大阪の最近のブログ記事

昨年の大阪マラソンを走りに大阪に行った時に、
フルマラソンを完走した夜に晩ご飯を食べたのが、この「とんかつ 吉兆」でした。

とんかつ 吉兆

なぜ、この「とんかつ 吉兆」を選んだかというと、
フルマラソンを走った後の自分の足が限界にきてしまい、
まともに歩く事ができなかったので、
泊まっていた日本橋のホテルの近くにあった「とんかつ 吉兆」に行ったわけです。

全くのノープランで選んだ店だったので、多少の不安がありましたが、
店内にはブラックマヨネーズの小杉のサインや、
大阪のテレビ番組の「水野真紀の魔法のレストラン」が訪れた写真などがあり、
「もしかして当たりかも」という期待に胸が膨らみました。

メニューの中から「とんかつ 吉兆」名物のおろしポン酢を使った
「ロースおろしとんかつ定食」を注文しましたが、
注文してから配膳されるまでに、かなりの時間がかかりましたね。

ようやく配膳されたのがこちら。

ロースおろしとんかつ定食

見た目からしてカツが美味そうです。

ロースおろしとんかつ定食

そして、こちらがおろしポン酢。

おろしポン酢

おろしポン酢の中に卵が入っているという、あまり見た事がないものでした。

味の方ですが、やはり1500円以上する定食という事もあり、
とても美味かったですし、卵入りのおろしポン酢というのが不思議な味わいで、
最後まであまりしつこくなく、美味しく頂けました。

まあ、この時は42,195kmを走り、疲れきっていたので、
何を食べても美味しく感じたのかもしれませんが・・・。

この「とんかつ 吉兆」での食事が大阪のでもまともな飯の最後となりました。

最後になりますが、あの「船場吉兆」とは一切関係はないようですので、あしからず。

昨年の大阪マラソンを走りに大阪に行った時に、
マラソン前日に晩ご飯を食べたのが、この「大阪ぼてぢゅう中店」でした。

大阪ぼてぢゅう中店

「ぼてぢゅう」という名前は聞いた事があったので、
大阪で有名なお好み焼き屋なのだろうと思い食事をしていましたが、
この記事を書くにあたり、ネットで調べてみると、
自分の知っていた「ぼてぢゅう」とは違い、
「大阪ぼてぢゅう」という微妙に違う店でお好み焼きを食べていた事が判明しました。

餃子の「王将」と「大阪王将」みたいな感じなのでしょうかね。

店内はカウンターのみで、目の前の鉄板で注文したものを焼いてくれるスタイルです。

スジ玉

自分は「スジ玉」を注文し、目の前で焼いているのを見ながら待たされましたが、
丁寧に焼いているのか、ただ単に手際が悪いのか、かなり待たされましたね。

スジ玉

店に入った時は自分達しかいなかったのが、
この「スジ玉」が出てくる頃(多分、20分くらいは待ちました)には
驚く事にカウンター席はぎっしりと満席になっていました。

スジ玉

で、肝心の味でしたが、やはり本場大阪ということもあってか、
フワフワサクサクでかなり美味かったです。

ビールのつまみにウインナーを注文しまたが、
このウインナーも丁寧に焼いてくれるので、10分は待ちました。

ウインナー

でも、このウインナーはビールによく合いました。

こちらはビールに付いてきたつまみです。

つまみ

完全に飲む事を前提にしたお好み焼き屋だったという印象が強かったです。

かなり満腹になり店を後にし、なんば駅に向かったのですが、
まさか次の日に、この「大阪ぼてぢゅう中店」に行くのに歩いた道を
死にそうになりながら、2回も通過する事になろうとは、
幸せな事に、この時はまだ知る由もありませんでした。

仁徳天皇陵の近くにあった、
堺市の観光センターのおっちゃんに教えもらったのが
南宗寺の近くにある「かん袋」という甘味所。

かん袋

この「かん袋」の名物が緑色のあんこと白玉を絡めた「くるみ餅」。

普段は行列ができる程、混んでいる様なのだけど、
訪れた時間帯が良かったのか、待たずに入店し、
「くるみ餅」にかき氷がのっている「氷くるみ餅」を食した。

氷くるみ餅 氷くるみ餅

この「氷くるみ餅」が目茶苦茶美味かった。
今まで食べた和菓子の中で一番美味かったかもしれない。

あまりの美味さにお土産用の「くるみ餅」も購入し、
ホテルでゆっくり頂きました。

くるみ餅 くるみ餅

この「かん袋」の「くるみ餅」を食べる目的だけで、
また堺市を訪れてもいいかもと思ってしまう程、美味かった。

大阪のリーガロイヤルホテルのフロント脇の
ショコラブティック レクラ」店頭のみで販売されている
この惑星チョコ。

通信販売は一切していなく、
店頭での注文のみ地方発送を受けている。

なので、わざわざ足を伸ばさないと
購入する事はできない。

で、今回購入したのがこの「太陽系チョコ懐石」。

太陽系チョコ懐石

 

惑星チョコの全ての惑星がセットになっており、
しかも「太陽系チョコ懐石」にしか入っていない、
太陽が真ん中に鎮座している。

太陽系チョコ懐石中身

 

水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星
プラス太陽の9個でお値段3,800円。

バラで買うと、一惑星400円なので多少割高だが、
バラでは買えない太陽が入っているのでこの値段なのかな。

天王星(ライム)
木星(フランボワーズ)
地球(ライチ)

天王星・木星・地球

 

水星(マンゴー)
太陽(パイナップル)
金星(パッションフルーツ)

水星・太陽・金星

 

火星(オレンジ)
土星(アプリコット)
海王星(バナナキャラメル)

火星・土星・海王星

 

非常に綺麗なチョコレートなので、
食べてしまうのがもったいなくて、
なかなか食べる事が出来なかった。

でも悲しいかな賞味期限があるので食べたところ、
予想通りの美味で、
特に海王星が美味かったです。

店頭に直接行かないと購入できないので、
また、大阪に行く機会があれば、
是非購入したいと思う。

もしくは誰か買ってきて。

1

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Powered by Movable Type 4.1