)

●順位:19367位 / 21034位
(マラソン男子)

東京マラソンより、約6分早くなりましたが、
後ろには約1700人しかいませんでした。

改めて記録証に目を通すと、不甲斐なさが甦ってきますが、
次の目標である、再来年の京都マラソンでは5時間台を目指したいものです。

●大阪マラソンを振り返って-総括-

東京マラソンの時に後半は歩いてしまったので、
純粋な意味での完走を果たせなかった無念の思いと、
やはり、42.195kmを走りきった時に「何か」を感じられるのではないか、
自分の中で「何か」が変わるのではないかと期待をしていたので、
今回の大阪マラソンへ向けては、自分として練習を重ねて臨んだつもりだったんですよ。

それが、東京マラソンと全く同じ展開になってしまい、
タイムも目標としていた6時間を切る事ができずに、
歩いて一応完走という結果に対し、今は激しい自己嫌悪に陥っています。

唯一成長した点があるとすれば、
フルマラソンを走ってから一週間もしないで足の痛みがなくなったという事です。

ここでタイムを振り返ると

   合計時間  5kmの時間  通過時間 

5km 00:51:11  0:38:17  09:51:11
(橋下徹君と併走する)

10km 01:25:36  0:34:25  10:25:36
(トイレからサザエさんが出てくる)

15km 01:59:43  0:34:07  10:59:43
(何だかキツくなってくる)

20km 02:36:26  0:36:43  11:36:26
(早くも限界に到達)

25km 03:23:16  0:46:50  12:23:16
(コーラが飲みたくなる)

30km 04:17:35  0:54:19  13:17:35
(天下一品に寄りたくなる)

35km 05:10:21  0:52:46  14:10:21
(雨は降り始めるし、コースはつまらない)

40km 06:02:54  0:52:33  15:02:54
(完全に土砂振り)

Finish 06:25:18 0:22:24  15:25:18
(足の裏を地面につきたくなくなる)

↓ゴール時のタイム

大阪マラソン

大阪マラソンと東京マラソンを比べると、
正直、大阪マラソンのコースは物足りなかったですね。

コース紹介で道頓堀のグリコが見えるといわれていたけれど、
進行方向の右後方にあったらしく、まったく気付きませんでしたし、
心斎橋の五車線の一通行を逆走できると謳っていましたが、
実際に走れたのは二車線だけで、がっかりさせられたし、
通天閣もあまりに遠い場所にあったので、気が付かなかったです。

それと、全体的に道が狭かったという印象が強かったです。

特にスタート直後なんて大渋滞なのに、キツキツの道を走らされ、
仕切られたコースから隣の道に少しでもはみ出すと、
陸連っぽいジジイが感情ゼロの声で「出ないで」と言って神経を逆なでしてくれ、
正に「老害」というのは、このジジイ共の事をいうのだと実感しながら走りましたよ。

この陸連のジジイ共とは逆に、ボランティアの人達の対応は素晴しかったです。

給水所では笑顔で水を配るのはもちろんの事、
声援を贈ってくれたり、ハイタッチで迎えてくれたりして勇気付けてくたし、
さらにゴール後の荷物を受取る際も拍手をくれたりしてくれ、
疲労困憊の身体に安らぎを与えてくれた事に感謝しています。

あとは、コスプレランナーが少なかったです。

大阪だから勝手に強烈なキャラクターだらけだと想像していたのですが、
裸足で走っている妖精や、トランスフォーマー、バルタン星人くらいでしたね。

その代わりに今回は芸能人と結構遭遇しました。

ただ、大阪限定のローカル芸能人が多く、誰だかよく分からなかったのが残念でしたが、
印象に残っている人たちは、
・森さん(キャスターらしい)
・雪乃ちゃん(お天気お姉さんらしい、可愛かった)
・顔がジェロム・レ・バンナとインパルスの堤下の中間くらいの芸人(誰?)
この三人くらいですね。

他のローカル芸能人は特徴がなくて覚えていません。

様々な思い出を残してくれた大阪マラソンですが、今回で卒業し、
次は2013年の京都マラソンに照準を合わせ、コツコツと走り続けたいと思います。

●大阪マラソンを振り返って-惨敗編-

徹ちゃんとの遭遇を終えた後もコース上は大渋滞のまま、
多分、10kmまでは走りにくい状況が続いていたと思います。

大阪マラソン

走り始めてから直ぐに右膝の痛みが出てきたのですが、
結果として、この右膝の痛みは最後までなくなる事はありませんでしたが、
致命傷になる事もありませんでした。

それよりも、スタート前にスポーツドリンクを飲み過ぎたせいなのか、
それとも、当日の気温が低かったせいなのか、
あれだけ気をつけていたトイレに行きたくなってしまい、
5km地点で空いているトイレを発見できたので、早めにリフレッシュしました。

簡易トイレの前で順番待ちをしていて、
目の前の扉が開き、サザエさんのコスプレをしている人(男)が出て来た時は、
さすがに驚きましたし、面白かったし、癒されましたね。

その後は順調に走る事ができ、難波駅前を通過し、

大阪マラソン

心斎橋のアップルストア前を通過。

大阪マラソン

ここら辺りで先頭集団とすれ違い、シモン選手の姿を確認する事ができました。

そして中ノ島に浮かぶ、ひよこちゃんに癒され、

大阪マラソン

中央公会堂を通過し、

大阪マラソン

チャレンジランのフィニッシュの大阪市役所も通過。

大阪マラソン

ここまでは、かなり順調だったのですが、
大阪ドーム付近にあった上り坂の辺りで一気に足にきてしまいました。

大阪マラソン

ここからは走ったり、歩いたりの繰り返しになってしまい、
しかも雨が降ったり、止んだりという怪しい状況に。

そんな中、なんばの歌舞伎座の前を通過。

大阪マラソン

この歌舞伎座の写真がマラソン中の最後の写真となりました。

この後は正直、身体が限界になり写真どころじゃなかったですし、
コース自体も、あまり特徴がないパッとしないものでしたからね。

ここからゴールまでの展開としては、
25km~30km辺りで急激な寒さと眠気に襲われ意識朦朧となり、
知人に電話をかけまくって、どうにか現実の世界にしがみきました。

給水でアミノバリューと水を飲みすぎ、単調な味に飽きてしまったせいなのか、
なぜかコーラーを飲みたくなってしまい、危うくコンビニに買いに行きそうになったり、
天下一品の看板を見つけた時には、あの濃厚なラーメンを食べたくなるという
危険な時間帯がありましたが、30kmを過ぎるとこの感覚も消えていきました。

その後は東京マラソンと全く同じで、
完全に歩き始め、その後土砂降りの雨になり、
震えながらゴールし、まともに歩けなくなるというものでした。

ゴールして、完走メダルをもらい、タオルを受け取り、
20分くらいかけて着替えが終る頃には雨が洒落にならなくなってました。

もちろん傘など持って来てなかったのですが、
インテックス大阪の売店にあった最後の一本の傘をゲットという幸運に恵まれ、
左足を引き摺りながら、「さらば、大阪マラソン」と呟き、ホテルへと帰りました。

(続く)

●大阪マラソンを振り返って-楽しかったなぁ編-

大阪マラソン当日は6時半にホテルを出て、
スタート地点である大阪城を目指しました。

地下鉄で大阪城の最寄の森ノ宮駅を目指しましたが、
堺筋本町で乗り換えた中央線がランナーの乗車率が200%で、
山手線の通勤列車状態でしたが、周りが全部ランナーなので面白かったです。

午前7時過ぎに会場に到着。

大阪マラソン

着替えて、荷物を預け、自分のスタートブロックの「J」を目指します。

大阪マラソン

荷物預け所からスタートブロックまで、20分以上かかるとアナウンスされていたので、
時間に余裕を持って移動をしましたが、人・人・人の大渋滞。

まず大阪城の城門を通り、

大阪マラソン

天守閣を眺めながら、お堀の周りを移動します。

大阪マラソン

途中でワールドカップ?のようなコスプレさんがいたり、

大阪マラソン

明日からクライマックスシリーズが始まる落合監督を見ながら進み
(落合は東京マラソンにもいたので、固定ファンがいるようです)、

大阪マラソン

ようやくスタートブロックに到着。

大阪マラソン

ここで約30分待たされ、前方でセレモニーが始まりましたが、
もちろん自分のいる位置からは、何をやっているのかは一切分かりませんでした。

午前9時に号砲が鳴り響き、スタートしましたが、
自分のいるブロックでは5分ほどしてから歩き始め、
さらに5分歩くと、やっとスタートの柱が見えてきました。

大阪マラソン

そして9時15分くらいにスタートラインを通過
(自分が通過した時は100mの朝原と元セレッソの森島がスタート台にいました)。

大阪マラソン

しかし、スタート後も大渋滞で歩いたり、ゆっくり走ったりの繰り返し。

しばらくはこの状況が続きましたが、
スタートしてから2~3kmのコース上に物凄い人だかりを発見。

大阪マラソン

沿道の声援も一際大きく、さらにテレビカメラも何台かあったので、
「芸能人が走ってるな」と思い、接近してみたのですが、
いまいち誰だか分からず、「たむけん?」と思いながら更に接近したところ、
ご丁寧に「橋下徹」と書いていあるゼッケンが目に飛び込んできました。

大阪マラソン

「おおっ!」と思い、さらに接近を試みましたが、
周りにいたSPらしき人達のブロックにあい、見事に撃沈。

大阪マラソン

しかし、ここで諦めるのも悔しいのでコースの先に回り、
今度は沿道側で徹ちゃんを待ち構え、接近する事に成功。

「市長選、頑張ってください!」と、
埼玉県民の自分が声を掛け、握手してもらう事に成功しました。

いや~、橋下徹さんは本当に良い人だったよ。

今回の大阪マラソンで楽しかった事はこれぐらいで、
その後は自分の機嫌も、身体も、そして天候も悪くなる一方でした。

(続く)

感想メダルとフィニッシャータオル

本日、大阪に入り、明日の大阪マラソンの受付をするために、
インテックス大阪まで行ってきました。

最寄り駅の「コスモスクエア」からインテックス大阪に向かって歩いていると、
前方にハンマー投の室伏がいるミズノの大阪本社が登場し、

さらに数分歩いてやっとインテックス大阪に到着しました。

明日のゴール地点でもあるため、突貫工事でゴールを設置していました。

果たして明日、ここに無事に戻って来れるのかと不安であります。

無事に受付を済まして、

そして「大阪マラソンEXPO」の会場に突入。

様々な協賛企業のブースがあり、

その中でも「ASICS」のブースにいた壇上の右にいる女の子が凄く美人でした。

明日に必要な物や、ただで配っている物をもらって会場を後にしましたが、
東京マラソンの「EXPO」に比べると若干寂しかった感は否めなかったです。

こちらが明日に使うゼッケンと大会パンフレットとチャリティーループ。

記念Tシャツと虹色のシューレスとミズノで購入したTシャツ。

企業ブースで、ただでもらった物。

そして明日のマラソン中に補給する「パワージェル」。

もうこれで準備は万端です。

もう何の言い訳もできません。

ただ走るのみです。

さあ、行こう。

大阪マラソンへ向けた、最後のピースを購入しました。

ユニクロのイージーエクササイズです。

oomara5.jpg

本当は前回走った東京マラソンの時に大金を投じて色々と揃えたので、
今回は何も購入する予定はなかったのですが、
練習すればする程、CW-Xのお陰で下半身がかなり安定してきたので、
上もCW-Xを買おうとしたところ、無地のTシャツのくせに1万円弱するんですよ。

ただでさえ今月はアウターを立て続けに2つ買ってしまい、
久しぶりに「馬鹿」のように浪費し、金欠状態なので、
現実を見つめ、機能的にはかなり落ちるけど何となくCW-Xに似ている、
セールで990円だったユニクロを選択しました。

ユニクロの店員に「ピッチリ着た方が効果が出る」と言われたので、
普段はXLのところ、Lを購入しましたがどうなのでしょうかね・・・。

この他にマラソン終了後に歩行困難になる事を見越して、
今週の初めにAmazonにてマジカルスティック(杖)を注文したのですが、
なぜか配送が土曜という嫌がらせを受けてしまい、
マジカルスティックは泣く泣くキャンセルとなりました。

このように色々と不安材料も出てきたのですが、
この不安を解消してくれる出来事もありました。

まずは職場のT嬢(@先日、むさしやデビュー)が京都土産で
護王神社の「足腰御守」を買ってきてくれました。

足腰御守

こんなピンポイントの御守があるのだと驚きましたが、
護王神社は猪を祀っているので、このような御守があるようです。

続いて、お世話になりっ放しのMさん(@最近、暇らしいですね)から
自宅宛に速達で「靖国神社の御守」と「激励の文」が届きました。

靖国神社の御守

この御守、文をもらった段階で、自分の中では
「大阪マラソン=戦場」という認識に変わりました。

当日は、この2つの御守をウェストポーチの中に入れて
大阪の街を走りたいと思います。

お二人、本当にありがとうございました!

会社の夏休みを消化していなかったので、
金曜から今日まで休みを取り、5連休となっていました。

週末には嫌でも大阪に行くので、特に出かける事もなく、
ストイックに金曜、日曜、火曜と、一日おきに15km走っていました。

右膝の痛みが引かないのが気にはなっているのですが、
練習のお陰か、痛みがあっても走り続ける事ができる足に進化した気がします。

これで練習は全て終了。

当初の予定では練習で30kmを走る予定だったけれど、
結局、20km弱しか走る事ができなかったのが心残りではありますが、
東京マラソンに臨んだ際は、練習で5kmしか走らなかったので、
その当時に比べれば上出来ですし、だいぶ進歩したものだと思います。

しかし、これで練習が終ってしまうと思うと寂しいものです。

何よりも、毎回の練習後の楽しみであった、
セブンティーンアイスクリームがもう食べられないと思うと涙が止まりません。

セブンティーンアイス

「ブルーベリーのチーズケーキ」ばかり食べないで、
もっと色々な味を堪能すればよかったと激しく後悔しています。

ブルーベリーのチーズケーキ

最近登場した秋の新メニューの「ガトーマロン」は本当に美味しかったなぁ。

ガトーマロン

本番の大阪マラソン後に自分の身体がどうなっているか分かりませんが、
今後もダイエット(あとアイス)のために走り続けようかと思っています。

大阪マラソンまで約2週間。

今日も雨の中、練習に向かいました。

今日は走り始めてから調子が良かったので、
いつもの距離ではなく、長時間走り続けようと思い、
快調に走り続けていましたが、1時間を超えた辺りから右膝が痛み始めたので、
大事を取って練習を終了しました。

走り終わった後にクールダウンを兼ねて、いつも数キロ歩いているのですが、
今日は雨が降っていたので、くまがやドームの屋根のある部分を歩いていたら、
ドームの屋根の下にあるベンチで、いちゃついているカップルがいたんですよね。

こっちは右膝に痛みが走り、さらに疲れてもいたこともあり、
そのベンチをよけて、遠回りする余裕なんてあるわけもないので、
あえて最短距離でもあるベンチぎりぎりを荒い息づかいで通ってあげました。

まあ、これに懲りて次からは、もっと暗い場所に行ってくれれば何よりです。

鈴鹿から戻って来て、疲れを取るために今日は有休だったのですが、
先週痛めた膝の調子も回復しつつあるので、今日も走ってきました。

膝の具合が良くなったといっても、多少の不安があったので、
今日からは膝と腰を守るために久しぶりにCXのタイツを履いての本番仕様での練習。

タイツマン

 

久しぶりに履くCXタイツのフィット感はハンパなく、
慣れるまでポジションを何度も直す事となりました。

最初に軽く走ったところ、膝の具合も問題なかったので、
5km走り、ちょい休憩し、また5km走り、休憩し、またまた5km走り、
計15kmをゆっくりと時間をかけて走破しました。

練習の最中にメールで東京マラソンの抽選結果が届きましたが、
この結果は自分の胸に閉まっておこうと思います。

練習中に多少は膝に痛みが出ましたが、CXタイツのお陰なのか、
走り終わった後には、痛みがそれ程、残りませんでした。

あと何回練習できるのか分かりませんが、
そろそろ本番で走る装備で給食、給水にも力を入れて練習したいと思います。

あとは本番の衣装だな・・・。

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 4.1