埼玉の最近のブログ記事

永華 in 栃木物産展

|

佐野プレミアムアウトレットの近くにあるイオンの中に昔入っていた佐野ラーメン屋の「永華」が地元のデパートの栃木物産展に出店していたので、昼飯を食べに行ってきました(約4ヶ月前の話)。

永華

 

かなり前に地元の先輩に「佐野ラーメンの店だけど、餃子が美味い店がある」と連れて行ってもらったのが佐野のイオンの中にあった「永華」との出会いでした。

当時はまだ若く食欲もかなり旺盛で、「ラーメン&餃子」を食べる事など当然だったので、当たり前のように「ラーメン&餃子」を注文したらオーダーを取りに来ていた女子高生のバイト(多分ね)に「餃子はハーフをお勧めします」と言われたことにカチンときてしまい、心の中で「女、子供じゃねーんだからハーフなんてありえないだろうが!」、「俺の胃袋はブラックホールなんだよ」と毒づいた後に、紳士的に「餃子は普通で大丈夫ですよ」と注文し、直ぐに後悔することになったんですよね。

まあ、ここまで佐野ラーメンの店なのに餃子の事しか書いてませんが、この店の佐野ラーメンは至って普通の味でしたよ。そもそも物凄く美味い佐野ラーメンにも不味い佐野ラーメンにも出会ったことはありません。全て普通なんですよね、佐野ラーメンって。

で、餃子が出てきたら驚きましたよ。デカいの。一個の餃子が拳くらいの大きさなの。そして餃子の餡がこれでもかって、おかしいくらい入ってるの。これが6個もあるの。ここでもう一つ驚いたのが、一緒に行った先輩は餃子の大きさを知っていて、ちゃっかりハーフを注文していたのね。この瞬間は裏切られたと涙が出たけれど、いざ餃子を一口食べてみるとこれが美味くて、箸が止まらなくなり、次から次へと食べて行けたんだけど、それも4個までが限界で、そこからはもう拷問のようになりながら餃子をどうにか完食。でもこれが限界で、続いて配膳された佐野ラーメンは半分くらいしか食べられずに、残った具と麺をスープの中に隠して逃げるように会計を済まし、心の中で女子高生のバイト(多分ね)に心の中で謝りながら店を出たのは良い思い出です。

その後、この「永華」の佐野イオン店がなくなってしまい、佐野市内のどこかに本店があるらしいけれど、どこにあるか知らないので、もう行く事はないだろうなと思っていたのに、まさかその5〜6年後に地元のデパートで再びこの餃子と出会うとは思いませんでしたね。

で、物産展で佐野ラーメンと、今回は学習したのでハーフの餃子を注文。

佐野ラーメンは至って普通のラーメンです。今回はしっかり完食しました。

永華の佐野ラーメン

 

で、こちらがハーフの餃子。3個です。

永華の餃子

 

以前よりも餃子が小さくなった印象なのですが、これは自分が大きくなったから感じたのかもしれません。でもやっぱり餃子は美味かったですし、懐かしかったですね。お土産の生餃子も買って帰ってしまいました。

あとはラーメンを食べている時に、同じ物産展の会場で「とちおとめ25」なるご当地アイドルが、何かしていたのが印象的でした。

やっぱり「大北海道展」が好きな僕。

イートインスペースに出店しているラーメン屋が
前回の「ずん・どう」から「覿・麺」という店に変わっていたので、
性懲りもなくまたラーメンを食べに行ってきました。

覿・麺

前回は「味噌ラーメン」を食べて残念な結果だったので、
今回は「塩らあめん」をチョイス。

お昼時で店が混んでいたので、10分程待ってご対麺となりました。

塩らあめん

至って普通な「塩らあめん」でしたが、
唯一の特徴がおろし生姜が載っていること。

こんなのは「はなまるうどん」以来ですね。

まあ、その他は特にコメントはありません。

この店も北海道で発見しても入店する事はないでしょう。

しかし、この「大北海道展」には変な店しか来ないのが不思議だよ。
多分、熊谷という場所のせいで有名店は来ないのだろうけれど、
このクオリティは凄いと思いますわ。

いつかは「すみれ」とかに出店してもらいたいものですよ。

地元のデパートで行われる「大北海道展」が大好きな僕。

「大北海道展」が行われると、
必ず北海道のラーメン屋さんがイートインスペースに出店するので、
週末の昼飯に「大北海道展」にラーメンを食べにいくのが最近の定番。

まあ問題なのは、毎回出店してくるラーメン屋が、
有名店なのか、違うのかの判断が全く出来ないということなんですよね。

今回出店していたのが「ずん・どう」という店。

ずん・どう

全く知らない店ですが、食いに行ってみました。

この「ずん・どう」の一押しなのがラーメンの上に
蟹やホタテなどの魚介類がこれでもかと載っているグロテスクなラーメン。

自分にはどうやっても食べ物には見えなかったので、
ここは無難に豚骨味噌ラーメンを注文しました。

5分もかからずにご対麺となりました。

豚骨味噌ラーメン

肝心の味の方ですが、普通の味噌ラーメンでしたね。

何か良い点を挙げろと言われれば、
麺が黄色いたまご麺で、これが美味かっただけです。

要するにハズレだということですわ。

北海道に旅に出て、この「ずん・どう」を見つけても入ることはないでしょうね。

ごちそうさまでした。

初めて油そばを食べたのが、さいたま新都心にある商業施設の
コクーン新都心内にある「ぶぶか コクーン新都心大宮」でした。

もう8年くらい前だったと思うけれど、
どこかで聞いたのか、なぜか「ぶぶか」という店名は知っていたので
(多分、棒高跳びのセルゲイ・ブブカの印象が強かったのだと思う)、
有名店だろうと勘違いしてしまい、名物の油そばを注文してみたけれど、
全く美味いと思えない代物で、がっかりしてしまったんですよね。

それ以降、油そばが苦手になってしまい、
この自分が持っている油そばに対する印象を代えてくれたのが、
最近食べて美味かった「油そば 椿」の油そばになるんですよね。

で、久しぶりに「ぶぶか コクーン新都心大宮」に寄ってみました。

ぶぶか コクーン新都心大宮

 

もちろん、油そばを注文。

店内は空いていたのになぜか待たされ、15分くらいしてからのご対麺。

ぶぶかの油そば

 

8年ぶりの「ぶぶか」の油そばでしたが、やっぱり美味くありませんでした。

今回、「ぶぶか」の油そばを食べて分かったことは、
自分は油そばが苦手なのではなく、「ぶぶか」の油そばが苦手ということ。

これで心置きなく、「ぶぶか」の油そばは卒業します。

地元にある八木橋デパートで「大北海道展」が行われていて、
その中にあるイートインスペースに、
今回は札幌にある「にとりのけやき」が出店していたので、
名物の味噌ラーメンを食べに行ってみました。

にとりのけやき

※前回は「三代目 月見軒」が出店していました。

チラシに載っていた、札幌にある本店の写真には大行列ができていたので、
期待に胸を膨らませながら、「味噌ラーメン」を注文して席に着きました。

待つこと5分程でご対麺。

にとりのけやきの味噌ラーメン

札幌の味噌ラーメンなので、「すみれ」系の濃厚な味噌の味がするかと思ったら、
濃くもなく、薄くもないという中途半端な味に加えて、
キャベツなどの野菜がカップラーメンに入っている様なクオリティで、
決して不味くはないけれど、900円という値段は割高に感じました。

原因は地方のデパートの物産展なので、適当に作っている可能性が高いですが、
もし、自分が札幌に行って「にとりのけやき」の店を目にしても
今日食べた味のイメージが頭から離れないので、立ち寄ることはないでしょうね。

微妙な昼飯の後に同じく「大北海道展」のイベントとして開催されている
水曜どうでしょう」の題字でお馴染みの浜田次朗氏の講演会に参加し、

浜田次朗氏の書

その後、グッズを購入すると好きな文字を書にしてくれるというので、
手拭いセットを購入し、書を書いてもらいました。

手拭いセット

何にしようか迷いましたが、
ここはiPadの背面にも刻印した「覚悟」の言葉をお願いしました。

覚悟の書

かなり満足の仕上がりです。

この書のお陰で満足して家に帰ることができました。

それにしても「大北海道展」の時だけは大混雑の八木橋でありました。

地元の熊谷方面でなぜか昔から有名なうどん屋の
「田舎っぺ 熊谷市役所前店」でうどんを食べてきました。

田舎っぺ 熊谷市役所前店

10年くらい前は市内には駅前店を含めて数店しかなかったはずなのに、
ここ5年くらいの間に一気に熊谷市内に「田舎っぺ」が増殖し、
今では市内を車で走っていると必ず「田舎っぺ」は目にします。

なぜか熊谷市民以外の埼玉県民の知り合いから
「田舎っぺのうどんは美味い」という話を聞くことが多々あったけれど、
自分は過去に一度しか行った事がなかったんですよ。

その時も高校の同級生が熊谷駅前の「田舎っぺ」で修行をしていたので、
顔を見に行ったのが目的だったので、味は全く覚えていないんですよね。

ちなみに、この同級生は無事に修行を終え、
今は関越の花園インターの近くでうどん屋を開いて、頑張っています。

で、最近(と言っても4〜5年前)になって市役所前に「田舎っぺ」ができたので、
久しぶりに散歩がてらに食べに行ったという次第ですわ。

「きのこ汁うどん」をプッシュしていたけれど、
ここは「温かい肉ねぎ汁うどん」をチョイス。

10分くらい待って、ようやくご対麺。

ねぎ汁うどん

手打ちで太く、物凄くコシがあるうどんなので、
ご年配の方は注文時に「やわらかめ」とオーダーしないと大変な事になりそうです。

ねぎ汁うどん

汁にはそれほど肉は入っていなかったので、
「ねぎ汁うどん」と呼んだ方が正解なのかもしれません。

ねぎ汁うどん

普通に美味いとは思うのですが、何かパンチに欠けるんですよね。

でも、熊谷駅内にある「熊たまや」のクソ不味いうどんに比べれば、
巨人とDeNAくらいの差がありますが、
元妻沼町にある「福福」のボリューム満点の「肉汁うどん」と比べしまうと、
ヤンキースと楽天くらいの差になってしまうんですよね。

という事で、元妻沼にある「福福」はお勧めです。

地元の熊谷にあるフライ屋の「慈げん」に行ってきました。

慈げん

場所は八木橋デパートの裏辺りにあります。

ちなみにフライとは、物凄く簡単に説明すると、
具のないお好み焼きの様なものです(ちょっと違うけれど)。

この「慈げん」は、10年以上前から営業している店だと思うけれど、
地元の観光協会と上手いことやって、市に上手く宣伝してもらっていたようで、
それが気に食わなかったので一度も行ったことがありませんでしたが、
最近、この関係が上手くいかなくなってきたのか、あまり宣伝を見なくなったので、
「じゃあ、行ってみるか」と、初めて訪問した次第であります。

カウンターに座り、肉フライ大を注文。

10分程で配膳されましたが、見た目は合格です。

肉フライ大

実際に食べてみると味も想像していたよりも美味く、
これなら休日の昼時にフラッと散歩がてら寄るのも悪くない感じです。

もう10年以上前に行きつけのフライ屋の「多田商店」を失ってから、
気軽に行けるフライ屋がなかったので、これからは「慈げん」を重宝したいと思います。

ついでに熊谷名物?の「雪くま」も注文。

和三盆の雪くま

こちらは和三盆のかき氷で、かなり上品な味わいでしたが、
特に普通のかき氷と何が違うのか全く分かりませんでした。

「慈げん」という店名からも想像できる通りに、
店内のレジ周辺には次元大介のフィギュアがたくさん飾られていました。

次はうどんも食してみたいと思っています。

羽生の中央(地名ね)にあるアイス屋の「モア松屋」に
四半世紀ぶりに行ってきました。

モア松屋

小学生の頃は家族でよく訪れていたアイス屋さんなのですが、
最近は存在すら忘れていたので、お店がまだ営業していたのは嬉しかったですね。

この「モア松屋」さんは本業が多分、牛乳屋さんなので、
アイス屋の営業は夏期のみのようなのですが、
一体、いつまでが夏期なのかは不明となっております。

お持ち帰りのアイスを買うつもりで店に行きましたが、
訪問した日はとても暑かったので、クリームソーダを注文し、一休み。

クリームソーダ

メロンソーダにさっぱりとしたバニラアイスが入っていて、
最高に美味かったです。

店内も昔来た時と全く変わっていなかったのも嬉しかったです。

クリームソーダを頂き、充分涼んだ後に目当てのアイスを購入。

こちらが昔ながらのアイスクリーム(100円)。

アイスクリーム

牛乳屋さんならではの、
さっぱりした牛乳本来の味わいが楽しめるバニラアイスを最中で挟んでいます。

アイスクリーム

このアイスは最中も美味しく、いくつでも食べられます。

続いてアイスキャンディーのシャンデー(80円)。

シャンデー

かなり溶けてしまい、包んでいる紙の文字が読みにくいですが、
グレープ味とオレンジ味のアイスキャンディーです。

こちらも薄いグレープ味とオレンジ味は健在で、
アイスキャンディーの棒は割り箸を使用しています。

両方のアイスともに、昭和の古き良き時代を思い出させてくれるアイスでしたね。

できることなら、この先もいつまでも営業していて欲しいお店です。

今年の夏もそろそろ終わりそうですが、もう一度訪問し、
大量にアイスを買って、自宅の冷凍庫にストックしておきたいと思います。

羽生にある味噌ラーメンで有名な「大雅」に久しぶりに行ってきました。

大雅

この大雅は昔から有名で、
何でも札幌にある有名店「すみれ」で修行したらしい
マスターが作る味噌ラーメンが大人気なようです。

大雅

ただ、店の場所が自分には分かり辛く、
まるでラピュタのように辿り着けない事が多々ありました。

でも、最近は近くにイオンができて道が整備され、
さらに自分の車にナビが付いたこともあり、余裕で行けるようになりました。

この日は19時過ぎに店に到着しましたが、
ラッキーな事に並びが3人で、5分程ですんなりと席に付く事ができました。

もちろん「味噌ラーメン」を注文し、
カウンター席から店内に飾られているマスターが訪れたであろう
海外の写真を眺めながら待つ事約10分でご対麺。

味噌ラーメン

札幌に行った事がないので、
本場はこういう味噌ラーメンが主流なのかの判断はできませんが、
あまり他では見かけない感じの味噌ラーメンだと思います。

最初の頃は、濃厚かつ脂が多めの味噌ラーメンが少し強烈で、
実はあまり得意ではなかったんですよね。

それが歳を重ねるに連れ、この濃厚な味にも慣れてきてしまい、
今では残ったスープにライスを入れてしまいたい衝動に駆られています。

食べる際の注意を一点挙げるとすると、
脂が蓋の役割をしているため、スープが物凄く熱いです。

この点だけを注意すれば美味しく召し上がれると思います。

冬といえば味噌ラーメンという事もあり、
地元で簡単に行けるラーメン屋なので、これからも重宝してきたいです。

もうオープンしてから10年近くになるのかな?
地元にある一応有名店の「きくちひろき」に6年振りくらいに行ってきました。

きくちひろき

オープン当初は家から一番近いラーメン屋という事もあり、
まかないラーメン(当時はそんな売りだった)の「赤鬼」と「青鬼」を目当てに
かなりの頻度で通っていたんですけどね・・・。

ちなみに、「赤鬼」は赤唐辛子が入ったラーメン、
「青鬼」は青唐辛子が入ったラーメンだったと記憶しています。

この「きくちひろき」は一時期、テレビチャンピオンかラーメン本だかで、
麺の湯切りランキング第2位になっていた店でもあるんですよ。

湯切りとラーメンの味がどう関ってくるのかが、どーしても分からなくて、
気が付いたら店に通わなくなり、6年経過していました。

で、たまたま昼過ぎに髪を切りに行った帰りに、
美容院の近くにある「きくちひろき」が目に留まり、何となく寄ってみました。

驚いた事に14時前くらいだったのに、店内はほぼ満席状態。

駐車場もない国道沿いの店なのに大したもんだと思いながら、
そういえば「赤鬼」と「青鬼」以外のラーメンは食べた事がないなと思い、
券売機に「一番人気」と記されていた醤油味の「中間」を注文してました。

中間

これが大失敗。

ラーメンを食べているはずなのに、
不思議な事に味覚が「緑のたぬき」を食べている時と全く同じになってしまいました。

やっぱり、この店は「赤鬼」と「青鬼」(この2つは間違いなく美味い)だと
痛感させられる結果となりました。

ただ、以前に比べると店員の接客が物凄く良くなっていたので、
またタイミングが合えば訪れたいと思っていますし、
地元のラーメン屋なので頑張ってもらいたいと思います。

1  2  3

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
Powered by Movable Type 4.1