明日、15日から世界同時公開される
天使と悪魔」の公開を記念して、
5月7日から24日まで丸の内にて
「Marunouchi Path Illumination ミステリーツアー」が
開催されている。

Marunouchi Path Illumination ミステリーツアー

このミステリーツアーの詳細は
「天使と悪魔」の物語中に登場する
「土(Earth)」
「空気(Air)」
「火(Fire)」
「水(Water)」
の4つの刻印がそれぞれ
「丸ビル」
「東京ビルTOKIA」
「新丸ビル」
「丸の内オアゾ」
の各ビル内に設置されていて、
それぞれの刻印のスタンプを集めるという企画。
抽選で1名様にアルファ ロメオ159が当るみたい。

ということで挑戦してきました。

19:05に東京駅に到着した自分のタイムリミットは
19:52のたにがわの発車まで。

実際のラングトン同様、時間との戦いになった。

まず向かったのが「火(Fire)」がある新丸ビル。

ビルの中に入ればすぐに見つかるだろうという
安直な考えはすぐに消え、
「このミステリーツアーは本当にやっているのか?」
という疑問が生まれてくるくらい何もない。

本当に困って、受付のお姉さんに聞こうとしたけど、
あまりに美人なお姉さんだったので、
聞くのを躊躇ってしまい、途方に暮れてしまった。

で、ここで一度冷静になり、
新丸ビルの中で展示スペースがある所を思い出すと
一つしかない(一つしか知らない)ことに気付き、そこへ移動。

正解だったようで聖女テレサが待ち構えていた。

聖女テレサの法悦

ここで「火(Fire)」のスタンプを押して、
最初のミッションが完了。

19:12に新丸ビルを後にし、
「土(Earth)」がある隣の丸ビルに移動。

丸ビルでは簡単に「土(Earth)」を見つけることができ、
「ハバククと天使」と「天使と悪魔」の彫刻も確認できた。

ハバククと天使 天使と悪魔 土(Earth)

ここで係員の人が話しかけてきて、
ここに飾ってある彫刻は
実際に撮影に使用したものだと教えてくれ、
さらにはこの彫刻は
発砲スチロールでできていることも教えてくれた。
「意外ともろいんですよ~」と笑顔で話してくれ、
ミッション完了。

19:16に丸ビルを後にし、
「空気(Air)」がある東京ビルTOKIAに移動。

この「空気(Air)」が一番の曲者だった。

まず遠い。
国際フォーラムのすぐ側で、
最寄り駅は有楽町になっていた。

これからミステリーツアーに参加する人は
「空気(Air)」から攻める事をお勧めします。

TOKIAに着いてからも大変で、
どこにあるのかが全くわからない。

このビルにだけ丁寧に
「スタンプこちらです→」っていう看板があったけど、
これも見つけられない人が多いからだろうな。

何度も同じところを行き来し、
やっとの思いで「空気(Air)」と「ウェスト・ポネンテ」を発見。

ウェスト・ポネンテ

苦労して見つけたけれど、
4つの場所の中で一番寂しい場所だった。

ここのミッションが終了したのが19:29。
かなり手こずりましたよ。

そして最後の「水(Water)」がある丸の内オアゾへ移動。

東京ビルTOKIAから丸の内オアゾは本当に遠かったです。

オアゾではあっさりと「水(Water)」を発見。
四大河の噴水のオブジェも壮大で見ごたえがあった。

四大河の噴水 四大河の噴水 水(Water)

19:42に全てのミッションが終了し、
無事、たにがわに乗って帰宅しました。

あとはアルファ ロメオが届くのを待つだけだ。

でもその前に「天使と悪魔」の映画を観ないとね。

ミステリーツアー開始前 ミステリーツアー完了

今回の旅も最終日。

大阪といったら、
大阪城だろうということで、
豊臣秀吉の城を見に行ってきた。

大阪城

城を見に行くのをなめていたので、
登り、登りの連続で
涼しい気候だったのに、異様に汗をかいてしまった。

土曜日なのに人もそんなに多くもなく、
ゆっくりと展示物、展望台からの眺めを楽しめた。

展示品 展望台からの眺め

京都には修学旅行生は多かったけど、
大阪城には修学旅行生の姿は見なかった。
やっぱり登りがきついからかな。

大阪場内は結構なネタの宝庫で、
「武将の兜試着コーナー」の
1兜試着につき、300円には驚き、そして笑った。

やっぱり城はいいね。

その後、心斎橋に移動し、
戎橋から有名なグリコを撮影。

戎橋からのグリコ

あまり時間がなかったので、
こんな感じだったけど、
通天閣やあいりん地区にもいきたいので
次はゆっくり、余裕をもって観光をしたいな。

ユニバーサルロゴ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン入口

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ初上陸。

金曜日という事もあり、
ガラガラだろうとなめてかかったら、 修学旅行生、大学生、中国人が多く、
アトラクションは軒並み1時間以上の待ち時間となっていた。

そんな、ちんたら並んでられないでしょと、
ディズニーランドでいうところの「ファストパス」
みたいなシステムがUSJにもあり、
(ただ違うところはUSJの「ファストパス」は有料ということ)
これを購入し、余裕を持って各アトラクションを見ることができた。

面白かったのは「ウォーターワールド」。
映画は本当にどうしようもなかったけど、
このこのアトラクションはよくできていた。
びしょ濡れになったけど・・・。

ウォーターワールド

あと、「スパイダーマン」。
映画同様、爽快で面白く、何度でも楽しんだ。

スパイダーマン

「ジョーズ」、「ジュラシック・パーク」も
楽しむ事ができ、「ファストパス」を使い、何度も楽しめた。

ジョーズ ジュラシックパーク

基本的にここのアトラクションは、
火薬量が多く、スモークも多かった。

どうしてもディズニーランドと比べてしまうが、
感想としてはディズニーランドの方が楽しかった。
アトラクションの数が少なく、
レストランやグッズショップも早い時間に閉まり、
スタッフの対応もいまいちだった。

でも、グッズに関しては自分的には
ディズニーランドよりもストライクだった。
「E.T」「ターミネーター2」「ジョーズ」
「ジュラシックパーク」「スパイダーマン」
有名な映画ばかりだったので、
次から次へとグッズを購入してしまった。

来年には3つアトラクションが増えるらしいが、
5つぐらい増えたら、また行ってみたいかな。

中学3年の修学旅行以来、
17年ぶりに京都を訪れた。

中学生の頃の自分は京都に何の魅力も感じておらず、
色々と回った寺社もほとんど覚えてはいなかった。

が、歳を取るにつれ、京都に対する憧憬が強くなり、
何故、以前訪れた時は真面目に寺社を見なかったのかと
悔恨の念に苛まれていた。

今回、京都を訪れる機会ができたので、
「寺、全部回ってやんよ」ぐらいの勢いだったが、
結局行けたのは、清水寺、金閣寺、龍安寺、京都御苑。
予定の半分以下しか回れなかった・・・。

「清水寺」

清水寺 清水寺

修学旅行で来たのを覚えている数少ない場所。
昔は清水の舞台はもっと高く感じたが、
今見るとそれ程でもなかった。
でも、飛び降りたら無傷では済まないだろうね。

「龍安寺」

龍安寺石庭 龍安寺石庭

石庭を見たくて訪れる。
この石庭には15個の石があるらしいのだが、
どう数えても14個しかなかった。
自分が馬鹿なせいだと思う。

凄い静かで、落ち着いて石庭を見ることができ、
思わず長居をしてしまった。

この石庭からは「ROCK」をなぜか感じる。

「金閣寺」

金閣寺 金閣寺

ここも修学旅行で来たのを覚えていた。
金閣寺に近づくと、何故か激しい雨に襲われ、
滞在時間は短かった。
まあ、ただの金色の建物だよね。

「京都御苑」

京都御苑 京都御苑

ここの近くの和菓子屋に用があったので、
少し足を伸ばして、探訪した。

物凄く広く、しかも何もなく、
足元は砂利のような石で歩きにくく、
今回で一番疲れた場所。

遅い時間だったせいか、
人気もほとんどなく、寂しかった。

久しぶりの京都での感想としては、
人がいすぎ。

特に中国人か韓国人かは分からないけど、
彼らの傍若無人な振る舞いには辟易した。
本当にずうずうしい連中で、
せっかくの京都が台無しだった。

後は、一日で京都を回るのは不可能。
今度来る時は2泊3日全てを京都に当てるようにして、
心行くまで京都を楽しみたい。

職場の隣の席のMさん(完全に鉄子)から
スカイバスなるものを紹介され、
Mさん自身も乗車し、かなり楽しめたとのことだというので、
早速予約を入れ、乗ってきた。

結論から言うと大正解!
ありがとう!M(完全に鉄子)さん。

スカイバスは東京駅前から出発し、
皇居をぐるりと回り、銀座のど真ん中を通って
東京駅前に戻る約1時間の観光ツアー。

一番の特徴が二階建てバスの屋根がなく、
物凄い開放感の中、東京の名所を観光できること。

Mさん(完全に鉄子)の勧めで、夕暮れ時なら街中がネオンに彩られ、
綺麗だということで、18時の回に予約を入れ、スタンバっていた。

が、日頃の行いが悪かったのか、
16時頃から「インディペンデンス・デイ」の
円盤が登場しそうな怪しい雲が現れ、やがて雨が降りだした。

スカイバスは屋根がないので降雨の場合は合羽が配られ、
それで凌ぐしかない。
でもゲリラ豪雨がきたら、もう笑うしかないと覚悟し、
スカイバスの発着地に向かった。

天候はどうにか持ち応えてくれて、
スカイバスに乗車中の1時間は雨が降らずにすみ、
風が心地良く、気持ちいい位だった。

スカイバス 出発直後の標識

観光中も皇居を初めて見る自分には刺激十分。
官庁街もネオンに照らされ楽しむ事ができた。

国会議事堂 ペニシュラン

メインの銀座の中央を突っ切った時は
ブランドショップの看板がとても綺麗で、
幻想的な雰囲気でもあった。

不二家の看板 銀座4丁目の看板

あっという間の1時間だったが、
また利用したいと思う。
今度は昼の時間や、
お台場便もあるようなので、
そちらにも乗車してみたい。

とにかくスカイバスを紹介してくれた
Mさん(完全に鉄子)に感謝です。

前の10件 1  2  3  4

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1