以前、夕方のニュース番組の特集で
新橋にあるペルー料理屋の「荒井商店」を見た時から気になっていて、
どこにあるのだろうかと思っていたところ、
なんと「ザ・カリ」の道を挟んだ目の前にあるのを発見したので、
またもや職場からの遠い道のりをダッシュしながら向かいました。

荒井商店

ペルー料理なのに「荒井商店」という時点で興味が大なのですが、
多分、マスターの名前が荒井さんなのでは?と想像しています。

店内は思ったよりも広くゆったりしていて、
よく分からないですけど、ペルーって感じがする雰囲気でした。

この日のランチメニューは
ペルー風骨付鳥のパエリヤと、
贅沢に鯛のだしを使ったピリ辛魚介のスパゲッティの2種類で、
どちらのランチにもサラダが付きます。

荒井商店

という事で、選択肢はパエリヤしかないので、
「ペルー風骨付鳥のパエリヤ」を注文。

まず最初にサラダが登場。
このサラダ、凄く美味かったです。

サラダ

続いてメインの「ペルー風骨付鳥のパエリヤ」が登場。

ペルー風骨付鳥のパエリヤ

この鶏をナイフとフォークで食べるのですが、
これがなかなか切れない。
この食べ方で育ちが分かってしまうのでは?と思える程、
食べ終わった後のお皿が人それぞれ違っていました。

さらに味も見た目も結構リアルでしたね。

ペルーの辛し?(名前は忘れました)のようなものを付けると、
味が劇的に変化しました。

ペルーの辛し

初めてのペルー料理だったので、若干とまどいましたが、
いい経験になったと思います。

ランチメニューも日によって違うようなので、
他のメニューにもチャレンジしてみたいと思っています。

マスターも店員さんもかなりフレンドリーで、
ペルーに行った時の話や写真などを見せてくれたりしてくれて、
楽しいランチタイムを過ごす事ができました。

今度は夜にゆっくりと訪問したいと思います。

●2011年7月29日追記

今日は会社の送別会で利用させて頂きました。

3500円のコースでしたが、最後の方はお腹が一杯で食べきれなかったです。

ただ、飲み放題はないので、結構飲むメンバーが多かったので、
ドリンク代がかなりいってしまい、トータルは結構な額になってしまいました。

まずはエクアドルバナナ(多分)のバナナチップがお通しで登場。

バナナチップ

続いてじゃがいものクリームソースかけ。

じゃがいものクリームソースかけ

このクリームソースがピリ辛で絶妙な味でした。

アボガドとマッシュポテトのレモンソースかけ。

アボガドとマッシュポテトのレモンソースかけ

見た目も綺麗で、味も爽やかでした。

イカなどの海鮮唐揚げ。

海鮮唐揚げ

ビーフンのようだった焼きそば。

焼きそば

この他にもタコのマリネやチキンなどもありましたが、
酔っていたせいで写真を撮るのを忘れてしまいました。

ちなみに肝心の送別会は↓こんな感じでした。

送別会の様子

ネットの情報などや、口コミなどで評価が高く有名なカレー屋の
「ザ・カリ」に行ってきました。

場所は新橋駅よりも、御成門駅の近い新橋5丁目にあります。

お昼時には行列が出来るということだなので、
昼休みなると同時にダッシュで向かいました。

幸い、行列はできておらず、すんなりと店内に入れました。

ザ・カリ

メニューは
ビーフカレー(辛口)、
チキンカレー(やや辛口)、
エビと森のきのこカレー、
チャナ豆と挽肉カレーと、
日替わりのオムライスカレー?なるものがありました。

ザ・カリ

店内は10人も座れないL字のカウンターで、
空いた席に順番に座っていく二郎と同じ方式なので、
知り合い同士で行っても、離れて座る可能性大です。

もし、隣同士になったとしても、
店内の空気が会話を許さない感じなので、
ただ黙々とカレーを食べる事に集中しないといけない雰囲気です。

ビーフカレーを注文するとすぐにカレーが登場しました。

ビーフカレー(辛口)

自分が注文したビーフカレーは辛口というだけあって、
後味が物凄くスパイシーで、水を何杯飲んだことか。

ただ、これだけ評価が高かったので、かなりの期待を持っていたのですが、
正直、そこまで美味しいとは思わなかったですね。
普通に美味しかったけれど、値段も高いですから・・・。
でも、付け合せのポテトが凄く美味しかったです。

ビーフカレー以外のメニューも食べてみたいのですが、
遠いし、高いし、味が普通だったので、
近場のカレー屋の「ルミナ」で我慢する事にします。

そういえば上野にパンダが来てるんですよね。

3月の初めに一瞬、話題になっていた気もしますが、
地震の影響で近況が不明というか、存在を忘れていましたけれど、
どうやら4月1日に無事、御開帳となったようですね。

正直、あまりパンダには興味がないのですが
(パンダで思い出すのは「らんま1/2」と「鉄拳」)、
上野のアンデルセンでパンダのパンを売っているというニュースをネットで目にしたので、
ネタになりそうと思い、上野のアンデルセンに寄ってみました。

まあ、この時点で「お前、パンダに興味あるじゃん」と言われると、
何も返す言葉はありませんね、すいません。

ネットで見たパンは「パンダ食パン」という
食パンにパンダの顔が金太郎飴のようにデザイン?されたパンだったのですが、
この「パンダ食パン」はどうやら人気のようで完売していました。

そこで店内に売れ残っていた「パンダあんぱん」なるものを
手ぶらで帰るのも悔しいので購入してみました。

あんぱんに刻まれている焼印の種類はこの2つ。

ダレているパンダと

ダレているパンダあんぱん

普通のパンダの顔があります。

普通のパンダあんぱん

もしかしたら他のデザインもあったのかもしれませんが、
自分が見たのはこの2種類です。
他のデザインがあったとしても、多分、パンダがデザインされていると思います。

上野のアンデルセンで購入した時は、今川焼位の厚さがありましたが、
上野から約1時間程、鞄の中で熟成された結果、見事に潰れていました。

味は期待を裏切ることなく、至って普通のあんぱんでした。

多分、もう買う事はないと思いますが、
パンダ好きにはお勧めだと思いますよ。

また機会があったら、「パンダ食パン」を捕獲しに行ってみたいと思いますし、
2年後になったら、上野動物園にパンダを見に行こうと思います。

自分もパンダのような人気者になりたいと思った、
4月にしては肌寒い一日でした。

新橋では石を投げれば「おば九グループ」の飯屋に当たりますが、
その「おば九グループ」の中で自分のお気に入りなのが
ハンバーグがメインの「侍」です。

侍

場所は「三代豊國」の近くの豆腐屋さんの角を曲がった先の
黒い建物の地下に降りていくと狭い店内に辿り着きます。

店内は狭く、外の風が入ってくるため冬場は厳しく、
さらには店員の愛想もあまり良くないというネガティブファクターが多いのですが、
これらを打ち消す程、飯はかなり美味いんです。

目玉は一日限定何食かの「めがねセット」。
かなりお得なセットなのですが、好き嫌いが多い自分には外れの日も多く、
この日は同じく限定の「煮込みハンバーグ」を注文しました。

煮込みハンバーグ

厨房でマスター(@この人は愛想がいい)が一人で頑張っているので、
注文してから配膳されるまでは、かなり時間がかかります。

トマトソースと半熟玉子がよく絡んだ煮込みハンバーグは絶品です。
ポテトもついています。

煮込みハンバーグ

できれば食後にコーヒーでも付くと嬉しいのですが、
ただでさえ回転率があまり高くないので、これは贅沢な望みでしょうね。

昼過ぎには店内は満員になってしまうので、
あまり出遅れない事をお勧めします。

新橋には数多くのインド人がやっているカレー屋さんがありますが、
自分がよく足を運ぶのは、「新橋2丁目 蘭苑飯店」の近くにある「ルミナ」です。

ルミナ

昼時になるとインド人のスタッフが店の前で
片言の日本語で呼び込みをしているのが目印です。

階段を上がり2階に行くと店内となります。

ルミナ

メニューは日替わりチキンカレーやマトンカレーがあり、
ナンかライスを選べ、さらにはドリンクもついて850円となっています。

自分はいつも「チキンカレーHOT」のナンにラッシーのセットを注文します。

チキンカレーHOT

この店のカレーを食べるまでは、あまりナンに馴染みがなかったのですが、
ここのナンがかなり印象的なので、今ではナンの魅力にはまっています。

↓とにかくデカいナン。

ナン

↓とにかくデカいナン。

ナン

ちなみにライスはサフランライスです。

ライス

最初の頃はカレーの辛さで、次の日に腹がやられていましたが、
今は免疫もつき、辛さを堪能できているので、
今では週一回は訪れたい店になっています。

西新橋にあるラーメン屋の「元祖 札幌や」。

元祖 札幌や

「札幌や」からくるイメージで、味噌ラーメンだけを想像してしまいますが、
意外にも醤油ラーメン、塩ラーメンとメニューは充実しています。

自分がいつも注文するのは味噌ラーメン。
バターをトッピングして、味噌バターにして頂いています。

味噌バター

多分、白味噌を使っているであろうスープはかなり濃厚で、
支那竹とチャーシューが乗っただけのシンプルなラーメンは、
最近では珍しく、懐かしい味を堪能できます。

昼過ぎに行くと行列が出来ていて、
店内に入っても相席率が高くなりますが、
最近のラーメンは脂がぎっしりと乗ったものが多いので、
「元祖 札幌や」のラーメンが時々恋しくなり、通っています。

最近、近場にあった「陳麻家」が潰れ、モツ屋になってしまったので、
坦々麺の味が恋しくなっていたところ、
三代豊国の近くに最近オープンした「新橋 酸辣家」が
坦々麺を扱っていたので行ってきました。

新橋 酸辣家

この場所、以前は何の店だったのか全く思い出せません。

「酸辣家」という店の名前の通り、メインは酸辣麺で、
店内の女性のお客さんはほとんど注文していました。

酸辣麺

自分は坦々麺を注文。

坦々麺

「陳麻家」の坦々麺の下品な辛さとは違い、
上品な辛さとクリーミーさがある坦々麺でした。

正直に言うと、
自分は「陳麻家」の坦々麺の下品な辛さの方が好きですね。

ザーサイとライスが無料なので、
麺を食べ終った後、ライスをスープの中に入れて食しましたが、
やはり辛さが物足りなかったですね。

決して美味しくないわけではないのですが、何か物足りない感じがしたし、
価格が850円というのも割高に感じました。

酸辣麺、坦々麺の他にジャージャー麺もあるようなので、
取りあえず、全種類は制覇しようと思っています。

新橋2丁目にある「蘭苑飯店」です。
「蘭苑飯店」はここ以外にも新橋にもう2店あるようです。

蘭苑飯店

座敷があり、スポーツ新聞が読める、
そんな普通の中華料理屋さんです。

4種類のボリューム満点の日替わり定食と、
最近始まった500円のワンコイン日替わり丼がメインとなっています。

この「蘭苑飯店」の料理の特徴が油の多さ。

あまりの油の多さに、同じ職場のI先生(@筋肉少女帯好き)は、
「こんな体に悪そうな料理は絶対に食べない」と、
決して「蘭苑飯店」に近づく事はありません。

この店で自分がいつも注文するのが、650円のもやし麺。

もやし麺

もやし麺もかなり油に汚染されていますが、
結構美味いので、体に悪いとは分かりつつ完食してしまいます。

そして驚きなのが深夜の2時半まで出前を行っていて、
2品より出前に応じてくれるようです。

果たして、この時間にオフィスに中華の出前を頼む人がいるのか疑問ですが、
この「漢」っぷりには感動しました。

月に一度は無性に恋しくなる味、そんなお店です。

西新橋二丁目にある「沖縄キッチン 城」。
「城」と書いて「ぐすく」と読みます。

沖縄キッチン 城

ランチメニューは
・ゴーヤチャンプルー
・タコライス
・沖縄そば
・日替わり定食
の4種類で営業しています。

ここでいつも食べるのがタコライス。

タコライス

他のお店のタコライスとは見た目から完全に違い、
山盛りのレタスに完全にご飯が隠れてしまっています。

普段から野菜不足の自分には、この野菜の量はちょうどいいのですが、
味は至って普通の味です。

沖縄そばにラー油を垂らすと味が引き締まります。

沖縄そば

以前は週に一回の割合で通っていたのですが、
1~2年前に全てのメニューの価格が50円上がってから
月に1回行く程度になってしまいました。

夜になるとまた違ったメニューがありそうで興味はあるのですが、
新橋で沖縄料理というと、今は亡き「ちゅらさん」の味を思い出してしまうので
この「城」には、あまり足が向かないんですよね。

でも、ランチ時には行列もできているので、
多分、人気店だと思いますので、沖縄料理に興味がある人は一度どうぞ。

むさしや同様に、ずーっと気になっていた西新橋にある
「キッチン岡田」に行ってきました。

キッチン岡田

元ナチュラルローソンの近くにあります。

キッチン岡田

店内はカウンターのみで10席以上はあり、
さらに、マンガ本がかなり充実していたのが印象的でした。

店をきりもみしているのがマスター一人で、
注文を取り、揚げ物を揚げ、配膳といった全ての作業をマスターがやっているため、
注文を取るのにかなり待たされたり、
違うメニューを配膳されたりと色々な事が起きたけれど、
店内にいるお客さんは皆常連なのか誰も気にすることなく、
この店だけの時間が流れているといった印象でしたね。

数あるメニューの中から、
から揚げとポークカツのミックス定食を注文。

から揚げとポークカツのミックス定食

スープ、サラダに定食のセットで600円とかなりお得なお値段。

サラダ

メニューのほとんどが600円前後でしたね。

味も良く、ボリュームもあったので、
他のメニューも気にはなっていますが、
いかんせん先述した理由で回転率が悪いのが玉に瑕です。

次回からは、もし訪問時に満席の場合は
席が空くまで待たずに、他の日に再訪するのが無難だと思っています。

前の10件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Powered by Movable Type 4.1