愛知の最近のブログ記事

名古屋名物の「モーニング」を是非食べたいという事で、
ホテルに無料の朝食が用意されているのにもかかわらず、
ホテル近くにあった「コメダ珈琲店」にて、初モーニングを体験してきました。

コメダ珈琲店 上前津店

名古屋には「モーニング」の文化があるとは聞いてはいましたが、
午前8時前に訪れた「コメダ珈琲店」の盛況ぶりには驚かされました。

どのコーヒーを注文しても、トーストとゆで玉子がセットになった
「モーニング」付いてくるので、
お子ちゃまな自分にピッタリの「ミルクコーヒー」を注文。

待つ事、5分程で3人分の「モーニング」とご対面。

モーニング

シンプルといえばシンプルですが、なぜか嬉しかったですね。

続いて本来なら主役の「ミルクコーヒー」も登場。

ミルクコーヒー

こちらは普通の味でした。

そしてもう一つの楽しみであった、
名古屋通の職場のS氏(@熱狂的な中日ファン)がお勧めしていた
デザートの「シロノワール」も注文。

物凄いビジュアルに目が覚めましたね。

シロノワール

上に載っているのが生クリームかと思いましたが、
正体はソフトクリームで、これまた驚かされました。

この「シロノワール」、とても美味しかったのですが、
朝の8時から男3人で「シロノワール」を食べている姿は、
周りから見ると、さぞ滑稽だったに違いないと今更ながら思います。

地元の人からすると普通のコーヒー屋なのでしょうが、
自分にとっては色々と新鮮な体験ができたと思っています。

調べてみると「コメダ珈琲店」は、都内にも池袋にあったり、
埼玉にも上尾に店舗があるようなので、
あの「シロノワール」をもう一度食べに行きたいと思っています。

名古屋での二晩目の夕食は、
岐阜出身の職場のS氏(@ガンダムAGE好き)に教えてもらった、
栄にある味噌煮込みうどんの名店、「山本屋本店」に行きました。

山本屋本店 栄本町通店

前日の矢場とんにKOされていたので、
店に入ってから自分達が呼ばれる順番が来ているのに、
なかなか店内に通されない時には一瞬、昨晩の悪夢が脳裏に浮かびましたが、
外国人の店員さんの接客態度が意外と良く、それは杞憂に終わりました。

この日はF1帰りで疲れていたので、ホルモンとニラが大量に入った
スタミナ味噌煮込みうどんを注文しました。

最初にかなり大きい器に盛られた漬物が出され、
白菜、キュウリ、玉ねぎを堪能しつつ(本当に美味かった)、
メインの味噌煮込みうどんを待ちました。

漬物

そして待つ事、10分程でご対麺となりました。

スタミナ味噌煮込みうどん

汁を一口飲んだだけで、あまりの美味さに感動しましたね。

麺がコシがあり過ぎるのが特徴のようでしたが、
それも煮込んでいくうちに解消していき、
スープ、ニラ、ホルモンの味が絶妙で、あっという間に完食しました。

本来ならば、この蓋に麺を取り、冷ましてから食べるらしいのですが、
腹ペコの自分は直ですすって食っていきましたよ。

味噌煮込みうどんの蓋

スープも飲みすぎると後で喉が渇くと分かっているのに、
ほとんど飲み干してしまいました。

これは本当に美味かったので、
また名古屋を訪れた際は、是非、再訪したいと思っています。

ちなみにこの「山本屋」は、
今回訪れた「山本屋本店」とは別に「山本屋総本家」という店があるようでして、
暖簾分けなのか、骨肉の争いなのかは分かりませんが、
店名をよく確認してから訪問した方がよろしいと思います。

鈴鹿へF1観戦に行った際の宿が名古屋だったので、
名古屋といえば味噌カツだろうという素人丸出しの安易な考えで、
「矢場とん矢場町本店」で味噌カツを食ってきました。

矢場とん矢場町本店

「矢場とん」といえば、名古屋に明るくない自分でも知っている有名店という事もあり、
22時近かったのにも関わらず、案の定15人程の行列ができていました。

ここから25分近くかかるようです。

25分待ってね

「まあ、仕方ないよね」と思い並んでいましたが、
店内に入って見た光景によって、この考えは覆させられました。

空席のテーブルと岩隈のサイン入りユニフォームが、まあ多いこと。

それなのにテーブルに通さないで階段に並ばせ、
岩隈のサイン入りユニフォームを自慢気に見せるという演出が
全く理解できませんでした。

席に着いてからも、事前に注文を取っていたのに中々配膳されないで、
イライラは募るばかりでした。

はっきり言って、ホールにいる店員の動きがなってなかったので、
「餃子の王将」のアルバイトをスカウトしてくればこの問題は解決するかと思います。

そして、やっと「鉄板とんかつ」とご対麺。

鉄板とんかつ

熱々ではなく、なぜか常温で出された味噌カツは想像していた範疇の味で、
高校生の時に学校の近くの店で食べた味噌カツと全く同じだった事が、
一日の疲れをさらに増してくれるサプライズでしたね。

こちらは同行者が注文した「鉄板ひれとんかつ」。

鉄板ひれとんかつ

ただ、「さすが有名店だな」と感じさせてくれたのが味噌汁。

この味噌汁の出汁の効き方は半端なく絶品でした。

あまりにもガッカリしたので、もう再訪する事はないかと思いますが、
どうやら支店が東銀座にあるようなので、
気が向いたら味噌汁とご飯を食べに行こうと思っています。

1

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
Powered by Movable Type 4.1